ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「お金」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「お金」に関する情報が集まったページです。

独身男女の56.9%が「お金の余裕ない」 自由に使える金額は毎月どのくらい?
モデル百貨の調査から、独身男女の経済状況に関する実態が見えてきた。半数以上が「お金の余裕がない」と回答。1カ月の可処分所得はどれくらいなのか?(2024/2/29)

高賃金化:
「大事なのはお金じゃない」 経営者が考えてはいけないこと
経営者であれば「会社の収益をもっと高めて、社員の給与をもっと上げてあげたい」というマインドを持つべき。しかし……。(2024/2/24)

「お金が必要になった」 ゆきぽよ、“20代で一括購入”の国産愛車を売却へ 相棒との別れに「寂しかったけど気合い入った」 
仕事を頑張って買った思い出の車。(2024/2/18)

孫泰蔵がシリコンバレーで見た自動運転車の未来 「移動にお金を払う時代」は終わる
連続起業家の孫泰蔵氏は「ほぼ日」の株主ミーティングに参加し、講演した。「AIによってこれから大きく世の中が変わる」と語った講演の内容をお伝えする。(2024/2/14)

ROLAND、史上初“2億超”の売上記録したNo.1ホストに「すげーな」 “札束の山”築いた給料に相手「俺が稼いだお金じゃないから」
サラリーマンの年収の10倍を1カ月で稼ぐナンバーワンホストの優士さん。(2024/2/11)

働き方の「今」を知る:
「遺憾である」「誤解を招いた」などと言わないために――企業を守る「炎上対応3ステップ」
炎上が大きく広がってから事態収拾するために要する労力、お金、時間などはあまりに膨大であり、組織の貴重なリソースを激しく無駄にしてしまう。本記事では、炎上の火種が生まれてしまった際、どのように対応するのがいいかを3つのステップに沿って解説する。(2024/2/15)

「お金以上の価値があった」 ザ・マミィ酒井、高額タクシー代に呆然も…… “悲劇の向こう側”を告白
終電を逃してしまったと報告しました。(2024/2/5)

学生がお金を稼ぐためにしたいこと 3位「難関資格の取得」、2位「副業」、1位は?
主に高校生を対象に「お金」をテーマに実施した調査結果が明らかになった。お金を稼ぐためにしたいことや、親と学費の相談をした時期などを調査した。(2024/1/28)

「今日、この子を捨ててきます」「こんなにお金かかるなんて」 ペットを捨てる人の心境再現と問いかけに反響
ペットに不満を持つ飼い主やこれから飼おうとしている人へ。(2024/1/25)

モバイル決済の裏側を聞く:
スマホから“手数料無料”で口座のお金を移動 「エアウォレット」の仕組みと決済戦略に迫る
送金アプリ「エアウォレット」は、リクルートと三菱UFJ銀行のジョイントベンチャーである「リクルートMUFGビジネス」が提供している。手数料無料で金融機関のお金を移動できるのが特徴だ。ためたお金は決済ブランド「COIN+」による決済も可能だ。(2024/1/19)

東工大で人気の“単位パン”、レシートの「衝撃表記」に学生歓喜 「今一番欲しい」「あるだけ全部ください」
単位もお金で買う時代……か?(2024/1/18)

大好きな祖母に何か買ってあげたい3歳孫、お金を貯めようとPCを開き…… 頑張る姿に「かわいすぎて涙が」「幸せですね」
お仕事頑張ってね!(2023/12/31)

NISAで貯めたお金の使い道 3位「家族・友達旅行」、2位「投資」、1位は?
みずほ銀行は投資に関する調査を実施。NISAでお金を貯めてやりたいことの1位は「老後資金に充てる」(56.8%)で、2位は「投資」(22.1%)、3位は「家族・友達旅行」(21.6%)と続いた。(2023/12/28)

将来のお金に「不安を感じる」が約8割 資産形成している割合は?
家計診断・相談サービスを運営するフォーハンドレッド・エフは、お金に関する調査を実施。将来に向けてお金に不安を感じている人が78.8%いた一方で、資産形成している人は32.4%にとどまることが分かった。(2023/12/26)

女性のボーナスの使い道 旅行などの「消費」を抑えた1位は?
auじぶん銀行は働く女性を対象にお金の意識とボーナス・投資に関する調査を実施。ボーナスの主な使い道は「貯蓄」(56.4%)が1位だった。(2023/12/26)

老老介護で知っておきたいこと:
親や自分が65歳以上になったら、絶対に知っておきたいお金についての大切な6つのこと
認知症や転倒による寝たきりは、高齢になってくると突然訪れることも少なくない。親が高齢であるなら、急にそうなる可能性もあるので、ぜひお金のことについて話しておいてほしい。(2023/12/20)

脱毛サロン「銀座カラー」運営会社が破産 利用者「お金返して」「まだ回数が残っているのに」
「銀座カラー」は全店舗を閉店しています。(2023/12/18)

職場新年会、「不要派」が過半数 理由の2位は「お金がかかるから」、1位は?
職場の新年会に対して、どのように考えている人が多いのか。ライボの運営する「Job総研」が調査結果を発表した。(2023/12/13)

「ブギウギ」、強烈キャラの行動にさまざまな声 「ただただ不愉快」「富田望生さんの演技がさすが過ぎる」
お金がなくなったことを人のせいにしていた小夜。(2023/12/12)

LINE Pay残高が「LINE」トーク画面から簡単に送れるように 「飲み会のお金1人4000円」と言われたら「4000円」部分をタップするだけ
個人間でもグループでも使えます。(2023/12/11)

コンビニでお金を払わず飲料を持って行った男が店員から何も言われなかったのはなぜ? 「ウミガメのスープ」クイズに挑戦!【レベル2】
“クイズ王”の古川洋平さんが代表を務めるクイズ作家集団「クイズ法人カプリティオ」が問題を出題。(2023/12/11)

Cybersecurity Dive:
サイバー攻撃者はなぜギャンブル業界を狙うのか? お金だけじゃないその理由
サイバー攻撃者は近年、ギャンブル業界を標的にしたランサムウェア攻撃を仕掛ける傾向にある。一体なぜこの業界が狙われているのか。理由は金銭だけではないようだ。(2023/12/10)

パリス・ヒルトン、長男のおむつ替えを「やったことない」 妹と乳母に見守られながらの初挑戦に「いくらお金があっても」と驚きの声
パリスというフィクション。(2023/12/6)

最もお金と時間を使うのは“どのオタク”? アニメ、VTuber、アイドルなど30分野を分析 矢野経済研調べ
最もお金や時間をかけるのは、どのジャンルの「オタク」か──矢野経済研究所はそんなオタクに関する調査結果を発表した。(2023/12/5)

遠野なぎこ、結婚日を弟に報告 独自の結婚観も告白 「私のお金は私のものね」「彼の勤務先を知ったのも一昨日」
婚約者とのエピソードを発信中の遠野さん。(2023/12/5)

忘年会に参加してほしい俳優、3位「綾瀬はるか」、2位「ムロツヨシ」、1位は?
auじぶん銀行の「忘年会とお金」に関する調査によると、忘年会に参加してほしい俳優1位は「橋本環奈」さんが選ばれた。(2023/12/2)

恒例オタク調査:
アニメ、漫画、鉄道……お金と時間を最も使うオタクは?
アニメ、漫画、鉄道、アイドル――。世にはさまざまなカルチャーに強いこだわりを持ち愛好する「オタク」が存在する。「オタ活」に最もお金と時間を使っているのは、どのジャンルのオタクなのか。矢野経済研究所が調査した。(2023/12/1)

みりちゃむ、“過去最長”の彼氏と破局 高い勉強代となったトラブル明かし「そのために稼がなきゃってなってた」「洗脳状態」
「簡潔に言いますとお金関係なんですよね」(2023/12/1)

元AKB48の北原里英、強運発揮で“75本のみの高額当選”ゲットし「仕込み?」「こんな簡単にお金手にしていいんだ」
うまくいきすぎて不安がる場面も。(2023/11/27)

夫or妻or共同管理 家計のやりくり、多数派はどれか
夫婦間で、お金をどう管理している人が多いのか。AlbaLinkが調査結果を発表した。(2023/11/26)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
Rapidus周りが騒がしい
「お金を出すだけ出して終わり」には、しないことが大切だと思います。(2023/11/20)

23年メンズトレンド調査:
「ポケモンスリープ」「原神」を超えた、若者に最も人気なゲームは?
SHIBUYA109エンタテイメント(東京都渋谷区)とマンダム(大阪府大阪市)の共同調査によると、Z世代男子が最もお金をかけていることの1位は「ゲーム」となったことが明らかになった。Z世代はゲームに何を求めているのか。(2023/11/16)

お金配りに応募→特殊詐欺の出し子にされた 銀行口座情報から考え始める「セキュリティの一歩」
「口座情報を教えたら、特殊詐欺の受け子に使われてしまった」――。セキュリティを考える最初の取っかかりについて考えてみたいと思います。(2023/11/7)

一人暮らしでお金をかけたいもの 3位「趣味・娯楽」、2位「インテリア」、1位は?
一人暮らしの人がお金をかけたい・かけたくないと考えているものは何か。調査で明らかになった。(2023/10/31)

英国のIT業界に「女性離れ」の波【後編】
賃金は大事だが「お金が全て」じゃない IT業界に足りないのは?
英国ではIT業界の女性比率が下がる傾向にある。出産や介護などのライフイベントで業界を離れざるを得なかった女性が復職して働き続けられるように、企業はどのような施策に力を入れる必要があるのか。(2023/10/31)

「お金払ってこれは酷い」 バスケ河村勇輝ら所属クラブの“試合が見えない席”に批判続出…… 謝罪&対策実施
座席めぐり批判の声が相次いでいました。(2023/10/31)

お金稼ぎたいから「副業 簡単 稼げる」で検索して登録→想定外の費用を請求 特に20代に注意喚起
うのみにしてはいけない。(2023/10/30)

「お金がない」アピールTシャツが切なくもかわいい 急な受注増に店員も「みんな生きてる?」と心配
大丈夫! 生きてる!! カネはない!!!(2023/10/25)

「お金だけ吸い込まれた」「マジ最悪」 八王子の地域通貨「桑都ペイ」、利用殺到で初日からチャージ停止
SNS上で不満の声が噴出。(2023/10/18)

30万円で捨てられる“心のモヤモヤ”、その行き先は…… 心の安寧の価値を考えさせられるマンガに「ぼったくり」「でも現実と同じ」などの声
お金で買えないはずのものが買えるようになった世界。(2023/10/21)

10代のお金事情 1カ月のバイト代や貯蓄額はいくら?
SMBCコンシューマーファイナンスの調査によると、ひと月あたりの収入額の平均は、高校生では1万1650円、大学生などでは3万8146円だった。同社は「物価高騰の影響もあり飲食サービス業の苦境などが影響して、アルバイト収入は大きく減少した」と分析する。(2023/10/14)

あの、「粗品にだったら(お金)貸す」と救いの手 あまりの高額に霜降り粗品も「えぇ!?」「見る目変わるわ」
あのちゃんすげぇ。(2023/10/11)

お金をかけるのを我慢しているもの 3位「衣料品」、2位「外食」、1位は?
相次ぐ物価高騰は、消費意識にどのような影響を与えたのか。マイボイスコム(東京都千代田区)は「消費意識に関する調査」を実施した。(2023/10/11)

古田雄介の週末アキバ速報:
既に申し込みが! 税込みで約50万円するアルミ削り出しケースの販売予約が始まる
お金に糸目をつけない人は本当につけない。それを証明するように、49万8000円する高級ケース「EK-Quantum Torsion A60」の販売予約が始まった。(2023/10/7)

お金が貯まらない理由 3位「計画性がない」、2位「必要な支出が多い」、1位は?
求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、貯蓄に関する調査を実施した。「十分に貯蓄できている」と回答した人は12.4%だった。(2023/10/4)

生成AIベンダーと作家たちの戦い【第4回】
生成AIによるコンテンツ利用の議論を「お金の話」で終わらせてはいけない理由
生成AIによる著作物利用の対価を求めるのは、それで生計を立てる作家にとって当然の権利と言える。きちんとした仕組み作りはAIベンダーにとっても重要だ。(2023/9/29)

30代共働き夫婦の世帯年収 2位「600万〜700万円」、1位は?
お金に関するメディアを運営するタンタカは、30代の共働き夫婦を対象に「世帯年収」を調査した。最も多かったのは……。(2023/9/23)

海外で店番の子どもから買い物したらおつりが少ない、詐欺を疑うも……思わぬ結末の漫画が心温まる
海外旅行ではお金の計算が難しく感じます。(2023/9/18)

Cybersecurity Dive:
「ムダだった」と思わないために 脅威インテリジェンスにお金を払う前にすべきこと
脅威インテリジェンスを有効に活用して防御を構築するためには、まず何から始めればいいのだろうか。組織及びCISOがやるべきことをまとめた。(2023/9/17)

「闇カジノ」報道の遠藤要、“某有名雑誌”の取材依頼を一蹴 暴露お願いされあきれ「本当に人を落としてお金にする事が好きね?」
「出してきた名前の人物に直接取材してみ!」(2023/9/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。