ニュース
» 2018年11月29日 21時00分 公開

伊達“独眼竜”政宗の子孫、ミス・ワールドで日本代表初の部門1位に 6カ国語を話す才色兼備

タレント部門1位を受賞した伊達佳内子さんは伊達政宗から21代目の直系子孫。

[五月アメボシ,ねとらぼ]

 中国・海南島海口市で12月8日まで開催されている「ミス・ワールド2018年世界大会」で、日本代表の伊達佳内子(かなこ)さんがタレント部門1位を受賞しました。伊達さんは“独眼竜”の異名を持つ戦国大名・伊達政宗の21代目の直系子孫にあたる女性。プロフィールから既に強いぞ……。

伊達佳内子 伊達政宗 子孫 ミス・ワールド タレント部門 1位 「ミス・ワールド2018年世界大会」タレント部門1位に輝いた伊達佳内子さん

 ミス・ユニバース(1952年スタート)やミス・インターナショナル(1960年スタート)と並んで“世界三大ミスコン”に数えられるミス・ワールドは、1951年にスタートし3つのミスコンのうち最も歴史が長い大会。各国代表が集う世界大会は約1カ月におよぶもので、期間中には部門別の審査も挟むのが2000年代以降の構成。タレント部門は、歌、ダンス、楽器のいずれかを披露し審査を受けるものです。

伊達佳内子 伊達政宗 子孫 ミス・ワールド タレント部門 1位

 タレント部門を制した伊達さんは現在22歳で慶応義塾大学に在籍。ハイスペックぶりは家柄だけではないようで、6カ国語を話し、幼い頃から習っていた詩吟では東日本1位の実力を持っていたものの、大学に入ってからオペラに転向。タレント部門の審査ではプッチーニのオペラを歌い上げ、観客からのスタンディングオベーションを浴びました。


 先祖の伊達政宗には、自軍に豪華けんらんな装いをさせ、そこから派手な服を粋に着こなす人のことを“伊達者”というようになったというエピソードもあります。その意味では、伊達さんが今回ミス・ワールドで部門1位の栄冠に輝いたのも血筋のなせる業かもしれません。

 ミス・ワールドで日本代表が部門1位に輝いたのは初ですが、伊達さんはさらにトップモデル部門でもTOP32に入賞し、2部門で入賞した初の日本代表という完璧超人っぷりを発揮しています。タレント部門1位に輝いたことで、総合でもTOP30の入賞は確定。才色兼備とはこのことか。

伊達佳内子 伊達政宗 子孫 ミス・ワールド タレント部門 1位伊達佳内子 伊達政宗 子孫 ミス・ワールド タレント部門 1位

五月アメボシ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう