ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ラジコン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!ラジコン→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でラジコン関連の質問をチェック

xR:
小型移動式クレーン操縦のVRトレーニングを古河ユニックとシンフォニアが共同開発
XRコンテンツ開発のシンフォニアは古河ユニックと共同で、古河ユニック製「液晶ラジコンJOY」の実機を使用し、現実の操縦に限りなく近いクレーンの操作感覚を学べる「古河ユニック版小型移動式クレーンVRトレーニング」を開発した。(2024/6/26)

「8番出口」にも影響を与えたネットの都市伝説「バックルーム」、元ネタ画像の場所が判明
現在は改装されてラジコンサーキットに。(2024/6/3)

STEAM教育ってどうなの? マイクラで金融教育?「EDIX 東京 2024」で見た最新事情
東京と大阪で毎年開催されるEDIX(教育総合展)では、年々STEAM教育に関連した展示が増加し、内容も充実してきている。2024年はどうだったのか、筆者が気になるブースの様子をお伝えする。(2024/5/22)

メンテナンス・レジリエンスTOKYO2023:
エンジン発電で“11時間半飛行”するドローン アミューズワンセルフの「はかる」に特化した製品開発
日本の災害では、有人のヘリコプターでは対応できないケースが多いとされている。家のすぐ裏で斜面が崩れる被害が多い日本では、ヘリコプターを飛ばすことでさらなる崩落を誘発する危険性がある。こうした災害現場の現状把握に、ドローンは有効となる。(2024/4/17)

「肉まん」を手作り→“とんでもない”調理器具が登場 斜め上の“パワープレイ”が本格的だけど参考にならない
ショベルカー=計量スプーン。(2024/4/12)

次世代コミュニケーションの実証実験:
飛び出すテスラを「見る」+「体験する」 XR広告×3Dビジョンの効用とは?
小田急エージェンシーは、Tesla Motors Japanなどの協力の下、XR技術と3Dビジョンを使用した屋外広告の実証実験を開始する。(2024/4/11)

モンスタートラックが宙返り→回転しまくり? ラジコン使った豪快なカースタントに「本物かと思った」【米】
迫力たっぷりな絵作りも見ものです。(2024/4/6)

羽田卓生のロボットDX最前線(7):
AI家具移動ロボットが日常生活“カイゼン”、日々の数歩の削減で何が変わるか
本連載では「ロボット×DX」をテーマに、さまざまな領域でのロボットを活用したDXの取り組みを紹介する。第7回はPreferred Roboticsが開発した、家庭用自律移動ロボット「カチャカ(Kachaka)」について、同社で代表取締役 CEOを務める礒部達氏に取材した。(2024/2/13)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
優れたUXに感動、ようやく趣味を見つけたおっさん記者の話
子どもと一緒に過ごす時間が減ってきたときのために……。(2024/2/1)

「ちいかわ」ハチワレがドリフトでギュィイイン! 自作ラジコンがかわいいしかっこいい
操縦技術がまたすごい。(2024/1/24)

大好きな祖母に何か買ってあげたい3歳孫、お金を貯めようとPCを開き…… 頑張る姿に「かわいすぎて涙が」「幸せですね」
お仕事頑張ってね!(2023/12/31)

自作の「泳ぐゴジララジコン」がすごい完成度 熱線代わりに水を吐くギミックがカッコイイしかわいいと好評
水生は虫類「モササウルス」ラジコンの改造。ベースを見つけてくる検索力と着眼点がすごい。(2023/12/19)

任天堂販売、ラジコン「RCマリオカートマリオ」を回収 電波法に基づかない部品利用
任天堂のオリジナル商品などを製作する任天堂販売は、海外輸入商品ラジコン「RC マリオカート マリオ」を回収すると発表した。電波法に基づいた部品を使って設計していたが、一部商品でそれと異なる部品を使って製造していた。(2023/12/1)

2050年にディーゼル機ゼロへ:
技研製作所が“圧入”DXで目指す売上高1000億円 東京〜高知の遠隔施工に成功
技研製作所は、地盤工事でグローバルに展開する「圧入施工」の遠隔操作をデジタルツインで実現した。数百キロ離れた場所にいるオペレーターがラジコンのように操作するだけで、AIの自動調整で杭のズレは10ミリ以内に収まる施工品質が保てる。2024年問題に応じる省人化だけでなく、海外現場で熟練者の配置や人材育成も不要となる。(2023/11/10)

自動ドアまで!? ダンボールで作ったバスがガチすぎる ラジコン操作で走らせることも可能
ハムちゃんカワイイ。(2023/10/18)

越智岳人の注目スタートアップ(7):
月面ローバー技術と超音波モーターで不整地でも長時間動くAMRを――Piezo Sonic
月面探査ローバーの研究開発で培った知見と独自の超音波モーター「ピエゾソニックモータ」を活用した搬送用自律移動ロボット「Mighty」を手掛けるPiezo Sonic 代表の多田興平氏に開発経緯やビジョンについて聞いた。(2023/3/9)

ミニ四駆が雪上を見事に走り抜く! キャタピラー付きの改造車両がパワフルでかっこいい
凝らされた工夫の数々に感心。(2023/1/13)

男の子がクリスマスプレゼントで欲しい物 3位「ラジコン、プラモデル」、2位「スポーツ用品」、1位は?
ARINAは、日本全国の小学校高学年男子の子どもがいる親を対象に、「お子さん(小学校高学年・男の子)がクリスマスプレゼントで欲しい物は?」とアンケート調査を実施した。クリスマスプレゼントで欲しい物1位は「ゲーム、ゲームソフト」だった。(2022/12/21)

ボートのラジコンを一斉に追いかける、大きなワンコ軍団 水しぶきをあげて駆け回る光景が大迫力!【米】
気持ちよさそう!(2022/12/14)

時速349キロー!?!? 驚異のミニミニ模型「テザーカー」が速すぎる! 「こんなのアリ?」「未知のモータースポーツだ」の声
ビュン…… こんなちっちゃいのにめっちゃ速ぇぇぇー!!(2022/12/4)

父「ブブやるか?」猫「にゃ〜!」 大好きなお父さんと会話する猫ちゃん、心が通じ合うふたりに癒やされる人続出
愛猫にやさしく声をかけるお父さんです。(2022/11/9)

組み込み開発 インタビュー:
ロボカップ7年ぶり優勝の要因は、コロナ禍も乗り越えたCIT Brainsの挑戦
3年ぶりのリアル会場での開催となったロボカップの世界大会「Robocup 2022」。このRobocup 2022において、ヒューマノイドロボットで行われるキッドサイズリーグで優勝したのが千葉工業大学の有志メンバーを中心とするチーム「CIT Brains」だ。2014〜2015年連覇から7年ぶりの優勝はどのようにして実現したのだろうか。(2022/10/26)

ソニーのゆるふわロボット「poiq」との日々(特別編):
「Sニー」に行って「魔改造の夜」に出たネコとケトルに会ってきた
NHKの番組「魔改造の夜」で「Sニー」を2回も勝利に導いたモンスター達。その仕組みと制作時の裏話などについて、エンジニア達をまとめた田中章愛さんに実物を見ながら解説してもらった。(2022/9/21)

農水省、ずっとプリキュアトークな公式動画を公開 “キュアビジネス”を疑われたガチ勢職員がクイズに挑戦
ただのガチ勢だった。(2022/9/11)

ひろゆきをGoogleストリートビューで発見 「笑った」「ひろゆきやん」などと大きな話題に → 本人投稿でほぼ事実だと判明
なんだろう、オイラだって見破るのやめてもらっていいですか……?(2022/9/10)

アニメ「遊☆戯☆王」のデュエルディスクをモチーフにした指輪がカプセルトイに!
アニメ最新作「遊☆戯☆王ゴーラッシュ!!」のデュエルディスクも登場しています。(2022/9/12)

「鳥肌たった」「これこそアート」 SNSで約13万いいねを集めた1枚のイラスト、種明かしがさまざまな反響呼ぶ
深い……。(2022/9/10)

現役パティシエがお家で作ったプルプルなチーズケーキ 「凄いふわふわ」「毎日食べたい」圧倒的なクオリティーが話題
自宅でここまでできるのか……。(2022/9/10)

なんだこのクオリティーは!? 両手と両足を使って6つの絵を同時に描く動画が話題に
同時に絵を描いてるのがスゲぇわ。(2022/9/10)

宇宙戦艦ヤマトを1/100スケールで完全再現! 数百万円かけたラジコンがかっこよすぎる
特撮現場かと思った!(2022/9/9)

スマホのカメラで“空気の流れ”が見えるアプリ、エンジニアが開発 国内外から注目が集まる
冷たい空気が下降する様子も見える。(2022/7/24)

砲弾も打てちゃうの!? パパが子どものために作った「動くミニ・ティーガー戦車」がすごい
本物の戦車みたいな動き!(2022/7/17)

ドコモ、KDDI、ソフトバンクが「ジャパンドローン 2022」出展 大手3キャリアが注目する理由とは
6月22日から23日まで幕張メッセにて、国内最大級の民間ドローン展示会「ジャパンドローン2022」が開催された。ドローン関連や将来の空飛ぶクルマを目指す多くの企業が出展するなか、ドコモとKDDI、ソフトバンクの大手携帯電話事業者3社も出展。その模様について紹介していこう。(2022/6/28)

有明ガーデンにホビーショップ「京商ビレッジ」7月オープン キッズから大人まで楽しめる豊富な品ぞろえ
見ているだけでもワクワクしてくるはず……!(2022/6/23)

I'll be back:
「ターミネーター」のモト・ターミネーターを、2022年のテクノロジーで解説しよう(後編)
スピルバーグが、手塚治虫が、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2022年現在どこまで実現できているのだろうか?――映画や漫画、小説、テレビドラマに登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」。「ターミネーター」後編は、3と4を中心に解説する。(2022/6/14)

ARのラジコン戦車が目の前に出現、障害物を踏破 実物大でも遊べる夢のようなアプリが開発中
72分の1スケールから実物大まで、好きなスケールで遊べます。(2022/6/9)

ロボット開発ニュース:
除草作業を自動化するロボットのレンタル先行予約を開始
ハタケホットケは、除草作業を自動化するロボット「ミズニゴール」のレンタル提供の先行予約を開始した。同ロボットは、ラジコン操作により水田を走り回って水を濁らせることで、稲の栄養を奪う雑草の光合成を遮る。(2022/5/2)

藤川球児、火の玉タンクの大型バイク「Z900RS」爆速で買う 決断の早さも「火の玉ストレート」「まさに藤川球児モデル」
「でもな、実は免許ないねん」。えぇぇー?(2022/2/20)

事例で学ぶ製造業DXセキュリティ対策入門(6):
セキュリティは無駄なのでイノベーションに極振りしたいと思います。
社内DXセキュリティプロジェクトチームのリーダーに任命された、ABC化学薬品新卒6年目の青井葵。元工場長の変わり者、古井課長の手助けも得て、製造業がDXプロジェクトと併せて進めるべき「DXセキュリティ対策」を推進していく本連載。今回は、ABC化学薬品の傘下に加わったスタートアップが開発中のスマートドローンのセキュリティ対策について考える。(2022/2/15)

どうしてこうなった……! 「東京オートサロン2022」ド目立ち魔改造カー大集合
禍々しい雰囲気の「激烈6ローター」、GRヤリスなハチロク、かわいい「わんこ系」や「お遍路仕様」の軽キャンカーも!(2022/2/2)

元電通マン、今ドローンマン:
50代で電通を退職した元コピーライターが、ドローンで起業したワケ
35年にわたって広告畑にいるという元電通社員の森田直樹さん。退職後は、ドローン事業で起業した。「もともとはコピーライター」という経歴から、なぜドローンで起業するに至ったのか。キャリアの変遷について話を聞いた。(2022/1/20)

サンシャイン池崎、ファンの子どもたちにXmasサプライズ “空前絶後”のサービス精神に「もはやただのいい人」
大満足な子どもたち。(2021/12/26)

Go AbekawaのGo Global!〜Maverick Tayag編(前):
父のお土産はいつもデスクトップPC
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回は三通のMaverick Tayag(マーベリック・タヤッグ)氏にお話を伺う。デスクトップPCをお土産にする豪快な父、さまざまな学びの機会をくれる叔父。家族に支えられ真っすぐに育った青年の夢とは。(2021/11/29)

世界のスタンダードへ:
「売り上げがゼロになった」 埼玉県の町工場が、畑違いの医療分野でヒット商品を生み出せたワケ
埼玉県の小さな町工場から医療分野における「世界のスタンダード」が誕生するかもしれない。ミニ四駆のタイヤ製造で一世を風靡したものの、ブームが去り、売り上げはゼロに。そこから、畑違いの医療分野にて、町工場の強みを生かした製品をヒットさせた。現在はこんにゃくで模擬臓器を作っているという。売り上げゼロから立ち直った町工場、どんなストーリーがあったのか。(2021/11/24)

「ビッグボス」新庄監督、プライベートドライブでドライブスルーを初体験 マイクに向かって「初めまして!」ってかわいすぎか!
どんな時もあいさつを欠かさない新庄監督なのです。(2021/11/22)

約40年ぶりに人里へ帰還 アメリカの山奥で放置されたスズキ・ジムニーが回収チームによって持ち主の元へ
マジで修理できるの……?(2021/11/6)

ちっちゃなジムニー! 京商の人気R/Cカー「ミニッツ4×4」に登場 手のひらサイズで実車そっくりな仕上がりに
電池を用意するだけで遊べる「レディセット」。(2021/10/30)

所さんのピンクのフィアット500が事故で「水没」 めっちゃかっこいい、からの「普通に失敗しちゃうところも好き」の声
気分アゲアゲ〜!! からの。(2021/10/24)

「わんぱっくコミック」電子書籍で復刻 掲載作の単行本化も 昭和60年代の小学生向け雑誌
徳間書店は1985年から4年に渡り刊行した子ども向けまんが雑誌「わんぱっくコミック」と掲載作品の電子書籍化を発表した。8月中旬から毎月5点ずつ配信する。(2021/8/12)

家電メーカー進化論:
「焼きペヤングメーカー」開発秘話 クラウドファンディングで“個性”が大ヒット
「ギガたこ焼き器」や「せんべろメーカー」、「焼きペヤングメーカー」など、ひときわ個性的な家電を展開するライソン。「ライソン発の、世界初をつくる。」と掲げ、ワイヤレススピーカーやアウトドア用品まで展開する。新興メーカーの戦略と、アイデアあふれるものづくりについて代表取締役の山俊介氏に話を聞いた。(2021/7/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。