ニュース
» 2018年12月07日 21時00分 公開

「まるで時が止まったかのよう」 レジンの中にすてきなものをたくさん詰めたテーブルが美しい

絵皿やドライフラワー、楽譜などが、透明な天板の中に込められています。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 レジンを用いたダイニングテーブルが、美麗にして壮大です。固められた古風な時計や絵皿、ドライフラワーや楽譜などが透き通った樹脂に固められている様が、「まるで時が止まったかのよう」とTwitterで好評を博しました。


レジン ある一瞬を空間に封じ込めたような、不思議な感覚

 この作品をTwitterで公開したのは、レジン材料専門店の「happy resin」(@happy_resin)。営業・販売担当のさえぐさひろしさんと、レジン作家のさえぐさなつこさんが夫婦で営んでいるお店で、テーブルも彼女が製作したのだそうです。


レジン

レジン

レジン 眺めているうちに吸い込まれそう

 お店の公式サイトによると、なつこさんがレジン作品を始めたのは2010年のこと。最初はアクセサリーなどの小物からでしたが、やがて大きなものでも作れることに魅力を感じ、テーブルや照明器具などへ製作の幅を広げていったそうです。

 こうしてインテリアにまつわるものを製作していくうちに、ハンドメイドの雑貨店でなく、ショールームのような、好きなものに囲まれた暮らしの提案がしたいと思うように。そこから、建築を手がけた工務店の申し出があり、2018年8月からは自宅を毎月第4土曜日にモデルハウスとして開放しています。


モデルハウス

モデルハウス

モデルハウス

モデルハウス ワクワクの詰まった、ファンタジックなモデルハウス

 夫のひろしさんは、「奥さんがしたいことをさせてあげてすごい」などと言われることもあるそうですが、むしろ「レジンで好きなものを表現している妻に生きがいをもらっている」とコメント。「自分にやりたいことがなかったので、知らない世界を妻に見せてもらっている」と述べています。

画像提供:happy resin



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう