ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「次世代」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「次世代」に関する情報が集まったページです。

組み込み開発ニュース:
セキュアID機能などを備えたFeliCa用次世代ICチップを開発
ソニーは、同社の非接触ICカード技術「FeliCa」向けの次世代ICチップを開発した。「FeliCaセキュアID機能」や耐タンパー技術、「拡張オーバーラップ機能」などを新たに搭載している。(2020/9/25)

CADニュース:
クラウド上の3DEXPERIENCEプラットフォームと連携する“次世代SOLIDWORKS”提供
大塚商会は、ダッソー・システムズが提供する「3DEXPERIENCE SOLIDWORKS」の取り扱いを2020年9月から開始した。デスクトップ版「SOLIDWORKS」の使い勝手はそのままに、クラウド上の「3DEXPERIENCEプラットフォーム」とシームレスに連携。社内外とのコラボレーションや業務プロセスの変革、イノベーション創出を可能にする。(2020/9/25)

研究開発の最前線:
燃料電池の効率向上は“正しく測る”から、パナソニックが超音波水素流量計開発
次世代エネルギーとして注目集まる燃料電池のエネルギー効率向上に関連する1つの技術としてパナソニックが2020年8月に開発を発表したのが「超音波式水素流量濃度計」である。開発を担当した、パナソニック アプライアンス社 スマートエネルギーシステム事業部 ビジネスソリューション部の三重野雅裕氏に話を聞いた。(2020/9/25)

「Xbox Series S」、予約開始前に値下げ 3万2980円→2万9980円に 「市場の状況を考慮」
日本マイクロソフトが、9月25日から予約を受け付ける予定の次世代ゲーム機「Xbox Series S」の価格を改定すると発表。当初は3万2980円としていたが、2万9980円に変更する。(2020/9/24)

「工場建設が最善策なのか?」:
米国製造業の国内回帰、活発化の一方で疑問の声も
米国の半導体製造の復活に向けて補助金の水準や研究資金の割り当て方法を検討する議会が開催される中、連邦政府の助成金と税控除を受けるためのロビー活動が活発化している。ただし、米国の半導体製造の復活に向けた取り組みは超党派から支持を得ているにもかかわらず、観測筋からは、「米国の工場新設に助成するよりも、次世代半導体技術に焦点を当てた研究の方が投資対象として優れている」という見解が示されている。(2020/9/24)

新型レヴォーグに搭載:
SUBARUの新世代ADASに採用、市場首位オンセミのCIS
ON Semiconductor(オン・セミコンダクター)は2020年9月24日、同社のイメージセンシング技術がSUBARUの運転支援プラットフォーム「アイサイト」の最新世代に採用された、、と発表した。カメラベースのADASを実現するもので、同プラットフォームが搭載される初の車種は同年10月発売予定の新型「レヴォーグ」となる。(2020/9/24)

組み込み開発ニュース:
5G用アンテナ設計のソリューションサービスを開始
三菱マテリアルの高機能製品カンパニーは、次世代通信規格5G用アンテナ設計のソリューションサービスを開始した。最適なアンテナ設計や無線通信環境を提案していく。(2020/9/24)

製造マネジメントニュース:
KDDIが柔軟で適応力ある未来社会の創造を目指す次世代社会構想を発表
KDDIとKDDI総合研究所は共同で、生活者の新たなライフスタイルの確立と日本の経済発展、社会的課題の解決を両立する、未来社会の創造を目指す次世代社会構想「KDDI Accelerate 5.0」を策定した。(2020/9/23)

古田雄介の週末アキバ速報:
GeForce RTX 3080搭載カード登場も、連休を待たずに“蒸発”
9月17日深夜にNVIDIAの次世代GPU「GeForce RTX 3080」を搭載したグラフィックスカードが販売解禁となった。深夜販売を実施した店舗では入荷数を数倍上回るユーザーが集まり、通常営業で販売を始めたショップでも開店と同時に売り切れ状態になっている。(2020/9/19)

PS5予約開始も高額出品続出、中には50万円の出品 Twitterでは怒りの声 ソニー「高額出品やめて」
ソニーの次世代ゲーム機「PlayStation 5」の予約が始まったが、Amazonのマーケットプレイスでは50万円という高額出品も。これに対し、Twitter上では怒りの声が上がっている。(2020/9/18)

「PS5」予約販売は抽選が主流 参加条件付き、開始日ずらすケースも 「転売業者への販売を制限するため」
18日の午前10時に始まった次世代ゲーム機「PS5」の予約販売。大手量販店は軒並みオンラインのみの抽選として、応募条件を付けたり、開始日ずらしたりするケースが目立つ。(2020/9/18)

「PS5」予約販売、ソニーストアは抽選に メアドで参加表明 事前のID取得なし
ソニーの直販サイト「ソニーストア」は、9月18日午前10時に開始する次世代ゲーム機「PlayStation 5」(PS5)の予約販売は抽選で行うと明らかにした。(2020/9/18)

「PS5」予約は18日午前10時から ソニーストア店舗は取り扱いなし
ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、次世代ゲーム機「PlayStation 5」の予約を18日の午前10時に始める。全国の販売店やECサイトで順次予約を受け付ける。(2020/9/17)

「PS5」、発売日と価格から見えてきたこと
ソニー・インタラクティブエンタテインメントが次世代ゲーム機「PlayStation 5」の発売日や価格を発表した。日本のゲームファンが抱いていた2つの不安を解消できたようだ。(2020/9/17)

PS5に「FF XVI」「デビル メイ クライ 5」など 開発中タイトルは33に 
ソニー・インタラクティブエンタテインメントは9月17日、次世代ゲーム機「PlayStation 5」の発売日や価格とともに、5つの開発中タイトルを発表した。スクウェア・エニックスの「FINAL FANTASY XVI」などが含まれる。(2020/9/17)

高容量で長寿命の電池材料開発へ:
リチウムイオン電池の充電過程を原子レベルで解明
東京大学は、走査透過型電子顕微鏡(STEM)を用い、次世代リチウムイオン電池の充電過程を原子レベルで解明することに成功した。高容量で寿命が長い電池材料の開発につながる研究成果とみられている。(2020/9/15)

イスラエルのWeebit Nano:
ReRAMを活用して自立型のAI学習性能を向上
次世代メモリ技術の開発を手掛けるイスラエルのWeebit Nanoは、シリコン酸化物(SiOx)抵抗変化メモリ(ReRAM)技術を活用した最新の研究成果を発表した。同社が開発した脳からヒントを得た人工知能(AI)システムは、学習タスクを監視せずに実行して、高精度な結果を提供することができるという。(2020/9/11)

プレミアムコンテンツ:
Computer Weekly日本語版:次世代メモリの衝撃
2020年に登場する新OptaneやIntelが開発に着手したペンタレベルセルフラッシュなどのメモリ技術に注目。他にコンテナのセキュリティを確保する方法、GPUを超える「IPU」の可能性、RPA導入成功事例などの記事をお届けする。(2020/9/11)

次世代Xbox、日本でも11月10日発売 上位機種「Series X」が4万9980円、下位機種「Series S」は3万2980円
価格は税別。海外と同発でうれしい。(2020/9/10)

「Xbox Series X」も「Series S」と同じ11月10日発売 価格は499ドル
Microsoftが次世代ゲーム機「Xbox Series X」を前日発表の廉価モデル「Xbox Series S」より200ドル高い499ドルで、11月10日に同時発売すると発表した。9月22日に予約受付を開始する。両モデルのスペック比較表も公開した。(2020/9/10)

自動運転技術:
ソニーが描く“走るコンピュータ”としてのクルマ
アマゾン ウェブ サービス(AWS)は2020年9月8〜30日、オンラインでのユーザーイベント「AWS Summit Online」を開催。その中の特別講演として、ソニー AIロボティクスビジネスグループ 執行役員の川西泉氏が登壇し「VISION-S プロジェクト:ソニーのモビリティに対する取り組み」をテーマに、同社が2020年1月に技術見本市「CES」で発表した次世代自動車プロジェクトの概要や今後の挑戦について紹介した。(2020/9/10)

なりすましなどの不正利用を防ぐ:
クラウドと連係可能な次世代FeliCa ICチップ開発
ソニーは、非接触ICカード「FeliCa(フェリカ)」向けの次世代ICチップを開発した。新たに「FeliCaセキュアID」機能を搭載した。クラウドと連係したデータ管理を行うことで、第三者の不正利用を防止できるという。(2020/9/10)

Xbox Series S、海外は11月10日299ドルで発売 上位機種「Series X」より約60%小さいディスクレスモデル
性能はSeries Xより控え目ですが、次世代のゲームで遊べます。(2020/9/9)

次世代機「Xbox Series S」、11月10日に発売 デジタル配信のみのディスクレスモデル
米Microsoftが「Xbox Series S」を11月10日に発売すると発表した。Xbox史上最小モデルで、デジタル配信ゲームのみに対応。価格は299ドル。(2020/9/9)

次世代Xboxは299ドルから!? 超コンパクトな「Xbox Series S」、マイクロソフトが突然発表
やっすいな!??(2020/9/8)

次世代機「Xbox Series S」正式発表 シリーズ最小、299ドル
米Microsoftが、次世代ゲーム機「Xbox Series S」を正式発表。本体の外観は白黒のツートンカラーで、サイズはXbox史上最小という。価格は299ドル。(2020/9/8)

ソニー、次世代型FeliCaチップ開発 クラウド連携機能を追加
ソニーがFeliCa向け新型ICチップを開発したと発表した。不正利用を防ぎつつクラウドサービスと連携できる機能を搭載する。(2020/9/8)

ソニー、FeliCaの次世代ICチップを開発 クラウド連携でなりすまし防止が可能に
ソニーは、FeliCaの次世代ICチップを開発。現行のFeliCa Standard ICチップと互換性を保ち、クラウドと連携したデータ管理が可能で第三者の不正利用を防ぐFeliCaセキュアID機能を搭載している。(2020/9/8)

ロボット:
自律走行ロボで病院業務のDX、大成建設らが名大附属病院で実証
大成建設は、ICTを活用した効率的な運用を行う次世代型病院「スマートホスピタル構想」の実現に向け、名古屋大学医学部附属病院メディカルITセンター、モノプラスの協力を受けて、自律走行型の多目的ロボットを導入した病院運用システムの検証を名大附属病院で進める。病院運用システムが実用化すれば、病院スタッフの業務負担が軽減されるだけでなく、入院患者の容態急変などへの迅速な緊急対応、さらに感染症予防にもつながるという。(2020/9/8)

古田雄介のアキバPick UP!:
アキバで高まる次世代GPU「GeForce RTX 30」シリーズへの期待感
NVIDIAの次世代GPU「GeForce RTX 30シリーズ」の登場を期待する空気が、先週以上に濃厚になってきたのをアキバで肌で感じるようになってきた。一方で、パーツ鑑賞のための新ツールも話題を集めている。(2020/9/7)

産業動向:
多能工を育成可能な「清水匠技塾」が開業、研修中の給与は清水建設が負担
建設業界では、入職者数の減少や技能労働者の高齢化で人手不足が進行しており、問題となっている。解決策として、清水建設は、次世代の担い手確保と育成を行い、建設業の魅力を学生などに伝える教育・訓練施設「清水匠技塾」を解説し、2020年7月27日から運営をスタートした。(2020/9/7)

アナログ回路設計講座(38):
PR:フィールドバス使用時の通信速度と距離の向上
RS-485ベースのフィールドバス技術では、通信速度を高め、通信距離を延長するには、RS-485トランシーバーのケーブル上におけるタイミング性能を慎重に見極めるとともに、EMCの特性評価を行う必要があります。そこで、システムタイミングと通信ケーブルに関するいくつかの重要な概念を紹介し、クロックとデータの分配やケーブル駆動能力を含む重要性能指標を示すとともに、次世代RS-485トランシーバーを使用した産業用アプリケーションの利点を明確にします。(2020/9/9)

生死を分ける:
日本進出はいつ? 緊急時に命を救う「AI診断」 次世代ユニコーン「コルティ」の挑戦
デンマークに拠点を置くスタートアップ「Corti(コルティ)」が、注目されている。緊急度が高い「救急医療部門」向けにAIサービスを提供していて、将来ユニコーンになる可能性が高い企業に贈られる「Future Unicorn Award 2020」を受賞した。どんなサービスを提供しているのかというと……。(2020/9/4)

新アーキテクチャ「Ampere」採用:
NVIDIAが「GeForce RTX 30シリーズ」を発表 8K DLSS対応の「GeForce RTX 3090」など3製品を順次投入
NVIDIAが、リアルタイムレイトレーシング対応GPUの新世代製品を発表した。先代の発売当初の価格をキープしつつ、性能を大幅に引き上げたことが特徴だ。(2020/9/2)

Lenovoが“新世代”Coreプロセッサ(Tiger Lake)搭載の「Yoga 9i」「Yoga Slim 9i」を発表
LenovoのプレミアムPCブランドから、新しいノートPCが登場。一部を除き“新世代”のCoreプロセッサを搭載し、スリムさと処理速度の両立を図っている。(2020/8/31)

古田雄介のアキバPick UP!:
ハイエンドグラフィックスカードの売れ筋に次世代GeForceの影
MSIのRadeon RX 5700 XTカードなど、先週もハイエンドグラフィックスカードが店頭に登場している。このクラスで「様子見の空気が漂い始めてきた」と語るショップが一部で見られるようになってきた。(2020/8/31)

シャープのJDI工場取得、背景に次世代ディスプレイ開発
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、世界的に市場環境が悪化する中ではリスクにもなりかねない投資だが、それでも踏み切る背景には、将来の成長に重要な次世代ディスプレーの開発を加速したい狙いがある。(2020/8/31)

10年先を見据えたロードマップ:
PR:CASE時代の自動車開発、包括的な製品群で“全方位”に対応するNXP Semiconductors
コネクテッド、自動化、電動化といった自動車業界のメガトレンドによって、次世代の自動車開発では、自動車システムアーキテクチャが大きく変わろうとしている。車載半導体のトップメーカーであるNXP Semiconductorsは、プロセッサからアナログ、インタフェース、セキュリティに至るまで広範な製品ポートフォリオを活用し、新しい自動車システムアーキテクチャに柔軟に対応できる包括的なソリューションの提案に力を入れている。(2020/8/31)

海外立て直し、デジタル活用新リテールなど急務 伊藤忠ファミマTOB成立
 ファミリーマートとの一体経営を目指してきた伊藤忠商事は、今回の株式追加取得のTOB(株式公開買い付け)成立で第1のハードルを越えた。ファミマの海外事業の立て直し、国内事業の強化に加え、デジタル技術活用による次世代型のリテール事業構築が急務だ。伊藤忠は上場廃止に向け、TOBに応じなかった投資ファンドなどからも株式を買い付ける必要があり、総投資額は約5800億円にのぼる見込み。巨額投資に見合う成果を出せるかが次のハードルとなる。(2020/8/26)

BIM:
“BIM認証”サービスが本格始動、最古の規格協会BSIがBIM国際動向と認証の意義を説く
BSIジャパンは、BIM認証に関するサービスを日本国内で本格的に開始した。BIMについての国際的な認証を受けることで、受注競争力を高められるだけでなく、国内外での受注機会を増やすだけでなく、BIMに特化した認定トレーニング制度も用意されているため、人材不足にあえぐ業界で次世代の人材育成にもつなげられるという。(2020/8/26)

太陽光:
環境負荷の低い太陽電池を実現へ、n型硫化スズ単結晶の大型化に成功
東北大学が次世代太陽電池材料として有望とされるn型硫化スズ単結晶の大型化に成功したと発表。希少金属や有毒元素を一切含まない硫化スズは環境負荷の小さい次世代太陽電池材料として期待されており、その実用化を後押しする成果だという。(2020/8/25)

Weekly Memo:
運輸業のDXを推進する「MaaS」は、コロナ禍でどう成長するのか
AWSジャパンが次世代移動サービス「MaaS」支援の取り組みを明らかにした。その内容を紹介しながら、「運輸業のDX」と目されるMaaSの今後の普及におけるポイントを探ってみた。(2020/8/24)

安全システム:
新型レヴォーグに新世代アイサイト搭載、ステレオカメラはヴィオニア製に
SUBARU(スバル)は2020年8月20日、同年10月15日発売予定の新型「レヴォーグ」の先行予約を開始したと発表した。レヴォーグの新モデルは、先進安全やスポーティーさ、ワゴンとしての価値を進化させており、高度運転支援システムは新世代の「アイサイト」を全車標準装備とする。また、高精度地図を使った「アイサイトX」を一部グレードに設定する。(2020/8/21)

製造ITニュース:
日立とPTCが製造業向けソリューションで協業、オークマやトヨタへの提案を加速
日立製作所とPTCジャパンは、製造業のバリューチェーンをシームレスにつなぎ、全体最適化を実現する次世代ソリューションの提供に向けて協業することで合意した。既にオークマのDX実現に向けた取り組みを進めている他、トヨタグループ向けにITソリューションを提供するトヨタシステムズとも連携していく方針だ。(2020/8/21)

材料技術:
日機装、次世代航空機エンジンでエアバスの共同開発パートナーに選出
日機装は、低燃費、低騒音を実現する次世代型航空機エンジン「UltraFan」開発プロジェクトにおいてナセル供給を担当するエアバスの共同開発パートナーに選出された。(2020/8/21)

日立ソリューションズの建設ITが集結:
PR:設計から維持管理、労働災害までの諸問題を一気に解決する日立ソリューションズの「建設テック」
少子高齢化が年々、深刻化する日本において、労働災害の発生率が他産業に比べて高く、3Kのイメージが根強い建設業界では、若年層の入職が低い一方で、熟練の技術者や技能者の定年退職に伴う次世代への技術伝承が喫緊の課題となっている。現場での重篤災害の未然防止をはじめ、担い手不足、生産性の向上といった業界が抱える諸問題を、解決する国産の「建設テック(ConTech)」が登場した。(2020/8/20)

2030年までに6000億円の売上高を目指す:
イオンが「次世代ネットスーパー」に着手 AIとロボティクスを駆使した大型倉庫建設
イオンはネットスーパー事業の本格稼働を目指し、千葉市内に大型倉庫を建設すると発表。AI(人工知能)やロボットを活用し安定的な共有力を誇るという。着工は2021年春を予定。新型コロナウイルスの影響で高まる食料品宅配のニーズに応え、今後数年内に同様の施設の建設を計画している。(2020/8/20)

10月15日正式発表:
スバル、新型「レヴォーグ」先行予約開始 新世代アイサイトで先進安全機能を強化
SUBARUは、主力ワゴン「レヴォーグ」の新型モデルの先行予約を開始した。正式発表は10月15日。オンラインや店舗のイベントを開催して魅力を発信し、期待感を高める。(2020/8/20)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
イーサリアム2.0の足音 あなたが知らないブロックチェーン最前線
2020年8月4日、イーサリアム(Ethereum)の次世代版であるイーサリアム2.0の公開テストが始まった。イーサリアムは有力な暗号通貨であり、同時に有力なブロックチェーン技術のひとつだ。その技術の世代交代が始まろうとしている。(2020/8/19)

製造マネジメントニュース:
人とAIが共に進化するための次世代人工知能技術の開発事業を開始
新エネルギー・産業技術総合開発機構は、「人と共に進化する次世代人工知能に関する技術開発事業」を2020年度から2024年度までの5年間のプロジェクトとして開始する。(2020/8/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。