ITmedia ガジェット 過去記事一覧
検索
ニュース

ハードはまさかの「ファミコン」! 新作ゲーム「キラキラスターナイトDX」ROMカセットで10月発売決定

BGMは古代祐三さんや国本剛章さんら豪華メンバーが担当。 ※追記あり

[PC用表示]

 ゲームパーツメーカーのコロンバスサークルが、ファミコン用ソフト「キラキラスターナイトDX」を7月31日に発売します。念を押しておきます。同作はファミコンおよび互換機で動く、ROMカセットで供給されます。マジで。

※当初発売日が7月31日と発表されてましたが、その後発売日が延期され10月6日に確定しました。

ROMカセット PC用ソフトでもエミュレータ用イメージファイルでもなく、本当にファミコン用のカセットとしてリリース

 同作はもともと、漫画家のRIKIさんが手掛けたインディーゲーム。さまざまな隊形で飛来する星たちを、ジャンプで取っていくアクションです。内容はシンプルですが、高度な技術を用いてファミコンの性能を限界以上まで引き出しています。


色彩 色数制限が厳しいなか、豊かな色使いで世界を表現

ラスタースクロール 高度なスクロール表現で、水面のゆらめきを描く

 その技術力は、YouTubeで公開されたPVで目の当たりにできます。タイトル画面の主人公がなめらかなアニメで動いたり、大量の星々がチラつくことなく高速で動いたり……これが実機上で動くというのだから恐ろしい。



アニメ タイトル画面でなめらかに動く、主人公のキララちゃん

スプライト制限とは 通常、ファミコンゲームは多数のキャラクターが横に並ぶとチラつくはずですが……制限とはいったい

 制作には一時代を築いたクリエイターが大勢参加。新キャラクターのドットデザインは、「パックマン」や「ゼビウス」を手掛けた小野浩さんが担当。BGMも、「イース」や「アクトレイザー」の古代祐三さん、「スターソルジャー」や「桃太郎伝説」の国本剛章さんなど、11人の豪華メンバーが作曲しています。


クレジット 公式サイトより、豪華な制作陣

 希望小売価格は5378円(税込)。Amazonでは、描き下ろしの壁紙データが付属する、ショップ限定版の予約を受け付けています。

追記

 発売日が10月6日に確定したため、記事の追記を行いました。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったらねとらぼに「いいね!」しよう
ページトップに戻る