ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「チャット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「チャット」に関する情報が集まったページです。

ドコモの「Xperia 10 II SO-41A」がバージョンアップ Android 11に
NTTドコモが「Xperia 10 II SO-41A」に対するOSバージョンサービスの提供を開始した。チャットやSNSアプリなどの通知の強化、画面を録画するスクリーンレコード機能など、Android 11で追加・変更された機能を利用できるようになる。(2021/5/10)

Twitter版Clubhouse「Spaces」、フォロワー600人以上なら誰でも開設可能に
TwitterがClubhouseのような音声チャットルームサービス「Spaces」を、600人以上のフォロワーを持つユーザーであれば、モバイルアプリで誰でも開設できるようにした。将来的にはチケット販売によるマネタイズも可能になる見込みだ。(2021/5/4)

SIE、PlayStation NetworkにDiscordを“統合”へ
SIEは来年、チャットルームサービス「Discord」をPlayStation Networkに統合すると発表した。また、DiscordのSeries Hラウンドで投資したことも発表した。(2021/5/4)

脱・アナログ運営:
NTT西が「PTA活動」を支援 「脱・紙の資料」「Web会議の実施」「チャットで日程調整」目指す
NTT西日本がPTA活動を支援する。デジタルを活用することで、アナログ的な運営からの脱却を目指す。大阪府で実証実験を行う。(2021/4/28)

LINE社員の“サクラ”投稿は「事実」 オープンチャットの一部を会社主導で運営 方針見直しへ
LINEのグループ会社「LINE Fukuoka」の社員が運営業務の一環として「OpenChat」(オープンチャット)に別人格で“サクラ”投稿をしていたと、週刊文春が4月22日に報じた。LINEは事実関係について認め、運用方針を見直すとしている。(2021/4/23)

RedditまでClubhouseクローンな「Reddit Talk」のプレビュー開始
オンラインコミュニティのRedditが、音声チャットルーム「Reddit Talk」のプレビューを開始した。モデレータが開ける「Clubhouse」のようなサービスだ。サブレディットでのAMAや雑談に使えるとしている。(2021/4/20)

企業文化変革に効くコミュニケーションツール【後編】
言語の壁は「ビジネスチャット」や「Web会議」で越えるべし D&Iの第一歩
企業がテレワーク前提時代に適した企業文化を醸成する上で、コミュニケーションツールが果たす役割とは何か。ダイバーシティー&インクルージョンの視点から探る。(2021/4/19)

KDDIがAIチャット対応を強化 サポートの時間短縮に向け
KDDIは「My au」アプリ内のAIチャットで迅速な回答を実現する取り組みを開始。お客さまセンターに蓄積された大量の問い合わせデータをAIで分析・把握し、オンライン問い合わせの時間短縮を目指す。(2021/4/15)

現場管理:
三井住友建設が建設現場の“言葉の壁”を解消する「音声通話の自動翻訳アプリ」開発
三井住友建設は、世界各地の建設現場で、言語の壁を越え、建設作業員に欠かせないコミュニケーションツールとして、マストアイテムとなることを目指し、音声通話の翻訳アプリを開発した。初弾では、日本語と英語の音声翻訳を実装し、グループ設定したメンバーに向けた一斉同報やグループチャット形式での録音データ及び翻訳データの表示機能も備えている。(2021/4/15)

無料で使えるテストツールも紹介
「Teams」を“使えない”と嘆く前に確認したい4つのポイント
Web会議やビジネスチャットなど幅広い機能を持つ「Microsoft Teams」。その快適な利用を実現するためには何をすればよいのか。UX向上に不可欠な、主要な4つのポイントを紹介する。(2021/4/11)

ドリームキャストのチャットで仲良くなった2人の小学生 20年越しの「初対面」を果たした親友にセガも祝福
回線の向こうにいた女の子は、今や世界を股にかけるベーシスト。(2021/4/5)

Discordに話し手・聞き手を分けられるClubhouse風機能
米Discordが、ゲーマー向けチャットツール「Discord」に新機能「ステージチャネル」を追加。音声SNS「Clubhouse」のように、特定のユーザーが話し手となり、他のユーザーは聞き手として参加するボイスチャットルームを作成できる。(2021/4/1)

「メール」を顧客応対に生かすヒント【前編】
チャット全盛時代でも「メール」がいまだに使われ続ける理由
チャットやSMSなどコミュニケーション手段は多様化している。一方で顧客からの問い合わせ手段として、コールセンターの間でいまだに広く使われている手段がメールだ。なぜメールが使われるのか。(2021/3/30)

ストレスを感じる言動は?:
テレワークでイラッとすることランキング 3位は「オンライン会議のフリーズ」、2位は「チャット中に音信不通」、1位は……
テレワークが普及している。どんなふるまいでイラっとすることが多いのか。調査をしてみると……。(2021/3/29)

米Microsoftが「Discord」の買収を検討か──提示額は1兆円超 Bloomberg報道
米Microsoftが、ゲーマー向けのチャットサービス「Discord」を運営する米Discord社の買収に向けて交渉を進めていると、米Bloombergが関係筋の話として3月23日に報じた。(2021/3/23)

出張連載:『マンガでわかる!驚くほど仕事がはかどるITツール活用術』:
なんでもチャットで送ればいいわけじゃない! ファイル共有の“あるある”失敗談、四コマ漫画で学ぶ
KADOKAWAグループの働き方改革をもとに生まれた、社内のITリテラシーを上げる四コマ漫画『マンガでわかる!驚くほど仕事がはかどるITツール活用術』がITmedia ビジネスオンラインに登場。今回は、ファイル共有の“あるある”失敗談をお届けします。(2021/3/19)

2日間で1億円──投げ銭“スパチャ”の流行は日本特有? YouTube幹部に直撃インタビュー
YouTubeの投げ銭機能「スーパーチャット」(スパチャ)に注目が集まっている。年間ランキングトップ10のうち9人が日本人となるなど、一見するとスパチャは日本特有の動向に見える。YouTubeの幹部にインタビューし、日本の動画文化の特徴などを聞いた。(2021/3/18)

出張連載:『マンガでわかる!驚くほど仕事がはかどるITツール活用術』:
チャット導入の“あるある”失敗談とは? 社内のITリテラシーを上げる四コマ漫画!
KADOKAWAグループの働き方改革をもとに生まれた、社内のITリテラシーを上げる四コマ漫画『マンガでわかる!驚くほど仕事がはかどるITツール活用術』がITmedia ビジネスオンラインに登場。今回は、チャット導入の“あるある”失敗談をお届けします。(2021/3/18)

「イオンモバイル」「IIJmio」「mineo」がLINEの年齢確認に対応 ID/電話番号検索やオープンチャットを利用可能に
「イオンモバイル」「IIJmio」「mineo」がLINEの年齢確認に対応する。これら3サービスの契約者は、LINEアプリから手続きをすることでIDや電話番号によるユーザー検索やオープンチャットを利用できるようになる。(2021/3/12)

JRのチャットボットに「電略」で話しかけたら普通に通じた! まさかの謎機能に驚きの声
「ヤテセ」「トカホセ」が通じる、だと……!(2021/3/11)

Twitter版Clubhouseの「Spaces」、4月から誰でも作成可能に
Twitterは、Clubhouseに似た音声チャットサービス「Spaces」を、4月にはモバイルアプリで誰でもホストになれるようにする計画だ。Spacesで開催したQ&Aでそう語った。(2021/3/11)

PayPayの送金に新機能、ホーム画面でQRコード表示も可能に
PayPay残高の送金に新機能を追加。送る・受け取るのタイミング以外でもメッセージを送受信できるチャット機能や、背景のデザインを選んで送るテーマ機能などを利用できる。(2021/3/4)

オフィスを縮小移転:
社員120人が原則テレワーク、「在宅勤務を語ろうチャット」で不安解消 ピクスタ流の働き方
原則在宅勤務とするフルテレワークを導入し、オフィスも縮小移転したピクスタ。そうした中、どのようにコミュニケーションを活性化しているのか。(2021/3/4)

特選プレミアムコンテンツガイド
「Teams」はWeb会議とチャットだけの手段ではなかった
「Microsoft Teams」をWeb会議やビジネスチャットのためだけに使うのはもったいない。翻訳機能による多言語会議やファイル共有、電話、チャットbotなど、高度なコラボレーションを実現する8つの使い方を紹介する。(2021/2/25)

IT活用で“ニューノーマル”の人事課題をどう解決するか【前編】
「チャットbot」でコロナ禍の人材獲得を効率化 アパレル企業はなぜ成功した?
COVID-19の発生後、人事部門は従業員エクスペリエンスを新たな方法で支援しようとしている。そうした手段の一つがチャットbotだ。人材獲得にチャットbotがどう役立つのか。アパレル企業の事例と共に紹介する。(2021/2/25)

顧客サポートのDX:
電気やガスの問合せ窓口が「電話だけ」「混雑でつながらない」――レガシーな仕組みを1年で刷新、チャットやAIまで実装した方法
コロナ禍でオンラインの顧客対応が注目を集める。電気やガスを扱う東電EPは顧客相談窓口を「電話対応のみ」としていたため、混雑やコストが課題となっていた。この状態を1年で刷新し、チャットやAIまで実装した。スピーディーな変革はなぜ実現したのか(2021/2/19)

Amazon、13インチで壁掛け式の薄型Echoデバイスを開発中か──Bloomberg
Amazon.comが壁掛け式の薄型Echoデバイスを開発していると、Bloombergが報じた。10インチか13インチのタッチ対応ディスプレイを備え、Alexaと画面のタップで操作できる。スマートホームのコントロールパネルやビデオチャットツールとして使えるという。(2021/2/10)

居心地のよいClubhouseルームを作るために、避けたい3つの「罪」 音声チャットSNS運営ベストプラクティス
堀正岳さんがClubhouseのモデレーションについて解説。(2021/2/4)

目や手が離せない現場での生産性向上を狙う:
音声で「読み上げ」「投稿」「botを介した情報共有」が可能 サテライトオフィスが業務用音声サービスを提供開始
サテライトオフィスは、業務用音声サービス「サテライトオフィス・音声でチャット機能 for Zeeny Pro」の提供を開始する。スマートフォンを手で操作せずに、音声で「LINE WORKS」などのチャットツールを利用できる。(2021/2/4)

カギは「機能性と安全性の両立」:
PR:丁寧メール・内線文化がなくなる? 神戸市役所に学ぶ、自治体のチャット活用成功例
自治体として先進的なIT活用をしていることで知られる神戸市役所。1万人以上のコミュニケーションを円滑にし、高い生産性を維持して働くための基盤として導入したのが、ネオジャパンのチャットツール「ChatLuck」だった。自治体ならではの課題や、セキュリティ面の不安をどうChatLuckで乗り越えたのか。(2021/1/29)

リモートワーク時代のライフハック術:
Clubhouseなのに全員無言!? もくもくと作業する人をつなぐ使い方がリモートに最適
話題の音声チャットでなんだか変な部屋ができてる……。これでした。(2021/1/31)

“音声版Twitter”のClubhouseの招待枠、メルカリで出品相次ぐ 1枠4000円から1万円程度
米Clubhouseが手掛ける音声チャットプラットフォーム「Clubhouse」の招待枠が、ECサイト「メルカリ」で出品されていることが分かった。価格は4000円から1万円程度で取引されていた。(2021/1/26)

Hulu、「ウォッチパーティ機能」β版を日本でもスタート
動画配信サービス「Hulu」で、最大8人とチャットをしながら同じ動画を視聴できる「ウォッチパーティ」機能(β版)の提供が日本でも始まった。(2021/1/26)

AIチャットbotを200件のデータで構築 従来の60分の1に 「りんな」開発元が新技術
rinnaが、キャラクター性を持ったAIチャットbotを開発するサービス「Rinna Character Platform」に新しい会話エンジンを採用。必要な学習データを従来の1万2000件から約200件に削減した。(2021/1/25)

Twitterも真似するClubhouse、新ラウンドで資金調達 クリエイター支援へ
米国で急成長中の音声チャットプラットフォームClubhouseがAndreessen Horowitzなどから新たな資金を調達する。「音声版Twitter」とも呼ばれるClubhouseはまだ招待制だが、昨年3月の立ち上げ以来200万人が訪れた。新たな資金でクリエイター助成プログラムを立ち上げる。(2021/1/25)

Telegram、米ユーザーの数百件の暴力扇動投稿を削除 「政治的議論は歓迎するが暴力は阻止する」とCEO
Telegramは、1月6日の米議会議事堂襲撃後に急増したチャットグループ上の暴力奨励投稿数百件を削除したと発表した。利用規約に反するため。パベル・ドゥーロフCEOは「議論は歓迎するが暴力は阻止する」とTelegram上で語った。(2021/1/19)

コミュニケーション促進:
「田村淳」も採用 “社内SNS”のノウハウ生かしてファンサロン運営に進出したIT企業の商機
コロナ禍でビジネスチャットに注目が集まる。名古屋発のIT企業「スタメン」は組織と従業員のつながりを強化する経営プラットフォーム「TUNAG」を展開。ノウハウを生かしてファンサロン運営に進出した。(2021/1/13)

AIと会話するメンタルヘルスケアアプリ「emol」、正式版リリース
スタートアップのemolが、AIチャットbotとの会話でメンタルケアができるスマートフォンアプリ「emol」(エモル、iOS)の正式版を公開した。(2020/12/25)

Telegram、Discordのような音声チャットルーム機能を追加
メッセージングアプリ「Telegram」のグループに、「Voice Chat」機能が追加された。Discordのように常時オンの状態のチャットルームで、いつでも発言できる。(2020/12/24)

App Town ソーシャルネットワーキング:
音声通話をAIがチャットテキストに変換 iOS向けトークアプリ「Telop by goo」
NTTレゾナントは、iOS向け音声通話アプリ「Telop by goo」をリリース。音声通話をAIが自動&リアルタイムでチャット形式のテキストに変換し、会話内容から読み取った喜怒哀楽をフォントや絵文字で感情豊かに表現する。(2020/12/22)

Twitterが音声チャットできる機能「Spaces」をテスト
少数のユーザーを対象にテストしています。(2020/12/18)

Twitter、「Clubhouse」競合の音声SNS「Spaces」のテストを開始
Twitterは、音声チャットルームサービス「Spaces」のテストを開始したと発表した。ユーザーが自分のSpaceを開設してフォロワーなどを招待し、音声で会話するサービスだ。(2020/12/18)

リモートワークを止めないSaaS:
「やっぱりテレワークはダメだ」とならない、チャットやWeb会議の活用法 「分報チャンネル」「10分朝礼」「1on1」を駆使せよ
対面とは少し勝手が違うチャットやWeb会議で、コミュニケーションを円滑に行うにはどのようなコツが必要なのだろうか。(2020/12/21)

「作業配信」しながら視聴者とチャットで交流 クリエイター向け配信サービス「00:00 Studio」正式リリース
孤独との戦いになりがちな作業を、視聴者とつながりながら。(2020/12/16)

国税庁、確定申告の入場整理券を公式LINEで配布 会場の“密”防ぐ
国税庁が公式LINEアカウントを開設。確定申告の入場整理券を公式LINEで事前配布する。チャットbotが税務相談に乗るサービスも始める。(2020/12/16)

【好きなゲームが世間のクソゲーな人インタビュー】ゲーム史に残るサーバートラブル、でも個人的には好きだった「ファンタシースターユニバース」
チャットシステムが良く、「ノリが良ければどこまでも楽しめるタイプのゲーム」だったとか。(2020/12/29)

Twitter、画面共有グループチャットのSquad買収 アプリは翌日シャットダウン
Twitterが、コロナ禍でユーザーが急増した画面共有グループ動画チャットアプリ「Squad」を手掛けるSquadを買収した。アプリは発表の翌日シャットダウンされ、SquadのチームはTwitterで「楽しく、意味のある、魅力的な会話を可能にする新しいフォーマットを構築」していく。(2020/12/13)

キャリアニュース:
ビジネスチャットの悩みランキング、1位は「会話のテンポが合わない」
ビズヒッツが「ビジネスチャットの悩みに関する意識調査」の結果を発表した。ビジネスチャットの悩みの1位は「会話のテンポが合わない」で、書き込むタイミングに時差が生じて会話しにくい、相手の反応が分かりにくいなどの意見があった。(2020/12/3)

Facebook、eコマース向けチャットbotのKustomer買収
IntagramやFacebook Messengerでの企業顧客のサポートを強化しているFacebookが、顧客サービルCRMのKustomerを買収すると発表した。Kustomerはチャットbotでオムニチャンネルの顧客サポートを提供している。(2020/12/1)

Google、RCS「メッセージ」のエンドツーエンド暗号化のテストを開始
Googleは、Androdアプリ「メッセージ」のRCSチャット機能でエンドツーエンド暗号化(E2EE)のテストを開始した。送受信双方がテストに参加していれば、E2EEでメッセージを送受信できる。(2020/11/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。