ニュース
» 2019年01月10日 16時49分 公開

速すぎて見えねえ!? マツダ、「ロードスター30周年特別モデル」をチラ見せ (1/2)

2月のシカゴオートショーで披露。

[agar,ねとらぼ]

 マツダがオープンスポーツカー「MX-5(日本名:ロードスター)」の発売30年を記念した特別仕様車「MX-5 Miata 30th Anniversary Edition」の投入を予告。2019年2月7日から米国で開催される「シカゴオートショー2019」で初披露します。

 この30周年記念モデルを“写したと思われる”ティーザー画像も公開しました。

「MX-5 Miata 30th Anniversary Edition」ティーザー画像 「MX-5 Miata 30th Anniversary Edition」のティーザー画像。速すぎて何も見えないが、じっくり見ると……(写真:マツダ、以下同)

 ライトウェイトオープンカーとして全世界でヒットしたロードスターは、思えば1989年のシカゴオートショーで発表されました。30年の節目に、思い出の同じ場で披露することになります。そして今回公開されたティーザー画像は、おいおーい、チラ見せどころか……速すぎて何かが分からねぇっす!!

 しかしじっくりとよーく見続けると、中央付近にロードスターの残像がうすぼんやりと見えてきます。現行ND型の「ロードスターRF」らしきハードトップボディーと、オレンジ系のボディーカラーを確認できます。

4代目ロードスター(ND型) (参考)4代目ロードスター(ND型)
ロードスター 30周年 限定車 (参考)ロードスターRF(ND型)
初代ロードスター(NA型) (参考)初代ロードスター(NA型)

 現行のND型ロードスターやロードスターRFには2019年現在、イエローやオレンジ系のカラーは用意されていません。しかし過去のモデルには、例えば初代NA型の限定車に使われた「サンバーストイエロー」、2代目NB型の初期のイメージカラーとなっていた「エボリューションオレンジマイカ」などがありました。30周年ということで、過去の特徴的なカラーや雰囲気を現代によみがえらせる趣向なのかもしれません。

 もう1つ、30周年記念モデルに装着されるであろう特別プレートのデザインも公開しています。「0000/0000」とある4桁の数字から、少なくとも台数限定車であることが分かります。1000台単位となればかなり多そうですが、どうなることでしょう。ともあれ、登場が楽しみですね。

photo 30周年記念モデルに装着される特別プレート
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.