ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「遺伝子」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「遺伝子」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

デヴィ夫人、愛孫・キランさんの華麗なる成長記録を公開 「美しいお孫さん」「似てますよ」
美の遺伝子がしっかり受け継がれてる。(2021/8/25)

武田久美子、愛娘・ソフィアの大学キャンパスで母娘ショット 遺伝子の強さ感じるスタイルに注目集まる
ビキニ姿で授業を受ける生徒もいる自由な校風とのこと。(2021/8/20)

医療機器ニュース:
モバイルヘルスアプリを用いたドライアイの共同研究を開始
東北大学東北メディカル・メガバンク機構と順天堂大学は、モバイルヘルスアプリを用いたドライアイの共同研究を開始する。アプリで収集したデータとゲノム解析情報を組み合わせ、新しい病型分類の確立や発症に関わる遺伝子多型の特定を目指す。(2021/8/19)

「不妊・流産」「遺伝子組み換え」ワクチンデマの拡散、わずか数十人の投稿が基に 誤情報に惑わされないための対策は
新型コロナウイルスの感染者が国内で2万人を初めて超える中、ワクチン接種を巡り、SNSなどで「若くして不妊になる」「遺伝子を組み換える」といったデマや間違った情報が広がっている。専門家の分析では、不妊デマはわずか数十人の投稿が基になって拡散されているというが、誤情報に惑わされないために取るべき行動とは。(2021/8/18)

MALIA.、山本“KID”徳郁さんとの14歳長女がモデルデビュー 中学生離れしたビジュアルに「遺伝子強すぎ」と反響
MALIA.さん「大事な大事な1人娘」。(2021/7/27)

「6年解けなかった構造があっさり」──タンパク質の“形”を予測する「AlphaFold2」の衝撃 GitHubで公開、誰でも利用可能に
米Alphabet傘下の英DeepMindが、遺伝子配列情報からタンパク質の立体構造を解析するAI「AlphaFold2」をGitHub上で無償公開し、ネット上で注目を集めている。(2021/7/20)

医療機器ニュース:
1つの組織サンプルから病理検査と遺伝子検査を可能にするデバイスを開発
ウミヒラと京都府立大学は、針生検で採取した組織を縦に二分割できる「組織二分割デバイス」を共同開発した。同一サンプルから、病理組織検査と遺伝子検査が同時に実施できるようになる。(2021/7/9)

理研と東大、マウスの脳の全細胞を解析するクラウドサービスを開発
理化学研究所と東京大学大学院の研究チームが、マウスの脳の全細胞を解析を可能にするクラウドサービス「CUBIC-Cloud」を開発した。脳全体の遺伝子の働きやネットワーク構造などの3次元データの保管や解析ができるため、データマイニングによる神経科学分野の発展が期待できるという。(2021/6/23)

ロッチ中岡、そっくりな父と2ショット 「素晴らしきDNA!!」「めちゃくちゃ似てます」
遺伝子を感じる。(2021/6/21)

平野ノラ、3カ月娘“最新ショット”に自身の遺伝子を発見 「日に日に四角い顔に成長してます」「でも宇宙一愛してる」
幸せしかない写真。(2021/6/16)

「ウルトラマンの遺伝子が入ってる」「ビックリしました!」 杉浦太陽、2歳息子が“ハマった作品”に運命を感じる
これはうれしい。(2021/5/25)

「オーラヤバイね!」「遺伝子引き継いでる」 SHIHO、9歳娘・サランとの“親子初共演”ショットに反響
日本での活躍も楽しみ。(2021/5/11)

道端アンジェリカ、幼少期ショットで“美人遺伝子”の濃さを証明 そっくりの親にファンもニッコリ「ママ綺麗〜」
“道端三姉妹”が全員モデルになったのもうなづける。(2021/5/9)

有力市場を狙って:
PCR検査関連会社、前年比68.2%増 新規参入で競争激化か
東京商工リサーチは、PCRなど遺伝子検査を展開する関連企業について調査した。その結果……。(2021/5/7)

医療技術ニュース:
わずか2週間で新型コロナウイルスを合成できる技術を開発
大阪大学と北海道大学は、PCR法を活用した感染性ウイルスの作出技術CPER法を用いて、従来法より大幅に作製時間を短縮した簡便な新型コロナウイルス人工合成技術を開発した。ウイルスの遺伝子改変も簡単にできる。(2021/4/28)

ワンオクTaka、老人化加工で“やんちゃな世界線”の父・森進一に変貌 「これぞ遺伝子!」の声飛ぶ
納得の仕上がり。(2021/4/18)

何頭身なんだ! 窪塚洋介、長男・愛流との2ショットでスタイルに注目集まる「小顔遺伝子がヤバい」「親子じゃなく兄弟」
スタイルの良さが良く分かる写真。(2021/3/31)

医療技術ニュース:
毛髪の成長促進効果を有する機能性ペプチド
アジュバンコスメジャパンと理化学研究所は、化粧品成分として用いられる特定の機能性ペプチドが、ミノキシジルと同等の毛髪成長促進効果を有すること、育毛関連遺伝子の発現を誘導することを発見した。(2021/3/23)

冨永愛、目元そっくりな15歳長男の写真公開 母を上回る長身に「もうかなり背は伸びたのに……」
遺伝子受け継いでる。(2021/3/8)

シンクロ率すげえ! 平愛梨、子どもたちのそっくり寝相ショットに反響「遺伝子の為せる技」
自然だというから驚き。(2021/2/17)

市原隼人、34歳の誕生日にあたり若き日の両親の写真を公開し反響 「ご両親ともにそっくりー!」「遺伝子の強さがすごい」
目元がお母さん似、鼻筋がお父さん似かな?(2021/2/11)

ますますカッコよくなってる! MEGUMIと降谷建志の息子が12歳に 母子ショットに「遺伝子すごい」の声
俳優デビューから早くも1年。(2021/2/8)

MALIA.、長女とのニーハイブーツ姿2ショットを公開 超絶美麗スタイルが「美しい親子」「遺伝子凄すぎる!」と反響
モデルデビューを求める声も。(2020/10/22)

「遺伝子は受け継がれた様だ!」 照英、13歳息子が“バキバキへの道”に足を踏み入れてニンマリ
受け継がれる筋肉遺伝子。(2020/10/18)

美人の遺伝子! ダレノガレ明美、そっくりな姪っ子との2ショットを公開「自分の子供でもおかしくないよね!」
姪っ子の制服をこっそり着てみたりも。(2020/10/18)

“イエモン”吉井和哉の息子・吉井添、姉との2ショットに驚きの声 「めちゃくちゃ美形」「イケメン芸能人の遺伝子ってすごい」
まぶしすぎる。(2020/10/8)

医療技術ニュース:
宇宙滞在により加齢が加速、変化を食い止める転写因子も明らかに
東北大学は、遺伝子ノックアウトマウスの宇宙滞在生存帰還実験から、宇宙長期滞在により加齢変化が加速すること、転写因子が加齢変化を食い止める働きをすることを明らかにした。(2020/9/28)

宇宙では加齢変化が加速 ISS「きぼう」でのマウス実験から明らかに 加速を食い止める遺伝子も発見
東北大学は9月9日、国際宇宙ステーション(ISS)でマウスの飼育実験を行った結果、宇宙への長期滞在で加齢変化が加速することが分かったとする研究を発表した。(2020/9/9)

サプライチェーン改革:
35兆円に成長する再生医療市場に向け、日立が「国内初」の統合管理基盤を構築
日立製作所は、医薬品卸のアルフレッサや製薬企業、医療機関との協創を通じて、細胞治療や遺伝子治療、再生医療に用いられる「再生医療等製品」に関する細胞の採取から生産、輸送、投与までのバリューチェーン全体の細胞・トレース情報を統合管理するプラットフォームを構築したと発表した。(2020/9/1)

クリプラをパパと呼び、おじいちゃんがアーノルド・シュワルツェネッガーという超映画的世界線 クリス・プラット夫妻に長女誕生
受け継がれる最強遺伝子。(2020/8/11)

医療技術ニュース:
AGA治療薬が先天性乏毛症、縮毛症に有効であることが判明
名古屋大学と藤田医科大学は、AGAの治療薬であるミノキシジルが、LIPH遺伝子変異による先天性乏毛症、縮毛症に対して有効であることを証明した。(2020/8/11)

AIで病気に関連する遺伝子を発見 京大がIBM Watson活用
京都大学は、米IBMのAI(IBM Watson)を利用して目の病気に関連する遺伝子変異を発見したと発表した。複数の遺伝子が発症に影響する「多因子疾患」などの解明に、AIが役立つ可能性が見えてきた。(2020/8/4)

SUMIRE、アプリで男性化した姿が父・浅野忠信にそっくり 見事な“渋オジ”姿が「もうお父さんじゃん」「やっぱ親子」
遺伝子、強い。(2020/6/21)

本当にパパそっくり! 窪塚洋介の長男・愛流、イケメン遺伝子を受け継いだ制服ショットに反響
並ぶとよく似てる。(2020/6/18)

医療技術ニュース:
リポソームでがん細胞だけに治療遺伝子を届ける、信州大学と東芝が新手法
信州大学と東芝は、がん細胞に選択的に遺伝子を伝達する「がん指向性リポソーム」を開発したと発表。東芝が独自に設計した100nmサイズのナノカプセルに、信州大学 教授の中沢洋三氏らが研究を進めるがん抑制遺伝子を内包して、治療対象となるT細胞腫瘍に選択的に同遺伝子を導入することに成功。マウスによる動物実験により効果を確認した。(2020/5/29)

東芝と信大、“がんにだけ届く”遺伝子治療薬 マウスで効果確認
東芝と信州大学は、がん細胞にだけ取り込まれる遺伝子治療薬の効果をマウスの実験で確認したと発表した。実用化に向けて研究を進める考え。(2020/5/29)

医療技術ニュース:
SARS-CoV-2ワクチン設計に向けた遺伝子解析結果を公開
NECは、世界中の多くの人のT細胞反応を促進しうるSARS-CoV-2ワクチンの設計に向けて、AI予測技術を活用した遺伝子解析の結果を公開した。個別化がんワクチンの開発に用いている技術を適用した。(2020/5/20)

医療機器ニュース:
新型コロナのPCR検査時間を半減し精度も向上する検出試薬キット、島津が発売
島津製作所は、PCR法(遺伝子増幅法)による新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の検査時間を半減できる「新型コロナウイルス検出試薬キット」を2020年4月20日に発売すると発表した。100検体分の検査が可能な1キット当たりの価格(税別)は22万5000円。(2020/4/10)

医療技術ニュース:
父親の低タンパク質の食事が子どもの代謝変化に影響するメカニズムを発見
理化学研究所は、父親の低タンパク質の食事が生殖細胞でエピゲノム変化を誘導し、それが精子を通じて子どもに伝わることで、肝臓の遺伝子発現変化と代謝変化を誘導することを明らかにした。(2020/4/9)

「ほんとそっくり!」「美人姉妹」 堀北真希さんの妹・NANAMI、テレビ初出演で“美形遺伝子”が大反響を呼ぶ
かっわええ……。(2020/3/23)

シンクロ率高すぎ! 「はんにゃ」川島の妻・菜月、子どもたちのそっくり写真を公開
遺伝子ってすごい。(2020/3/16)

PR:モータースポーツの遺伝子が息づく高機能メタルウォッチ「EDIFICE ECB-10」 腕時計の信頼性に進化したスマホ連携をプラス
(2020/3/10)

「ママみたいにパワフルでいたい」 平子理沙、母80歳のバースデー祝い“美魔女遺伝子”感じさせる親子2ショットを投稿
モデルとして活躍していたお母さんの若かりし頃の写真も。(2020/2/12)

報告例のない効能を予測できる:
ヒトへの作用が不明な薬の副作用や効能を予測するAI Karydo TherapeutiXが開発
Karydo TherapeutiXとATRは共同で、ヒトへの作用が未知の物質の副作用や有害事象、効能を予測するAIを開発した。物質をマウスに投与したときの、全身を網羅した遺伝子情報を指標として、その物質がヒトで起こす副作用や効能を予測する。(2020/1/14)

医療技術ニュース:
大脳獲得における進化の機構をホヤで解明
京都大学は、脊椎動物に最も近い無脊椎動物のホヤの脳の前方領域において、脊椎動物の吻側神経菱と同様にFoxg遺伝子が発現していることを発見した。(2019/11/27)

医療技術ニュース:
プロテインキナーゼNが関与する心不全の新規メカニズムを解明
名古屋大学は、プロテインキナーゼNを除去することで、心不全関連遺伝子の発現が抑えられるという心不全の新たなメカニズムを解明した。今回の研究成果により、心不全の新たな病態解明や治療薬開発につながることが期待される。(2019/11/13)

医療技術ニュース:
比較ゲノム解析により、菌類の菌糸と多細胞性の起源の一端を解明
筑波大学は、大規模な比較ゲノム解析により、菌類の菌糸と多細胞性の起源の一端を解明した。菌糸と多細胞性に関わる遺伝子群の進化は、祖先真核生物遺伝子の使い回しや別機能への転用などの遺伝的変化と相関があった。(2019/9/30)

「同性愛は遺伝子だけで決まらない」 約47万人対象の研究結果、米ハーバード大などが発表
“同性愛遺伝子”は確認されなかった。(2019/9/2)

医療技術ニュース:
遺伝情報、脂質膜、エネルギー供給を備えた人工細胞を開発
九州大学は、脂質膜の境界を持ち、エネルギーのやり取りをしながら自律的に遺伝子発現するバイオリアクター「オンチップ膜融合型人工細胞」をミネソタ大学と共同で開発した。(2019/8/14)

「両親のいいとこ取り」「遺伝子が最強すぎる」 平愛梨、夫婦の幼少期と“バンビーノ”を並べた3ショット
動きは長友さんに似てきているもよう。(2019/7/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。