ニュース
» 2018年12月05日 17時07分 公開

「ブラック企業大賞2018」ノミネート企業発表 「有給取得クイズ」メールのジャパンビバレッジやスルガ銀行など

事務次官による女性記者へのセクハラが大きく報じられた財務省もノミネートされました。

[ねとらぼ]

 その年最も“ブラック”だった企業に贈られる「ブラック企業大賞」の2018年のノミネート企業が発表されました。ニュースで話題になった企業などが並んでいます。

ブラック企業大賞 ブラック企業大賞

 ノミネートされたのは、ジャパンビジネスラボ(語学学校運営)、財務省、三菱電機、日立製作所・日立プラントサービス、ジャパンビバレッジ東京、野村不動産、スルガ銀行、ゴンチャロフ製菓、モンテローザ。

 ジャパンビジネスラボは、保育園が見つからないため育休を延長したいという正社員の女性に、「正社員に戻れる」という条件で有期雇用への転換を持ちかけたものの、保育園が見つかって女性が正社員への復帰を希望すると、復帰を拒否して雇い止めとしたという問題がノミネートの理由とされています。

 財務省は各所で大きく報道された事務次官による女性記者へのセクハラがノミネートの事由。三菱電機では長時間労働を原因とした労災が5件認定され、日立製作所・日立プラントサービスでは20代労働者が長時間労働とパワハラにより精神疾患を発し労災認定された他、数百人のフィリピン人技能実習生を不正に働かせていたとして法務省から調査を受けました。

 ジャパンビバレッジ東京は違法な長時間残業があったとして労働基準監督署から是正勧告を受けた他、支店長が従業員に、正解しないと有給が取れないとして「有給チャンスクイズ」メールを送っていたと指摘されたことも話題となりました(関連記事)。

 野村不動産は過労自殺の発生、裁量労働制の違法適用とそれに伴う違法残業、残業代未払いで是正勧告を受けたことがノミネート事由。スルガ銀行は「かぼちゃの馬車」問題(関連記事)に端を発する第三者委員会の調査で、パワハラがまん延していると判明しています(関連記事)。

スルガ銀行 スルガ銀行従業員のパワハラ報告(第三者委員会報告書から)

 ゴンチャロフ製菓は長時間労働とパワハラによる従業員の自殺、モンテローザは長時間労働による過労死の発生がノミネートの理由となっています。モンテローザの過労死問題については、親族がTwitterに漫画を公開し「15時から翌朝3時までの勤務で、帰れるのは6時台の始発を待ってから。8時前に帰宅して12時には起きる」という過酷な生活であったことを明かしています(関連記事)。

 現在公式サイトではノミネート企業への投票を受け付け中。授賞式は12月23日に行われる予定です。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう