ニュース
» 2019年01月11日 08時00分 公開

神田淡路町にコワーキングスペース付き銭湯ができるぞおおお! 「RAKU SPA 1010 神田」3月上旬オープン予定

秋葉原からも歩いて行ける距離!

[ねとらぼ]

 秋葉原・御茶ノ水からほど近い、神田淡路町に2019年3月上旬、コワーキングスペースを備えた銭湯がオープンすることが分かりました。店舗名は「RAKU SPA 1010(読み方は“らくスパ銭湯”) 神田」。銭湯好きの間でも早速「行くしかない!」「最高だな???」と話題になっています。


らくスパ 神田

らくスパ公式サイトより


 公式サイトによると、「銭湯サイズながら、癒し・ワーク・交流の要素をバランスよく組み合わせた、都会のオアシス」がコンセプトとのこと。運営元の極楽湯は「らくスパ」や「極楽湯」などのスーパー銭湯を全国に展開していますが、「らくスパ 1010 神田」は普通の“銭湯”扱いで、東京都の公衆浴場入浴料金である“460円”で利用することができます。マジかああああ!(サウナ付きコースは890円から)



らくスパ 神田

らくスパ 神田

らくスパ 神田

YouTubeより


 営業時間は朝11時から翌朝8時まで(24時以降は深夜割増)。地下1階+地上4階の5フロア構成で、コワーキングスペース以外にも、ランニングステーションやハンモック、本&コミック読み放題、女性専用エリアなど、さまざまなサービスが提供される予定です。

 ちなみに場所は、都内の銭湯好きにはなじみの深い「神田アクアハウス江戸遊」(2018年に閉店)の跡地。秋葉原からも近く、イベントなどで東京に出てきた時にも使いやすい銭湯となりそうです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう