ニュース
» 2018年12月01日 20時00分 公開

薄暗いコンテナの下で暮らしていたワンコ大家族 救助され真っ白フワフワ元気に!

ほおっておくと命も危ぶまれる状態だったそうです。

[かのん,ねとらぼ]

 米カリフォルニア州ロサンゼルスで活動する動物保護団体「Hope For Paws」がコンテナの下から犬の親子を救助する様子を公式YouTubeで公開しています。



 他の2匹の犬の救助にあたった職員たちが帰り道に出会ったのが、ロサンゼルス川にほど近い公園内にあるコンテナの下で暮らす母犬と子犬数匹でした。雨風を防げるこの場所で、野良犬として生活していたようです。早速、職員たちは救助にあたろうとしますが、コンテナの下の狭い隙間には大人の体は入らず、エサをあげて寄ってきてもらおうと試みます。しかし、ワンちゃんたちはおびえているのか奥の方にいるまま近寄ってきません。


犬 手が届かない位置にいる母犬

 そこで職員たちは一度施設に戻り、救助のための道具をそろえてから公園に戻ってきました。コンテナの下をライトで照らしながら腕を伸ばし、手が届く距離にいる子犬を捕まえて少しずつ連れ出します。すると母犬は心配したのか自ら子犬について出てきました。


犬 まずは母犬と子犬1匹救助!

 ほっとひと安心する職員さんたち。しかし、コンテナの下にはまだ子犬が3匹残っています。健康状態を考え、救助を急がなければなりません。おびえて手の届かない奥まで逃げる子犬を、先に網の付いた長い柄の棒を差し込んで1匹、2匹と網ですくい出します。


犬 網ですくって……

 しかし最後の1匹は、柄の長い網でさえ届かないほど奥に逃げてしましました。そこで柄の部分をコンテナの底部などにコンコンと当てて音を出し、逃げてきたところを網ですくう作戦へ。するとなんとかコンテナの下から引っ張り出すことができました。家族そろって助け出すことができ、職員たちから安堵の様子がうかがえます。


犬 家族そろって救助成功!

 施設に連れ帰った後はすぐにノミをとるためのシャンプーを施します。かわいそうなくらい体中ノミに覆われ、毛も薄汚れていたワンちゃんたち……。1匹1匹、丁寧にゴシゴシと洗い、フワフワで真っ白な本来の姿に戻りました! その後はお腹いっぱいご飯を食べて、暖かいお布団でゆっくりおやすみなさい……。


犬 きれいになってお腹もいっぱい! おやすみなさい

 今ではすっかり元気になって、家の中でもお庭でも、仲良く走り回って遊ぶ姿が見られるワンちゃん一家。もうあの薄暗く寂しいコンテナの下に戻ることはなく、家族みんなで楽しそうな姿を見ていると、とても幸せな気持ちになりますね。


犬 元気に過ごしています!

 そしてこれからワンちゃん家族に必要なのは「新しいおうち」。家族全員を引き取ってくれるおうちが見つかることを祈っています……。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう