コラム
» 2018年12月31日 11時00分 公開

【マンガ】「ミシンを日本で初めて使ったのは篤姫」って本当?

大河ドラマの主人公にもなったあの人物。

[ねとらぼ]

 縫い物には欠かすことができない機械、ミシン。日本に伝わったのは幕末といわれており、一説には国内で最初に使った人は大河ドラマにも登場した“あの人物”だといわれています。

 今回はミシンの雑学をご紹介します。



解説

 日本にミシンが伝来したとされるのは1854年。「黒船」で知られるペリー提督が2度目の来航をした際にミシンを将軍家に贈っており、それが徳川家定の正室にプレゼントされたといわれています。

 この人物は、2008年に放送された大河ドラマに登場した天璋院(てんしょういん)。おそらく、タイトルにも使われた「篤姫」という呼び名の方が有名でしょう。こういったことから、一説には「日本で最初にミシンを使ったのは『篤姫』」といわれています。


宮崎あおいさんが主人公を演じた「篤姫」(NHKより)

 ただ、これはやや踏み込んだ説らしく、「『篤姫=日本で最初にミシンを手に入れた人物』だとしても、本当に使ったかどうかまではよく分からない」というのが実際のところのようです。当時のミシンは米国内でも高級品。太平洋の向こう側にある日本で、その使い方を学ぶのはなかなか難しそうですが……。

主要参考文献



おまけマンガ



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう