ニュース
» 2018年12月27日 09時00分 公開

ガチャに代わる試み 怪獣を「競売」で手に入れるアプリ「ウルトラ怪獣バトルブリーダーズ」配信開始

入札額に天井があるので、怪獣の値段が際限なく上がることはありません。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ウルトラシリーズの怪獣を集めて戦うゲームアプリ「ウルトラ怪獣バトルブリーダーズ」の、Android版の配信が開始しました。怪獣の入手手段にガチャを採用せず、「競売」で競り落とすシステムが大きな特徴です。

※iOS版は事前登録受付中

メインビジュアル

フィールド マス目に怪獣を布陣して戦う

ダダ 怪獣のスキルを駆使して勝負

ウルトラマン ウルトラマンたちと戦うイベントも

育成 全怪獣を最高レアリティまで育成できるので、お気に入りをとことん使い続けられる

 怪獣はミッションで手に入るほか、「マーケット」にも登場。ここではゲーム内アイテム「ウルトラストーン」を資金として、怪獣の競売に参加できます。競売の制限時間終了時点で入札額の順位が出品数以内に入れば、怪獣の獲得権を入手可能。例えば出品数が3だった場合、入札額の上位3人に獲得権が与えられます。また、即決価格を出してすぐに落札することも可能。


落札 最少額での落札を狙うもよし、即決価格を出して確実に落とすもよし

落札 落札後にウルトラストーンを支払って、はじめて怪獣を獲得できる

 マーケットには、プレイヤー間の怪獣の取引は不可で、悪質なキャンセル行為にはペナルティーが科されるといったルールが設定されます。入札額の天井が即決価格として定められているため、額が際限なく上がる心配はありません。ある程度の課金は必要になりますが、ガチャよりも目当てのキャラを入手しやすいシステムといえるでしょう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう