ニュース
» 2018年12月06日 19時00分 公開

ゲーム制作で12書体が年額4800円で使える インディー&同人ゲーム開発向けのフォントサービス「mojimo-game」登場

ゲームエンジンへの組み込みや宣伝も使用OK。ゲームクリエイターには良心的すぎる……!

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 フォントワークスは12月6日より、インディーゲームや同人ゲームなどの制作向けにフォント12書体を年間4800円で使えるサービス「mojimo-game(モジモゲーム)」を提供開始した。ゲーム開発エンジンへのフォントの組み込みやPVといった宣伝においても追加料金なしで使用できる、ゲーム開発において画期的な料金設定となっている。

mojimo-game フォントワークス ゲーム 12書体 年間 4800円 mojimo-game(モジモゲーム)」コンセプトイラスト (作:及川佑介)

 同社では2018年3月から、同人誌制作向けにゲームやアニメで使われている書体36種類を年間3600円で使い放題となる「mojimo-manga」(関連記事)をはじめ、特定の用途ごとに最適な書体を最適な価格で提供する新サービス「mojimo(モジモ)」を展開している。「mojimo-game」はシリーズ初となるゲーム開発者向けのサービスだ。

mojimo-game フォントワークス ゲーム 12書体 年間 4800円 コンセプトイラスト(作:たかくらかずき)

mojimo-game フォントワークス ゲーム 12書体 年間 4800円 利用できるフォント12書体

 ターゲット層はインディーゲームや同人ゲームの制作者。通常、ゲーム制作においてフォントは数万円〜数十万円と高価で、特にインディーゲームクリエイターにとっては導入しづらくフリーフォントを利用せざるえない場合が多かった。「mojimo-game」では、ナレーションや章タイトルに使える「UD明朝-M」「ニューロダン-M」といったスタンダードな書体をはじめ、16bitゲーム風の「ドットゴシック16-M」やデザイン系の「コミックレゲエ-B」など、プロの現場で使われている12書体が年間5000円未満で利用できる。

mojimo-game フォントワークス ゲーム 12書体 年間 4800円 いろんな形でゲームに使える!

mojimo-game フォントワークス ゲーム 12書体 年間 4800円 実際に「ファイナルファンタジーXV」や「Fate/Grand Order」などプロの現場でも使われている

 またゲーム開発において、購入したフォントをゲーム開発エンジンに組み込んだり、PVや宣伝画像にフォントを使ったりする場合は、新たに使用許諾を得なければならない難点があった。「mojimo-game」では「Unity」「Unreal Engine」といったゲームエンジンや広告面での使用があらかじめ許諾されており、ストレス無くフォントを利用できるようになっている。

mojimo-game フォントワークス ゲーム 12書体 年間 4800円 インディーゲームでの利用シーン

mojimo-game フォントワークス ゲーム 12書体 年間 4800円 漫画家・鈴木みそ先生による応援4コマ漫画も

 1PC/1ライセンスのダウンロード形式となり、年間4800円(税別)。mojimo公式サイトで申込み受付中だ。

「mojimo-game」12書体

  • UD明朝-M
  • UD明朝-DB
  • ニューロダン-M
  • ニューロダン-B
  • UD丸ゴ_スモール-M
  • UD丸ゴ_スモール-B
  • セザンヌ-M
  • ドットゴシック16-M
  • ドット明朝16-M
  • ハミング-M
  • スキップ-M
  • コミックレゲエ-B

応援コメント

宝塚大学学部長 川村順一(「鉄拳」シリーズや「ソウルエッジ」「太鼓の達人」「塊魂」等のビジュアルデザインプロデューサーを歴任)

 フリーでカタログなどのエディトリアルデザインの仕事をしていた時や大手ゲーム会社でメダルゲームなどの開発業務を行っていたころは、わたし自身でフォントの選択や製品のロゴ作りをしていました。

 かつて、わたしはゲーム業界に入る前には演劇の世界におりました。ニナガワスタジオ時代に、演出家の蜷川幸雄さんが、役者たちに「芝居は最初の3分間で見せる」ということをしきりにおっしゃっていた記憶があります。もしかしたら、フォントの役割はそれに近いものかも知れません。

 ビデオゲームにおいては、オープニング画面でプレイヤーを引き込む“掴み”が肝要ですし、ときに激しく移り変わるゲーム画面では、キャラクターや背景デザインの趣向にあったフォントを選ぶ必要があります。そしてそれは、作り手の勝手な思いだけでは選べないことは言うに及びません。なぜなら、そのゲームをするプレーヤーの視認性も考慮しなければならないからです。

 “フリーだからタダ”という安易な思いで適当に選んだフォントを使う意識を変える意味でも、「mojimo」製品は、ゲームを学ぶ学生が、“無理のない範囲でお金を支払う”ことで、ゲーム画面で使用するフォントについての意識を変えることが出来るのではと期待しています(一部抜粋)

バカタール加藤(元週刊ファミ通4代目編集長/ハナペン代表)

 クリエイターは細部にこだわるものだ。ゲームの開発においてももちろんそうだ。だから、フォントにもこだわりたいクリエイターは多いと思う。が、インディゲームやいわゆる同人ゲームの開発者には、フォントに開発費をしっかり投入できる人はまれだろう。そういう人たちに、組み込みもOKで、商用利用にも対応した、格安のフォントサービスは福音となるはずだ。

 いま、インディ系ゲームの世界はとてもアツい。ゲームの作りの原初的な姿があり、個性的な作品が次々に生まれながら、それらが相互に影響を与え合う。そんな、マグマのうねりのような、熱気とエネルギーに満ちたインディゲームの世界の中には、ゲームの未来の可能性がたくさん詰まっている、と思う。

 だから、“mojimo-game”は、ゲームの未来にもきっと貢献するはずだ。そういう細かいことが重なり合って、時代は変わっていくのだ。…と、やや大げさですが、そんなふうに自分は感じていて、少し応援したい気持ちがあるのです。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう