ニュース
» 2018年12月17日 10時00分 公開

「トランスフォーマー」を創る男たち―― 日本生まれの変形ロボットは、なぜ世界130カ国で愛される一大コンテンツとなったのか (1/3)

「トランスフォーマー」の玩具シリーズを開発する、タカラトミーの担当者に話を聞きました。

[しげる,ねとらぼ]

 トランスフォーマーといえば、言わずと知れた変形ロボットトイの代名詞である。2019年には北米での展開開始から35周年を迎えるが、今なお膨大な数の商品と映像作品が作られ続けている一大シリーズだ。近年では2007年から作られている実写映画シリーズもすっかり定着。最初の「あんなデザインのコンボイってアリなのかよ……」という困惑がウソのようである。


トランスフォーマーシージ インタビュー アニメ第1作「戦え! 超ロボット生命体 トランスフォーマー」はdアニメストアで配信中

 トランスフォーマーの基礎設定は簡単なものだ。ベースとなるのは、セイバートロン星という惑星での、正義のサイバトロン戦士たちと悪のデストロン軍団(※)の大戦争である。この戦争中にいろいろあって地球にやってきた両陣営の戦士たち(このへんの経緯は作品によって異なる)が、地球でも抗争を繰り広げるというのが大筋のストーリーだ。

※海外では「オートボット」と「ディセプティコン」(実写映画シリーズでもこちらの名称)

 彼らトランスフォーマーたちは変形能力を持っており、普段は地球の乗り物などに変形して擬態しているが、ひとたび戦いとなれば本来のロボット生命体としての姿に戻る。それをギミックとして表現した玩具シリーズと映像作品が、ファンの心をつかんで離さないわけだ。

 そんなトランスフォーマーの玩具シリーズで、来年度以降の目玉となるのがトランスフォーマーシージ(以下シージ)だ。これは「WAR FOR CYBERTRON TRILOGY」と題した玩具シリーズ三部作の第一弾で、まだトランスフォーマーたちが地球にやってくる前、セイバートロン星での激しい戦いを描いたシリーズである。



トランスフォーマーシージ インタビュー 「トランスフォーマーシージ」イメージビジュアル

 初代アニメ「戦え! 超ロボット生命体 トランスフォーマー」では「いい考えがあると言ってはしくじるコンボイ」「基本的に破滅的な結果しか生まないホイルジャックの発明」「3秒で解決する大ピンチ」「1話に1回壊滅しそうになる地球」「メガトロンとスタースクリームの愛憎劇」「当たらない攻撃」「善玉のはずなのに異常に口が悪いサイバトロン戦士たち」とネタになる要素が大変多く、「ほのぼの日常系アニメ」「超ロボット生命体のじゃれ合いを描いた作品」という声も多い。

 しかし、今回の「シージ」はなんだか様子が違う。トランスフォーマーたちは塗装が剥げてボロボロだし、どうやら真面目に戦っているらしい。大体「SIEGE」って「包囲攻撃」みたいな意味である。妙にものものしい。少なくとも「包囲攻撃」というタイトルの日常アニメは成立しないと思う。

 というわけで前置きが長くなったが、「一体この『シージ』ってなんなんですか」という疑問を解くためタカラトミー本社にて、トランスフォーマーシリーズのマーケティングを担当している岡部健一郎さん、そしてトランスフォーマーの設計開発に携わって20年のベテランである蓮井章悟さんにお話を伺った。そこから見えてきたのは、変形ロボット玩具独特の大変さ、そして従来のトランスフォーマーたちをベースにしつつ、それをさらに発展させるにはどうしたらいいのかという試行錯誤のプロセスだったのである。


トランスフォーマーシージ インタビュー マーケティング担当の岡部健一郎さん(左)と、設計開発担当の蓮井章悟さん(右)

世界130以上の国と地域で販売されるトランスフォーマー

―― 最初に、そもそも今のトランスフォーマーってどういう陣容で開発を進めているんですか?

岡部:まず、現在のトランスフォーマー開発チームは、大まかな分担として国内担当の開発と海外担当の開発に分かれています。国内海外合わせて、トータルでは10人程度ですね。グローバル1プロダクトを基本としているので、そういう意味では海外の担当だけど国内の商品にも関わっていることになります。


トランスフォーマーシージ インタビュー 岡部健一郎さん

―― そもそもトランスフォーマーって何カ国で売ってるんですか?

岡部:これまでに、130以上の国と地域で販売されています。

―― 多い!

蓮井:いろんな国で売ってるんですが、日本でしか流通してないキャラクターやアニメがあって、それらは海外に持って行くとすごくマイナーなんですよ。だから海外で展開されているシリーズを日本で売る際に、名前と内容を変更して日本だけで人気のあるキャラを組み込んだりとか、そういう調整はよくやります。


トランスフォーマーシージ インタビュー 蓮井章悟さん

―― そんなに違うものなんですか。

蓮井:例えばショックウェーブ(初代日本版アニメではレーザーウェーブ)というキャラは、日本ではメガトロンの忠実な部下っていう感じですよね。でも海外コミックだと裏切り者で、メガトロンを退けてリーダーになるストーリーもあるんです。プレダキングも国内だとどこからか湧いてきた感じだけど、海外コミックだとショックウェーブがメガトロンを倒す刺客として送り込んだ部隊として登場します。

―― あ〜、確かにショックウェーブは日本だと忠臣のイメージですよね。400万年も留守番してたし……(※)。

※サイバトロンを追って地球にやってきたメガトロンたちは、宇宙船の墜落により400万年もの間眠り続けてしまう。その間、セイバートロン星の防衛を任されたショックウェーブは、メガトロンの命令を400万年忠実に守り続けていた


トランスフォーマーシージ インタビュートランスフォーマーシージ インタビュー 初期シリーズでは銃に変形していたが、最近は戦車に変形することが多いメガトロン


トランスフォーマーシージ インタビュートランスフォーマーシージ インタビュー 日本版ではメガトロンに忠実な部下というイメージが強いショックウェーブ



蓮井:最近だと、ネットのおかげで日本だけで放送されてたアニメの知識を海外で得られたり、その逆もあったりします。だからここしばらくは国内だから海外だからと細かく分けず、一緒くたに混ぜて「トランスフォーマーのヒストリーはこうだよ」って提案できるようになりました。日本のアニメにしかない設定を設計で盛り込んだりとか。ただ、それでもキャラの認識とかは地域ごとにずれがあるので、マーケティング面でローカライズを行ったりもしています。

―― ハズブロ側とはどうやって連携しているんですか?

※トランスフォーマーの玩具は、日本ではタカラトミー、アメリカではハズブロが販売を担当。玩具自体はもともとタカラが日本向けに開発・販売しており、キャラクター名や世界観などの設定はアメリカで販売する際にハズブロが追加したもの

蓮井:基本はメールです。必要ならビデオカンファレンスをやって、さらにちゃんとした話し合いが必要なときは向こうに行ったり、逆にこっちに来てもらったりしてやりとりしています。今回の「シージ」の商品内容についてはこっちから3つくらい案を出しまして、向こうは向こうでどうするか考えて案を出して、両者を見たときに武器というコンセプトが合致したので、まずその方向性で進めようとなりました。だから商品内容については片方だけが一方的に考えているのではなく、お互いが常に考えています。


トランスフォーマーシージ インタビュー

―― タカラトミーだけが考えておもちゃを作っている、というわけではないんですね。

岡部:「スタースクリームってこのくらいのサイズだから、デラックスでは小さすぎる、もう一つ上の価格帯にしよう」と向こうに提案したりしてますね。例えばサイドスワイプがいるならサンストリーカーも出すべきだよとか、このキャラとこのキャラが一緒に並ぶといいだろう、メガトロンとコンボイは一緒に並べたいよねとか、グローバルブランドとしてより良いものになるよう、シリーズ内のそういう選定を一緒に話し合いながら決めてます。


トランスフォーマーシージ インタビュートランスフォーマーシージ インタビュー ディセプティコンのナンバーツーとして人気が高いスタースクリーム



蓮井:ハズブロ社の「こういうものが作りたい」「この商品にはこういうギミックを入れたい、こういう遊びを入れたい」といった要望に対して、全体のパーツ数が決まっている中で「このくらいのことはできるし、これだったらこっちの方が面白いだろう」って提案したり、お互いにいろいろ言い合いながら作ってます。


       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.