ニュース
» 2018年12月07日 16時55分 公開

ソニー、ミラーレス一眼「α7III」「α7RIII」画像表示されなくなる不具合の修正ソフトウェアを配信 12月中旬予定

修正ソフトウェアに期待。

[ねとらぼ]

 ソニーはデジタル一眼カメラ「α7III」「α7RIII」について、カメラ本体上で画像が表示されなくなる不具合があることを認め、修正ソフトウェアを12月中旬に配信予定であると発表しました。画像が表示されない不具合を巡ってはSNSでも多くの報告が上がっていました(関連記事)。



 ソニーによると、繰り返し使用したSDカードでRAWデータの書き込み中にまれに動作が停止することがあり、その際画面を管理しているファイルに異常が発生し、カメラ本体上で画像が表示されなくなる場合があるとのこと。表示されなくなった画像は次の手順で復旧可能です。


MENU→(セットアップ)→[管理ファイル修復]→希望のメモリーカードスロット→[実行]を選ぶ。


 なお動作停止時に書き込み中だったデータ以外は、撮影データが壊れたり削除されることはないとしています。ネット上では「SDカードがフォーマットされる」との声も上がっていましたが、本体上で画像が見られなくなることでそうした誤解が広まっていたようです。


ソニーのミラーレス一眼「α7III」「α7RIII」画像管理ファイル不具合の修正ソフトウェア 12月中旬に配信 α7III商品紹介ページ(ソニー公式サイトより

ソニーのミラーレス一眼「α7III」「α7RIII」画像管理ファイル不具合の修正ソフトウェア 12月中旬に配信 α7RIII商品紹介ページ(ソニー公式サイトより

 また、「α7RIII」のオートレビュー機能使用中に撮影を行うと、まれに操作を受け付けなくなる現象も新しいソフトウェアで修正される予定です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう