ニュース
» 2018年12月06日 11時46分 公開

2018年の天気を表す漢字は「災」「荒」――日本気象協会、気象予報士が最も印象に残ったのは「平成30年7月豪雨」

日本気象協会が選ぶ2018年お天気10大ニュース・ランキングが決定。

[ねとらぼ]

 日本気象協会は12月6日、気象予報士100人と一般の1000人にアンケートをとった結果、2018年の天気を表す漢字として気象予報士からは「災」、一般からは「荒」が選ばれたと発表した。

2018年の天気を表す漢字 気象予報士は「災」、一般は「荒」を選んだ

 気象予報士票からは4年ぶりに「災」が1位に選ばれ、一般票では4年連続となっていた「雨」を抑え、5年ぶりに「荒」が1位に選ばれた。2018年は雨以外の事象も印象に残ったのではないかと推測されている。なお、気象予報士からは2位に「激」、3位に「猛」が推され、一般からは2位に「災」、3位に「暑」が推されていた(関連記事)。

 また、気象予報士100人が選ぶ「日本気象協会が選ぶ2018年お天気10大ニュース・ランキング」も発表。最も印象に残った天気ニュースに「平成30年7月豪雨 西日本を中心に甚大な被害」が選ばれた。

2018年お天気10大ニュースランキング さまざまな災害があった年でした

 西日本を中心に広い範囲で記録的な大雨となった「平成30年7月豪雨」では、長時間にわたり雨が降り続き、7月の月降水量平年値を大きく上回った結果、7月6日から8日には1府10県に大雨特別警報が発表。各地で河川の氾濫や土砂災害などが発生し、各所に甚大な被害がもたらした。なお、2位には「台風21号・24号 記録的暴風と高潮で日本列島に爪痕」、3位に「震度7 北海道胆振東部地震 北海道全域で停電発生」と続いている。

 ちなみに、同時に調査を実施した一般の1000人からも「平成30年7月豪雨」がもっとも印象に残ったとして1位に選ばれている

2018年の天気ニュース第1位 「平成30年7月豪雨 西日本を中心に甚大な被害」

2018年の天気ニュース第2位 「台風21号・24号 記録的暴風と高潮で日本列島に爪痕」

2018年の天気ニュース第3位 「震度7 北海道胆振東部地震 北海道全域で停電発生」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう