ニュース
» 2019年01月14日 13時00分 公開

楽天が「スマートスタジアム構想」を発表 チケットや飲食代を完全キャッシュレスに

来場者へのサポート施策やビール半額などのサービスも予定。

[ねとらぼ]

 楽天は、所有するスポーツチームのホームスタジアムである「楽天生命パーク宮城」「ノエビアスタジアム神戸」で、2019年の開幕戦から順次完全キャッシュレス化する「スマートスタジアム構想」を発表しました。

 この取り組みにより、チケットや飲食、グッズなどの決済を現金に代わり、楽天ペイ(アプリ決済)、楽天Edy、楽天ポイントカード、各種クレジットカード、各種デビットカードのみに。また、モバイルを使ったサービス・演出や観戦スタイルの提供も行います。


キャッシュレス決済イメージ

キャッシュレス決済イメージ キャッシュレスの方が楽もしれない

 完全キャッシュレス化にあたり、来場者へのサポート施策やビール半額などのサービスも予定。詳細は今後「東北楽天ゴールデンイーグルス」「ヴィッセル神戸」両チームの公式サイトで公表されます。


キャッシュレス決済イメージ スタジアム内各所に「楽天Edy」のチャージ機を設置

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう