ニュース
» 2018年12月14日 22時05分 公開

EVO JAPAN 2019、メイン種目決定もプレイヤー反発 人気タイトル「スマブラSP」「ドラゴンボール」不採用

パブリッシャーの承認が得られなかったとのこと。

[ねとらぼ]

 2019年2月開催のEVO JAPAN 2019で採用されるメイントーナメントタイトルとして、「STREET FIGHTER V ARCADE EDITION」「THE KING OF FIGHTERS XIV」「GUILTY GEAR Xrd REV 2」の3タイトルが新たに発表されました。これにより、既に発表されていた「鉄拳7」「BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE」「SOULCALIBUR VI」も含め全ての採用タイトルが確定しましたが、プレイヤーコミュニティーからは反発の声が上がっています。

 EVO JAPANは、毎年夏にアメリカで開催される格闘ゲームの祭典「EVO」の日本版として2018年1月に1回目を開催。2回目となる2019年版の開催は2018年7月に発表され、話題を呼んでいました。詳細については8月に行われる本家EVOで発表するとアナウンスされていましたが、その後4カ月ほどメイン種目タイトルの発表がされないまま、11月にようやく3タイトルの採用が発表された形となっていました。


EVOJAPAN 先に発表されていた採用タイトル「鉄拳7」「BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE」「SOULCALIBUR VI」(EVO JAPAN公式Twitterより)

EVOJAPAN 追加発表された「STREET FIGHTER V ARCADE EDITION」「THE KING OF FIGHTERS XIV」「GUILTY GEAR Xrd REV 2」(EVO JAPAN公式Twitterより)

 採用タイトルの発表が遅れたことによる運営への不信感に加え、採用が確実視されていたタイトルが不採用となったことも要因となり、プレイヤー側からは反発の声が多数。特に『ドラゴンボール』を題材にしてEVO 2018で最大の参加人数を記録した「ドラゴンボールファイターズ」と、最新作が発売されたばかりの話題作「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」が不採用とされたことで、参加や観戦を取りやめるという意見も多いようです。


EVOJAPAN アニメのようなグラフィックで人気を集めた「ドラゴンボールファイターズ」

EVOJAPAN 発売されたばかりの超人気作「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」

 なお、人気作が採用できなかったことについて、EVOのBusiness Development Managerであるマークマンは「パブリッシャーの承認が得られなかった」とコメントしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう