ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「コミュニケーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

コミュニケーションツール:
「学研の図鑑」に「スーパー戦隊」が登場 ファンだけでなく親子にも訴求
「学研の図鑑」シリーズに「スーパー戦隊」が登場。子どもに分かりやすく見せるノウハウを活用。親子のコミュニケーションツールとしての用途も見込む。(2021/1/15)

深刻な課題とは:
「在宅勤務」する若手社員のケア問題 人事を最も悩ますのは「コミュニケーション不足」でも「成果の把握」でもなく……
在宅勤務で、若手社員をどうケアするか悩む人は多いはず。人事担当者の見解はどうか? 「コミュニケーション不足」や「成果の把握」よりも深刻な問題とは。(2021/1/12)

製造マネジメントニュース:
交流を活性化するオープン空間を新設、アジレントが本社事業本部をリニューアル
アジレント・テクノロジーは、東京都八王子市の本社事業所内を、業務生産性向上のための仕組みなどを取り入れてリニューアルした。オープンスペースの設置を通じて、従業員間のコミュニケーションを増やして新アイデアを創出しやすい環境づくりを行う。(2021/1/12)

BIM/CIM:
コンストテック、BIM/CIMコミュニケーション一元化ツール「Revizto」提供
コンストテックは、建設業界の設計・施工管理に最適な、BIM/CIMの課題共有・追跡を関係者でリアルタイムに行うコミュニケーション一元化ツール「Revizto」の提供を2020年11月17日から開始した。(2021/1/6)

「総務」から会社を変える:
「リモートワークでコミュニケーションが減った」 実際何が問題なのか? 調査データを基に解説
『月刊総務』編集長の豊田健一氏による、総務とDXを巡る連載。リモートワークの浸透でコミュニケーションが減ったことはよく課題に挙がる。では、コミュニケーションが減ると、実際にどんなデメリットが生まれるのか? 調査を基に解説していく(2021/1/6)

ダイレクトな人々 第4回:
資金もコネも業界知識もなくインフルエンサーでもない一女性のブラジャーの悩みから誕生した「24hブラ」
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想について考察するこの連載。第4回はノンワイヤーブラジャー「24hブラ」をリリースした「BELLE MACARON」と販売元であるashlynで代表取締役を務める小島未紅さんを取り上げます。(2021/1/5)

モダンなソフトウェア開発の課題【前編】
モダンなソフトウェア開発のための開発チーム運営方法
コンテナ化されたマイクロサービスや自動化されたテストを効果的なコラボレーションやコミュニケーションと組み合わせれば、ソフトウェアのイノベーションを加速することができる。(2020/12/30)

1万人以上が回答:
コロナ禍で家族のコミュニケーションはどう変わった? 調査で判明
コロナ禍で家族のコミュニケーションに変化はあったのか。リサーチ会社のマイボイスコムが調査を実施。1万111件の回答を集めた。(2020/12/26)

人材系シンクタンク調査:
在宅勤務中の新入社員、課題トップは「同期とのコミュニケーション」
異例づくめのコロナ禍での働き方。特に在宅勤務に戸惑う新入社員も少なくない。彼らの悩みとは。(2020/12/25)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
社員の9割「テレワーク継続」の企業が実感した、リモート化の絶大な効果
特に中小企業でテレワーク継続が難しいケースが多い中、約400人いる社員の9割がテレワークを続けているのがBFTだ。試行錯誤の中で続けてきたが、業務のオンライン化によって「社内コミュニケーション」と「外部との連携」に大きな“効果”が現れている。(2020/12/23)

PR:テレワーク時代の企業活動に欠かせない! より高品質なWeb会議を実現するJabraのヘッドセットとスピーカーフォン
テレワークの広がりを受けて、Web会議や電話会議をする機会が増えた。「相手の声が聞こえづらい」「自分の声が届いていない」といったことは、円滑なコミュニケーションの妨げとなる。Jabraのビジネス用のヘッドセットやスピーカーフォンなら、そのような問題を解決できる。(2020/12/23)

課題ドリブンでITを活用する:
PR:現場にある課題を解決し、人から頼られる仕事をするエンジニアを育成する長崎
ITエンジニアはどこで働いても成果を出せる。ならば、むしろどこに住みたいかで働く場所を決めてもいいのではないか。さらに、人と人のコミュニケーションを築く「場」、課題を解決する実証実験の「場」、学びの「仕組み」があれば、最高だ。(2020/12/22)

リモートワークを止めないSaaS:
「やっぱりテレワークはダメだ」とならない、チャットやWeb会議の活用法 「分報チャンネル」「10分朝礼」「1on1」を駆使せよ
対面とは少し勝手が違うチャットやWeb会議で、コミュニケーションを円滑に行うにはどのようなコツが必要なのだろうか。(2020/12/21)

しっぽロボットに“プチ”登場 音や声に反応、ペットのような“鼓動音”も
コミュニケーションロボットなどを手掛けるするユカイ工学が、しっぽのついた丸いクッション型ロボット「Petit Qoobo」(プチ・クーボ)を12月19日に発売する。価格は9000円(税別)。(2020/12/14)

ドコモの展示会「docomo Open House 2021」はオンライン開催 2021年2月4日から7日まで
NTTドコモが毎年開催している展示会「docomo Open House」。2021年はオンラインで開催されることに。5GやAI、IoTなどの最新技術を活用したさまざまな技術、サービス、ソリューションに関する展示を24時間チェックできる他、日中時間帯は展示担当者とのリアルタイムなコミュニケーションを取れるようになっている。(2020/12/14)

ソニー、天井から見守るスマートホームサービス センサー付きシーリングライト活用 月額3938円から
ソニーネットワークコミュニケーションズが部屋の天井に設置したシーリングライトを使う見守りサービス「MANOMAライトプラン」の提供を始めた。(2020/12/14)

ソニー、月額980円の見守りサービス「amue link」提供 チップSIM内蔵の小型端末を使用
ソニーは、チップ型SIMを搭載したコミュニケーション通信端末「LM-01」と専用アプリを利用した見守りサービス「amue link」を提供開始。GPSに対応し、AIを用いた移動手段の検知やボイスメッセージ機能を備える。(2020/12/10)

LINE公式アカウント上で接客〜決済が可能に 「LINE Pay 支払いリンク」本格スタート
LINE Payは、12月10日に加盟店向け新サービス「LINE Pay 支払いリンク」を正式に開始。LINE公式アカウントとLINE Payを連携させると、顧客とのコミュニケーション上でオンライン決済機能を利用できる。(2020/12/10)

産業用AR活用:
現場と遠隔地をつなぐ、ARを活用したリアルタイム遠隔支援「Vuforia Chalk」
withコロナの時代において、現地対応を余儀なくされる従業員/スタッフの安全と顧客ニーズの双方を満たす、新たなコミュニケーション手段が求められている。その解決策としてPTCは、リアルタイム遠隔支援「Vuforia Chalk」を訴求する。その特長、活用メリットとは?(2020/12/10)

テレビ会議は「意外と悪くない」:
PR:ビジネスを止めない――損保ジャパンは、7万人超のコミュニケーションを「リモート」でどう活性化したのか
テレワークの普及で新たに生まれた課題の一つが「コミュニケーション」だ。事業を継続実行しつつ、コミュニケーションを活性化し、これまで以上にビジネスを飛躍させるカギはどこにあるのか。Cisco Webex Meetingsを導入し、コロナ禍でリモートでのコミュニケーションを広げた損保ジャパンの事例を紹介する。(2020/12/23)

就職で上京、孤独で泣き出す新人も:
「私、何もできていない」──在宅勤務で新入社員の不安が大爆発、解決したのは“全国をつなぐバーチャルオフィス”
コロナ禍をきっかけに在宅勤務が広がる一方で、多くの企業が課題に感じるのがコミュニケーション不足だ。エン・ジャパンでも特に営業担当の若手社員を中心に、慣れない在宅勤務で不安を感じるケースが多かったという。それを解決したのが“バーチャルオフィス”だ。活用することで情報交換が活発になり営業成績もアップしたというバーチャルオフィスの導入秘話を聞いた。(2020/12/10)

日本モレックス OTS Mega-Fit:
定格25A対応のパワーケーブルアセンブリ
日本モレックスは、定格25A対応の電源用途向け「OTS Mega-Fitパワーケーブルアセンブリ」を発表した。商用車、家電製品、産業機械、テレコミュニケーションやネットワーキングといった分野での用途を見込む。(2020/12/7)

Googleマップ、店舗オーナー向けのコミュニケーション機能を強化 専用アプリ不要に
店舗オーナーが利用者から寄せられたダイレクトメッセージにGoogleマップのスマートフォンアプリから直接返信できるなど、新機能が追加される。(2020/12/3)

「うまくなじめない……」:
「オフィス縮小」即断、電話や掃除もオンライン化──“用意周到”だった企業が直面した盲点
人材系ベンチャーのLAPRASが、11月にオフィスを縮小移転した。これからはリモートワークをメインとし、「オフィスはおまけ」の位置付けだ。また、経費精算から電話まで業務に関わるあらゆるものをオンライン化している。その方向性は緊急事態宣言下の5月には決まっていたという。決断のスピードを支えたのは社員の役割が明確化されている組織体制や、ITツールに強い社員たち。しかし、課題がなかったわけではない。コミュニケーション量の低下による一体感が損なわれる事態も経験した。それらを乗り越えて、LAPRASが確立した新しいオフィスや総務の在り方とは。(2020/11/30)

テレワークの課題を乗り越え、次のステージへ
オフィスと在宅のコミュニケーション不全を解消する「新しい働き方」
テレワークとオフィスワークそれぞれのメリットを生かして「ハイブリッドワーク」を実現するには、ITで解決すべきコミュニケーションの課題がある。それは何か。(2020/12/25)

6G時代は鏡がスマホ代わりに? 京セラが考える、シニア向けデバイスの未来
京セラは携帯通信事業30周年を記念して、5つのテーマに渡って全5回で通信事業に関する記者説明会を開催する。第1回目は11月25日にオンラインで開催し、シニア向け事業について説明した。大きな鏡(ディスプレイ)を使ってコミュニケーションする通信機器のコンセプトも紹介した。(2020/11/26)

Innovative Tech:
マスク装着時に話したテキストを翻訳、字幕表示 KAIST「MAScreen」開発
マスク装着時のコミュニケーションを円滑にするための新たな手法。(2020/11/26)

キャリアニュース:
在宅勤務での業務に関わるコミュニケーション、0分含む「30分未満」が6割
サイボウズ チームワーク総研が「テレワークのコミュニケーション」についての調査結果を発表した。在宅勤務において、業務関連のコミュニケーションをとる時間は0分を含む「30分未満」が6割を占めた。業務以外の会話では「0分」が約4割いた。(2020/11/26)

ITは令和の回覧板 高齢者の孤立・健康対策に活用
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、地域の住民や離れて暮らす家族との交流が減り、孤立化や体力低下が懸念される高齢者の暮らしを支えようと、テレビやコミュニケーションロボットなどの活用を試みる自治体が増えている。(2020/11/25)

知らない子とも“秒で”友達に 4歳娘のコミュニケーション力の高さを描いた漫画に感心するしかない
あのときあったコミュニケーション能力はいつの間にか消えてしまった。(2020/11/22)

ダイレクトな人々 第3回:
養豚業界に旋風を巻き起こす“豚野郎”が作った至高のブランド豚「三右衛門」
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想について考察するこの連載。第3回は山西牧場代表取締役で養豚家の倉持信宏さんが展開する農場直送ブランド「三右衛門」を取り上げます。(2020/11/20)

サイボウズ調査:
テレワーク中の職場の人との雑談やランチ、4割が「1日0分」
テレワークでコミュニケーションが希薄に。職場の人との業務に関係しない話、4割が「1日0分」。サイボウズが調査。(2020/11/17)

製造マネジメントニュース:
学ぶのは技術だけじゃない、パナソニック流のモノづくり人材育成研修とは
パナソニックは2020年11月13日、同社のモノづくり人材育成を目的とした研修用施設「モノづくり研修所」の取り組みを紹介する記者説明会を開催した。高校卒技術系社員などを対象とした研修では、専門技術だけでなく、マネジメントスキルやコミュニケーションスキルの涵養を目指した教育プログラムを展開している。(2020/11/18)

ソフトバンク、Slackを全社5万人に導入
従業員などを対象に約5万アカウントを導入し、コミュニケーションの迅速化、活発化を図る。(2020/11/13)

製造IT導入事例:
キリンホールディングスにDX基盤を導入、顧客データを一元管理
NTTデータが、キリンホールディングス向けに「デジタル・エクスペリエンス・プラットフォーム」を構築した。事業部門ごとのコミュニケーションツールを統合し、顧客データを一元管理することで、SNS活用の新施策などを迅速に実行可能になる。(2020/11/11)

シャープ、「反射しない・曇らない」フェイスシールドを発売 テレビ画面の特殊フィルムを応用した「見やすくて・見られやすい」設計
表情がよく見えてコミュニケーションがとりやすそう。(2020/11/10)

ツクルバ:
45%縮小したオフィス、「会話」や「チームワーク」に特化したリニューアルとは
不動産仲介サイトを運営するツクルバ(東京都目黒区)は11月9日、オフィスの床面積を45%縮小し、コミュニケーションが生まれやすいレイアウトに変更したと発表した。新型コロナウイルス対策として在宅勤務を推奨している中、何気ない会話からアイデアが生まれたり、チームワークを築いたりする機会を補う場所としてオフィスを活用する狙いだ。(2020/11/10)

ロボットにあえて“足りない部分”を作る理由 ヒトとロボットのコミュニケーションのためにメーカー3社が考えた方法
ヒトとロボットのコミュニケーションはどのように起き、ロボットはどのようにして家庭に受け入れられていくのか。「CEATEC 2020」の講演でロボットメーカーの3社がヒトとロボットのコミュニケーションの在り方について対談した。(2020/11/9)

述べ1000件以上の回答から判明
調査で分かった、従業員が「在宅勤務がつらい」と感じる原因は
在宅勤務を実施する企業は、どのような課題に直面しているのか。4つのアンケート調査結果を分析したところ、「デバイス」「セキュリティ」「コミュニケーション」の分野で課題を抱える企業が少なくないことが判明した。何が課題なのか。(2020/10/29)

調査で判明:
コロナ禍だけど、報・連・相は「対面」のほうがやりやすい? 新入社員と上司・先輩の考え方は違うのか
コロナ禍で働き方が大きく変わった。新入社員と上司・先輩社員の考え方はどう違うのか。コミュニケーションツールや「対面」の有効性について尋ねた調査の結果は?(2020/10/27)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(33):
音声コミュニケーションを効果的にする「AI字幕」を試してみよう
筆者が主宰する情報化研究会で「感情表現字幕システム」についてNHKテクノロジーズの岡田俊一氏に講演していただいた。AIを使った字幕(AI字幕)は効果的なコミュニケーションの実現に役立ちそうだ。(2020/10/26)

1歳半「うったきゃプンっちィぱゃんぽぺ?」母「よーくわかった」 親子のコミュニケーション漫画に「まさにこれ」「わかりみが深い」と共感の声
わからない中でたったひとつわかること……。(2020/10/22)

20万時間をRPAで削減 担当者が語る第一生命の業務オペレーション改革
第一生命は、業務オペレーション改革を推進するため、積極的にRPAを活用している。同社にとって新たな挑戦となる「顧客コミュニケーションのデジタル化」に向けた現状と展望を担当者が語った。(2020/10/16)

ARなどによる拡張もしやすく:
Zoomの基盤を使い、開発者が独自のアプリケーションを構築できるSDKが発表
ビデオコミュニケーションサービスのZoom Video Communicationsは、同社のプラットフォーム上に開発者が独自のアプリケーションを構築できる新たなSDKを発表した。Zoomの機能をホワイトラベル的に使い、自由にユーザーインタフェースを設計できる。(2020/10/15)

約7割の企業が「通年採用を導入・検討」 拡大する「通年採用」、課題は「コスト」「煩雑化」
学生とのコミュニケーションが今以上に重要視されそう。(2020/10/14)

空気清浄機能も:
コクヨ、飛沫を吸引するテーブルを発売 対面の会議に安心感
コクヨは、会話で生じる飛沫や呼気を吸引する会議用テーブル「エアトリーブ」の受注を12月に開始する。新型コロナウイルス感染予防のため、対面での会議や商談がやりにくい状況になっている。対面コミュニケーションの安心感を高める商品を投入する。(2020/10/14)

今日のリサーチ:
通年採用の課題は「学生の志願度(入社意欲)を上げるための最適なコミュニケーション設計」――ビズリーチ調査
企業の採用担当者を対象に、新卒採用に関して調査しています。(2020/10/13)

「Microsoft Teams」を生かし切る8つの使い方【後編】
「Teams」で電話やチャットbotを使う方法とは?
「Microsoft Teams」の有効活用法を紹介する本連載。今回はサードパーティーのSaaSや電話、チャットbotによるコミュニケーションに役立つTeamsの使い方を紹介する。(2020/10/11)

ダイレクトな人々 第2回:
ソンミさんが作った“美肌塾”としてのD2Cブランド「meeth」
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想について考察するこの連載。第2回はモデルで美肌研究家のソンミさんが展開するスキンケアブランド「meeth」を取り上げます。(2020/10/9)

「近づけない、集めない」 時代を生き抜く、企業の知恵:
収益は前年同期比15%増 コロナ禍でも増収増益の米Tinder幹部を直撃
コロナ禍で各社が経営戦略の見直しを迫られる中、あえてオンラインによるコミュニケーションに商機を見いだし、ビジネスの機会を生み出そうとしているソーシャル系マッチングアプリ 「Tinder」。米Tinder本社の役員ジェニー・マケイブCCOにコロナ禍を含めたビジネス展開などについて話を聞いた。(2020/10/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。