コラム
» 2019年01月14日 11時00分 公開

成人の日、ガン無視じゃないですか! 今年度の新潟県の成人式は「5月3日」が最多

というか、成人の日に開催予定の市町村がない。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 年が明けて少しするときまってニュースになるのが、成人式。1月の第2月曜日が「成人の日」になっており、さまざまな自治体が一斉に開催するためです。

 しかし、実はこれ、全国的に見ると当たり前のことではなく、「新潟県などでは、春や夏に成人式が行われることがある」ということをご存じでしたか?



成人の日じゃなくて、憲法記念日に成人式?

 成人式を1月以外に行うのは、北海道や東北、山陰地方の一部自治体といわれています。「冬が厳しい地域で、積雪で交通機関が利用できなくなるおそれがある」といった理由から、開催時期をズラす場合があるのだとか。

 具体的な日程は、同じ県内でも市町村によってバラつきがあり、例えば、平成30年(2018)度の新潟県の実施予定は以下の通りとなっています。


新潟県が公開している成人式実施予定。「成人式は成人の日に行うもの」と思っていた時期が私にもありました

  • 4月7日:1市町村
  • 5月3日(憲法記念日):10市町村
  • 5月4日(みどりの日):3市町村
  • 8月11日(山の日):1市町村
  • 8月14日:2市町村
  • 8月15日:9市町村
  • 8月16日:1市町村
  • 1月13日(成人の日の前日):2市町村
  • 3月17日:2市町村
  • 3月21日(春分の日):2市町村

 ゴールデンウイークやお盆に行う市町村が多く、もっとも多い開催日は憲法記念日(10市町村)。逆に、成人の日に行われる成人式はゼロとなっています(その前日なら、2市町村)。

 春夏の長期休暇に合わせているのは、新成人が参加しやすいように、という配慮でしょう。確かに合理的なのかもしれませんが、「成人の日を完全に無視した成人式」に違和感を覚えてしまう人も少なくないのでは?

新成人らは“季節外れの成人式”をどう思っているのか

 “成人の日とは無関係な成人式”を、新成人やその保護者はどう捉えているのでしょうか。例年8月の旧盆に開催している石川県津幡町のアンケート調査(平成26年/2014年)では、「振袖・晴れ着を着たい/着せたい」「他の地域と合わせてほしい」というネガティブな声が上がっている一方、「(夏開催だと服装が)簡素でいい」「帰省しやすい・休みやすい」と肯定する声も。意見が真っ向から対立していることが見受けられます。

 ただし、数が多いのは他地域同様の1月開催を希望する人たちで、新成人の70%、保護者の65%。どうやら「振袖・晴れ着を着たい/着せたい」という意見が強かったもよう。夏に“成人式らしい服装”をすると、暑くて仕方ないでしょうからねえ……。


津幡町が公開している成人式の開催時期に関するアンケート結果(PDF)。昭和44(1969)年から「夏の成人式」を行っており、この調査時点で45回目


では、津幡町の成人式では何を着るのか。男性はスーツ、女性は浴衣、ノースリーブのドレスなどを着用する人が多いもよう。これはこれでステキな気もしますが、“成人式で本当に着たいもの”とは違うということなのかもしれません(同町Webサイトより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう