ニュース
» 2018年12月04日 16時00分 公開

“アートとして作られた人工衛星”が大剣みたいでかっこいい 太陽光を受けて流星のように輝く

12月6日ごろから、世界各地で観測できるとのことです。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 芸術作品として作られた人工衛星「Orbital Reflector」が12月4日3時30分ごろ(日本時間)、米バンデンバーグ空軍基地からSpaceXのロケットで無事打ち上げられました。のちに直方体から剣のような形へ展開され、太陽光を反射して流星のような輝きを地上に見せるのだそうです。


イメージ ロボットアニメでよく見る剣のようなイメージ画像(公式サイトより)


 作者はアメリカ人アーティストのTrevor Paglenさん。作品は強化ポリエステルに似た軽量の素材で作られており、宇宙空間で風船のようにふくらんで、銀色の剣を形作ります。


展開 キューブサットと呼ばれる直方体の人工衛星として射出(以下、コンセプトムービーより)

展開

展開 展開してフタが開き、フィルム状の物体を放出

展開

展開 フィルムはどんどん膨らんでいき……

展開 ジャキーン!

展開 大きな刃のように

 その後は約575キロ上空の軌道を周回。明るさは北斗七星並と肉眼でも見えるレベルで、12月6日ごろから世界各地で観測できるようになるとのことです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう