ニュース
» 2018年12月05日 12時50分 公開

フレッツ光のオプション、断ったはずが「仮契約」されたとTwitterで報告 NTT東に聞いた

断ったのに後日「ご契約ありがとうございます」と電話が……。

[ねとらぼ]

 NTT東日本のフレッツ光を契約した際に、断ったはずのオプションを契約させられていたとする投稿がTwitterで話題になっています。同社に対応を聞きました。

フレッツ光のオプションサービス「フレッツ・ウイルスクリア

 ツイートを投稿したktgohan(@ktgohan)さんによると、フレッツ光を契約した際に勧められたオプションのセキュリティサービス「フレッツ・ウイルスクリア」(トレンドマイクロ「ウイルスバスター」が技術提供)を断ったにもかかわらず、後日「フレッツ・ウイルスクリアのご契約ありがとうございます」とインストールの案内をする電話がかかってきたとのこと。フレッツ光を契約すると、フレッツ・ウイルスクリアも自動的に「仮契約」になると説明されたと報告しています。

 ktgohanさんにお話をうかがったところ、契約は代理店等を経由せず、NTT東日本のWeb116から直接申し込んだとのこと。「仮契約」そのものを解除する手続きはないものの、ウイルスクリアをインストールしなかったため本契約には至らなかったそうです。他にも勧誘されたオプションはあるものの、仮契約としてウイルスクリアのような形で付帯されたものはなかったといいます。

「開通のご案内」裏面にはウイルスクリアの記載が。オプションの中でウイルスクリアは別格として扱われているもよう(画像提供:ktgohanさん)

 NTT東日本の広報室に、「フレッツ光を契約した際はオプションの仮契約をしなければならない決まりになっているのか」と問い合わせたところ、「フレッツ光を契約したときにウイルスクリアなどのオプションが自動で付いてくることはない。申し込みの意思のない顧客に(Twitterで書かれているような)インストール案内の電話をすることはない」との回答。SNS上の事象を踏まえた上で事実確認を行い、不適切な運用が見られた場合は正していくとしています。

 同社によるとこういった苦情は月に数件あり、「顧客の意見を真摯に受け止めて実態調査を進めていた」とのこと。「今回の件を受けてあらためて調査を行い、運用を考えたい」としています。

 NTT東は自動でオプションが仮契約されることはないと回答していますが、Twitterには他にも同様の経験をしたという報告が寄せられており、一部でルールに沿わない運用が行われているとみられます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう