ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「サーバ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
Server & Storage − @IT
質問!ハードウェア(サーバー)→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でハードウェア(サーバー)関連の質問をチェック

ヒートアップするチップ開発競争【前編】
IBMが開発した「2ナノ」半導体チップとは サーバの処理性能を高速化
IBMは半導体の研究開発の成果として、2ナノプロセスの半導体チップを公開した。この実用化は、同社のサーバやメインフレームにどのような影響を与えるのか。(2021/6/22)

「サーバ仮想化」「コンテナ」の基礎知識【後編】
「コンテナ」は「サーバ仮想化」と何が違うのか? どちらを選べばよいのか
ワークロード実行環境として「コンテナ」の採用が広がりつつある。コンテナとサーバ仮想化の違いは何か。どちらの技術を採用すべきかを考えるときのポイントとは。(2021/6/18)

大和ハウス子会社にランサムウェア攻撃、個人情報15万件が暗号化
大和ハウス工業の子会社のスポーツクラブNASが、会員情報の管理に使っていたサーバがランサムウェアに感染し、個人情報など15万544件が暗号化されたと発表。情報が流出し、悪用された例は確認していないとしている。(2021/6/16)

本田雅一の時事想々:
データ管理で“ズタボロ”のLINEと経営統合した、ヤフーに圧し掛かる責任
LINEが個人情報を中国のサーバに保管していたというニュースが話題になったのは、今年3月のこと。当時、真摯な対応を感じた筆者だったが、その第1次報告として6月11日に出されたレポートは、信頼をさらに揺るがすものだった。(2021/6/16)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(187):
ラボ環境のメモリが足りない! あるサーバアプリのハードウェア要件が右肩上がりな件について
1年以上前に筆者のラボ環境の仮想マシンにインストールした「Microsoft Endpoint Configuration Manager」を、最近リリースされた最新バージョンにアップデートしようと思ったら、あれやこれやで丸一週間かかりました。(2021/6/16)

研究者がスパコンに求めた3つの要件を満たす:
PR:東大物性研の第6世代スパコンシステム「Ohtaka」にDell EMC PowerEdgeサーバが選ばれた理由とは
東京大学附置の全国共同利用研究所として設立された東京大学物性研究所は、1995年以降スーパーコンピュータシステムの全国共同利用事業を運営している。5年ごとにシステムを更新していく中、2020年、第6世代スーパーコンピュータシステム「Ohtaka」に、デル・テクノロジーズの「Dell EMC PowerEdgeサーバ」を採用した。その概要や選定理由などについて、同研究所 物質設計評価施設・設計部 尾崎研究室の福田将大氏にお話を伺った。(2021/6/22)

Weekly Memo:
DellとHPEが挑む「ハードからソフトまでサブスク」戦略は奏功するか クラウドビジネスの視点から読み解く
Dellが全ての製品をサブスクリプション型のサービスとして提供するビジネスモデルの転換に力を入れ始めた。同様の動きはHPEも既に進めている。サーバやPCなどのハードウェア市場の2大ベンダーともいえる両社の相次ぐこうした動きは何を意味しているのか。(2021/6/14)

テレワーク全盛時代になぜタワー型サーバ?
「今どきのタワー型サーバ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名様にNintendo Switch Lite(1台)、10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/6/9)

東芝テックで情報流出 欧州の現地法人がランサムウェアの被害に
POSレジスターなどを手掛ける東芝テック(東京都品川区)は、欧州の現地法人のサーバが5月4日に受けたランサムウェアの被害について、情報の流出を確認したと発表した。10日時点で欧州以外の地域での情報流出や、顧客情報の流出は確認されていない。(2021/6/11)

「サーバ仮想化」「コンテナ」の基礎知識【前編】
タイプ1とタイプ2のハイパーバイザーとは? 完全仮想化と準仮想化の違いは?
「サーバ仮想化」と一口に言っても、それを実現する技術はさまざまだ。「タイプ1ハイパーバイザー」「タイプ2ハイパーバイザー」の違いと、「完全仮想化」「準仮想化」の違いを整理しよう。(2021/6/11)

ユピテル、40万人分の会員情報流出 不正アクセス確認から3年以上報告せず、脅迫メール受信で公開
自動車用品などを手掛けるユピテルは2017年10月にサーバが不正アクセスを受け、同社が運営する会員サイト「My Yupiteru」に登録する約40万人分の個人情報が外部に流出したと発表。クレジットカード情報は含まれておらず、個人情報の悪用も確認されていない。(2021/6/8)

Red Hat、JavaアプリケーションサーバをAzureのネイティブサービスとして提供
Red Hatは、Javaアプリケーションサーバ「Red Hat JBoss Enterprise Application Platform」をAzureのネイティブサービスとして提供する「Red Hat JBoss Enterprise Application Platform on Microsoft Azure」を発表した。(2021/6/7)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
低コストのストレージでダウンタイムが頻繁に、事例に学ぶサーバ合理化の秘訣
サーバ、ストレージといったインフラの選択はビジネスの根幹を左右する。コストのみに着目するとビジネスに悪影響が生じてしまい、結果的にコストが増大するケースも多い。豪州企業の事例から、その最適なバランスを学んでおこう。(2021/6/7)

TechTarget発 世界のITニュース
ドイツ警察がマルウェア「Emotet」を一斉削除 攻撃用サーバ停止後の動き
2021年1月にマルウェア「Emotet」の攻撃用のサーバが停止したことに続いて、ドイツ連邦警察は世界中の感染したコンピュータからEmotetを削除した。その目的は。(2021/6/6)

サーバ仮想化の10個のデメリットとその解決方法【後編】
サーバ仮想化の導入を阻む「リソース競合」「アプリパフォーマンス低下」問題
サーバ仮想化製品を導入することでアプリケーションの処理速度が低下したり、予想よりも多額の管理コストがかかったり可能性がある。こうした問題を防ぐための方法とは。(2021/6/4)

LINEのデータ国内移転、“アルバム”は2024年に 「当初は計画になかった」
LINEのアルバムに保存した、画像データの国内移転が2024年上半期になる見込み。データ量が膨大で、韓国のサーバからの移転に時間を要するため。6月中の国内移転を目指す対象は、トーク内の画像データで、アルバムは対象外。LINEは「説明が不十分だった」と釈明。(2021/6/2)

サーバの基本と選び方【後編】
「サーバの安定性」を求めるなら確認すべき、サーバ選びのポイントとは?
フォームファクターやハードウェアリソースに加えて、サーバ選定では運用に関する視点も欠かせない。安定運用のために評価すべきサーバの機能とは。(2021/6/2)

PC/モバイル向け:
「Armv9」ベースの新CPU/GPUを発表、Arm
Armは2021年4月に、サーバ向けCPUコア「Neoverse」から、インフラ向けプラットフォームとなる新シリーズ「Arm Neoverse V1」「Arm Neoverse N2」などを発表したばかりだが、今回立て続けにPC/モバイル用途向けの新製品をリリースした。(2021/6/1)

オンプレミスとクラウドのいいとこ取り:
PR:ファイルサーバーがここまで進化 中小企業にオススメしたい最新手法とは
企業規模を問わずデータの有効な活用が不可欠になりつつある。だが、予算や人手が限定的な中小企業の場合、自身で新たにデータ共有の仕組みを構築し運用することは容易ではない。実情を基に対策を探った。(2021/5/28)

サーバ仮想化の10個のデメリットとその解決方法【中編】
「仮想マシンの構築が簡単過ぎる」ことがもたらす深刻な問題とは?
サーバ仮想化製品のデメリットには、どのようなものがあるのか。導入後に起こり得るトラブルを予防するために、主なデメリットと、その解決策を理解しよう。(2021/5/28)

Oracle Cloud InfrastructureでArmを選択可能に OracleがIaaSを提供
Oracleは、OCIで「OCI Ampere A1 Compute」の提供を開始した。Armアーキテクチャを導入したIaaSで、Ampere Computingのサーバ向けプロセッサ「Ampere Altra」を採用し、コア時間当たり1セントで提供する。(2021/5/27)

特選プレミアムコンテンツガイド
「サーバが落ちました」をいら立たせずに伝える方法
システム障害を解決するスピードよりも、IT部門がそれをどう説明するかの方が、ユーザーにとって大きな意味を持つことがある。IT部門のヘルプデスクはユーザーの苦情をどう受け止め、どのように対処すればよいのか。(2021/5/27)

サーバの基本と選び方【中編】
サーバ選びで重要なCPU、メモリ、ストレージ、ネットワークの賢い見極め方
サーバ選定時は、CPUやメインメモリ、ストレージ、ネットワークなどのハードウェアリソースを適切に選択することが欠かせない。具体的に、どのようなポイントを評価すればいいのだろうか。(2021/5/26)

TechTarget発 世界のITニュース
NVIDIAがVMware「vSphere」向けのAIソフトウェア群を発表 何ができるのか?
NVIDIAはAI技術を使ったアプリケーションをVMwareのサーバ仮想化ソフトウェアで動かすための新製品を発表した。ユーザー企業は何ができるようになるのか。(2021/5/25)

マッチングアプリ「Omiai」に不正アクセス 免許証など本人確認書類の写し約171万件が流出した可能性
ネットマーケティングが、婚活マッチングサービス「Omiai」の情報を管理するサーバに不正アクセスを受け、年齢確認に利用した免許証やマイナンバーカードの画像など171万1756件の画像が流出した可能性があると発表した。(2021/5/21)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(141):
ちょっとしたアプリの作成に最適な「Azure Static Web Apps」が一般提供開始
Microsoftは2021年5月12日(米国時間)、「Azure Static Web Apps」の一般提供開始を発表しました。Azure Static Web Appsは、静的なコンテンツのホスティングを動的なスケールとサーバレスのAPIを通じて提供するもので、無料で利用できるFreeプランが用意されています。(2021/5/20)

FAニュース:
OPC UAサーバに対応したIoTゲートウェイ、200機種以上のドライバに対応
Schneider Electricは、OPC UAサーバに対応したIoTゲートウェイ「STM6000」モデルを発表した。200機種以上のドライバに対応し、1台で最大4種類の異なる機器と同時接続できるため、効率的にデータを収集できる。(2021/5/18)

サーバ仮想化の10個のデメリットとその解決方法【前編】
「サーバ仮想化」のデメリットとは? コスト増大、仮想マシン増殖のリスク
効率的なリソース使用や容易な実装を実現するサーバ仮想化製品。さまざまなメリットをもたらすサーバ仮想化製品だが、デメリットもある。主要なデメリットとその解決方法を説明する。(2021/5/18)

検索性向上やコンプライアンス強化の実現法
ファイルサーバ頼りが招く3大リスクを解消、デジタル資産の“集中管理術”とは
オムニチャネル戦略の推進に伴い顧客接点が多様化する今、急増するデジタルコンテンツをどう管理するかが課題となっている。従来一般的だったファイルサーバによる管理が招く3つのリスクと、それを解消する新たなアプローチを解説する。(2021/5/21)

「Zoff」運営会社に不正アクセス 顧客情報約9万7000件が流出、従業員や取引先企業の情報も
インターメスティックが、社内サーバが不正アクセスを受け、メガネ店チェーン「Zoff」の顧客情報など9万6911件が流出したと発表。マルウェアによる攻撃を受けたとして、侵入経路などを調査中という。(2021/5/17)

Nginx系Webサーバのシェアが5割超に:
2021年5月のWebサーバ利用シェア、「Nginx」が「Apache」を初めて上回る
Q-Successが2021年5月に発表したWebサーバの市場シェア調査結果によると、「Nginx」と「Apache」がともに33.8%を占め、Nginxが首位、Apacheが2位となった。さらにNginxから派生したWebサーバを含めると、Nginxのシェアは5割を超えていた。(2021/5/17)

サーバの基本と選び方【前編】
「タワー型サーバ」「ラックマウント型サーバ」「ブレードサーバ」の違いは?
多様なサーバがある中で、必要とする製品を見極めるには何を確認すればいいのか。まず選定すべきポイントは、サーバのフォームファクターとして何を選ぶかだ。各フォームファクターは、それぞれ何が違うのか。(2021/5/17)

スマホゲーム「ブルーアーカイブ」、不正アクセスで半日以上の臨時メンテ DDoS攻撃か
Yostarが、スマホゲーム「ブルーアーカイブ」のサーバが不正アクセスを受けているとして、臨時メンテナンスを実施。半日以上続いており、ゲームがプレイできない状態になっている。公式SNSアカウントによれば「不特定多数のIPアドレスがサーバに負担をかけている」という。(2021/5/14)

チケット販売のぴあ、ワクチン予約サービスを自治体向けに提供 「数十万件規模のアクセスにも耐えられる」
ぴあが、「チケットぴあ」のシステムを活用した新型コロナワクチンの予約サービスを提供すると発表。14日から自治体の問い合わせを受け付ける。チケットぴあと同じサーバを使うため、数十万件規模のアクセス集中にも耐えられるという。(2021/5/13)

サーバーに魔よけのお札を!? 神頼みのIT企業描くギャグ漫画に「案外ウソでもない」と業界から証言
サービスの稼働を陰で支える(?)謎の儀式。(2021/5/14)

製造IT導入事例:
CO2の流通状態を可視化するデジタルプラットフォームを共同開発
三菱重工業と日本アイ・ビー・エムは、CO2の流通状態をデジタルデータで可視化するプラットフォーム「CO2NNEX」を構築する。サーバ空間上でCO2を回収、貯留、転換利用するCCUSバリューチェーンの可視化を目指す。(2021/5/12)

製造業IoT:
PR:年額2万円以下でセキュアなIoT環境を簡単に構築、エッジサーバへの導入は10分
製造業のIoT導入での課題は、現場技術者がIT専門家でない点。これを解決するのがエッジサーバにIoTエージェントをインストールするだけでIoTを導入できる「TeamViewer IoT」だ。10分で作業完了、1台当たり年間2万円という低価格も魅力だ。(2021/5/14)

製造業IoT
年額2万円以下でセキュアなIoT環境を簡単に構築、エッジサーバへの導入は10分
製造業のIoT導入での課題は、現場技術者がIT専門家でない点。これを解決するのがエッジサーバにIoTエージェントをインストールするだけでIoTを導入できる「TeamViewer IoT」だ。10分で作業完了、1台当たり年間2万円という低価格も魅力だ。(2021/5/14)

JRA×うまい棒の“ウマい棒ダービー”爆誕! ウマい棒530本と黄金のサーバーが800人に当たる
人気声優8人を起用した「ウマい棒ダービー」のスペシャルアニメも。(2021/5/10)

Eximに緊急の脆弱性、400万台のMTAサーバに影響
メール転送エージェントEximに21個の緊急の脆弱性が発見された。遠隔から制御権を乗っ取ることが可能とされている。該当するソフトウェアを使用している場合には可能な限り迅速にアップデートが望まれる。(2021/5/8)

Google Cloud FunctionsがPHPをサポート開始 サーバレスの関数が記述可能に
Google Cloud Platformにおけるサーバレスコンピューティング環境を提供するGoogle Cloud Functionsで、PHP言語のサポートがプレビューとして開始されることが発表された。(2021/4/28)

サイバートラスト、マルチドメイン証明書を提供へ 厳格な認証レベルに対応
サイバートラストは、SSL/TLSサーバ証明書「SureServer Prime」のマルチドメイン証明書を2021年5月27日に提供開始する。認証レベルに応じて、「SureServer Prime MD」と「SureServer EV Prime MD」の2種類を用意した。(2021/4/28)

400台近いEPYC搭載PowerEdgeサーバが稼働:
PR:旧筐体20ラックを2ラックに削減、GMOインターネットが語るサーバ管理コスト削減の秘訣
2021年4月13日、オンラインセミナー「知らなきゃ損する!? 新AMDサーバCPU『第3世代EPYC』徹底解説 〜中の人に聞く『コスパを最大化する秘訣』と、ここでしか言えないウラ話〜」が開催された。当日の模様をレポートする。サーバ管理コスト削減の秘訣をGMOインターネットの担当者が語った。(2021/5/6)

CTF問題から学ぶセキュリティ基礎知識(2):
CTF問題「C&Cサーバと社内PCのパケットキャプチャーから機密情報を見つけるには?」から学べる知識とは
情報セキュリティの技術を競うコンテスト「CTF」の問題から情報システムの仕組みやセキュリティを理解する連載。第2回は、「C&Cサーバに送信された機密情報を特定せよ」という問題について解説します。(2021/4/28)

持続的標的型攻撃はどのように実行されたか――CISAが対応した事例の分析レポートを公開
VPNアプライアンスの脆弱性を突き、リスクある「SolarWinds Orion」サーバに侵入してWebシェル「Supernova」を仕込む――。直近で実際に発生した実際の持続的標的型攻撃について、対応にあたったCISAがレポートをまとめた。どのように侵入され攻撃されたのかが簡潔にまとまっている。(2021/4/27)

「ファイル共有とファイルサーバ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/5/7)

健康管理アプリ「わたしムーヴ」終了でオムロンの一部体重計が使用不能に 理由は「初期設定時にサーバ接続が必須なため」
オムロンは自社サービスに対応する代替機種の割引販売で対応。(2021/4/22)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
1ソケット当たり最大64コア、事例で学ぶ第2世代AMD EPYC搭載サーバの実力
高いコストパフォーマンスや安定性、セキュリティ機能で注目される、高性能CPUである第2世代AMD EPYC。自社ホスティングサービスに同CPU搭載サーバを採用したKDDIウェブコミュニケーションズは、どんな効果を得たのか。(2021/4/28)

物理サーバと仮想サーバを比較する【後編】
「物理サーバ」と「仮想サーバ」のどちらを選べばよいのか?
仮想サーバでアプリケーションを動かすことは珍しくなくなった一方で、物理サーバでアプリケーションを動かすことが時代遅れになったわけではない。物理サーバと仮想サーバのどちらを選べばよいのか。(2021/4/15)

FBI、「Exchange Server」攻撃を受けた未対策サーバのWebシェル削除を“代行”
米司法省は、1月ごろから拡散している「Microsoft Exchange Server」の脆弱性を悪用する大規模な攻撃で悪意あるWebシェルを仕込まれ、自ら対処できていない米国内の数百のサーバからリモートでWebシェルを削除したと発表した。(2021/4/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。