レビュー
» 2018年12月31日 12時00分 公開

祝ミッション成功「こうのとり7号機」 日本宇宙開発の要「JAXA筑波宇宙センター」に行ってきた (1/3)

宇宙ロマン、とっぷりとどうぞ!

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 2018年9月23日、種子島宇宙センターから国際宇宙ステーション(以下、ISS)に補給を行う宇宙船「こうのとり7号機(HTV7)」が打ち上がりました。

ISS補給機「こうのとり」(HTV) ISS補給機「こうのとり」(HTV)(画像:JAXA

 打ち上げ5日後にはISSとの結合に成功。物資の移送後は、ISSから分離し地球に再突入を行い、こうのとり7号機のミッションは無事に終了しました。また再突入の直前には、小型回収カプセルの分離にも成功しています。

 この「ISS計画を支える超重要な補給機」であるこうのとりを運用しているのが、茨城県にある「JAXA筑波宇宙センター」です。

筑波宇宙センター 筑波宇宙センター

 筑波宇宙センターはJAXAが運営している研究開発施設。こうのとりの各種研究開発・運用の他にも、人工衛星やロケットなどの開発、研究や、宇宙実験棟「きぼう」を使用する宇宙飛行士へ訓練を行うなど、日本の宇宙開発の要ともいえる重要な拠点です。今回はこの筑波宇宙センターに併設されている展示館・スペースドームで、こうのとりに会ってきました。

スペースドーム 筑波宇宙センター「スペースドーム」

ISSへの補給を担う超重要な補給機「こうのとり」

 スペースドームに入って早速向かったのが、施設右奥にある実物大のこうのとり(HTV:H-II Transfer Vehicle)です。

 想像以上にこうのとりは巨大! 高さ約10メートル、横幅約4.5メートル。大型バスがそのまますっぽり入るくらいの大きさです。

 こうのとりは、ISSへ補給物資を届ける目的で製造されました。これまで7回に渡って同種の補給機が打ち上げられていますが、全て成功を収めています(2018年12月現在)。

こうのとり ISS補給機「こうのとり」

 こうのとりは物資を搭載するエリアが2つに分けられています。1つ目が先端にある「補給キャリア与圧部」です。食糧や実験器具などISS内で使われる資材が詰め込まれており、現地で宇宙飛行士が直接乗り込んで荷下ろしをします。

補給キャリア与圧部 こうのとりの先端にある「補給キャリア与圧部」

 もう1つがこうのとりの中央付近にある「補給キャリア非与圧部」。ここは船外で使われる実験装置などを搭載しておくエリアで、側面からパレットを使って収められます。なお、エリアは何と開けっ放しのままでISSまで飛んでいきます。そもそも船外の宇宙空間で使う部品であり、もちろんきちんと固定されているとはいえ、何とも大胆な……!

補給キャリア非与圧部 こうのとりの先端にある「補給キャリア非与圧部」

補給キャリア非与圧部 横から見た補給キャリア非与圧部。出入り口がぱっくり開いています

 また補給物資に合わせ、今回のこうのとり7号機に初めて搭載されたのが「HTV搭載小型回収カプセル」です。補給ミッションを終えたこうのとりは大気圏に再突入し廃棄されるのですが、この小型回収カプセルだけはその際にこうのとりから分離して地上へ戻ります。ISS内で生成された試料を無事持ち帰りました。

小型回収カプセル 地球に帰還した小型回収カプセル (C)JAXA

みんな大好き!? 「H-IIBロケット」も間近に

 そんなこうのとりを飛ばしているのが、こちらも皆さんも大好きな国産ロケット「H-IIBロケット」ですね。スペースドームには、この20分の1の模型を展示しています。

H-IIBロケット センター内にある「H-IIB」の模型。右から2つ目がH-IIB

 H-IIBロケット最大の特徴は、日本で初めて作られたクラスターロケットであること。クラスターロケットとは、単体のエンジンを複数個束ねて搭載したロケットを示します。

 H-IIBロケットでは「LE-7A」というエンジンを2つ搭載し、出力を大きくしています。そのかいもあって、90年代に日本で使われていた「H-IIロケット」のペイロード(荷物の可搬量)が最大10トン程度だったのに対し、H-IIBロケットでは16.5トンまで対応可能となり、補給物資を満載したこうのとりも問題なく搭載できるようになっています。

LE-7A 搭載されているエンジン「LE-7A」。普段は実物が置いてあるが、取材日は残念ながらマジ実験に使われていたために不在。説明パネルが置かれていた

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.