ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

「Windows」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!Windows→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でWindows関連の質問をチェック

ITワード365:
【ITワード365】ブロックチェーン/DX/オープンデータ/データレイク/Arm/Windows 365/フェムテック
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語でけむに巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。(2022/5/19)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(210):
それは、Windows 11であり、Windows 10でもある――WSUSで見つかったWindowsの混乱とは?
2015年に“最後のWindows”として登場したWindows 10。しかし、6年後の2010年6月には“Windows 11”が発表され、10月に正式リリースとなりました。“最後の”とは何だったのか、うそだったのか……。この点はいろいろと議論があるところですが、少なくともWSUSは、ある視点で見れば、Windows 10とWindows 11を別製品としては区別していないようです。(2022/5/19)

「Microsoft Teams」がMicrosoft Storeで提供開始 Windows 11は組織向けアカウントが必要
米Microsoftのコラボレーションツール「Microsoft Teams」が、Microsoft Storeで公開された。Windows 11用とWindows 10用が用意される。(2022/5/18)

山市良のうぃんどうず日記(231):
SQL Server 2008/2008 R2、3年目のESU終了目前――オンプレミスでのESU購入はコストに見合うものでしたか?
Microsoftは2019年7月のSQL Server 2008/2008 R2の延長サポート終了に合わせ、サポート終了後も最大3年間の更新プログラムの提供を受けることができる「拡張セキュリティ更新プログラム(ESU)」を用意しました。SQL Server 2012/2012 R2も間もなく2022年7月に延長サポートが終了します。もし、オンプレミスのSQL ServerのためにESUを検討しているのなら、SQL ServerのESUとWindows ServerのESUの大きな違いについて知っておくべきです。(2022/5/18)

PR:仕事やゲーム、映像編集も万全! コスパ良好のデスクトップPC「mouse DT6-G [Windows 11]」を試す
ハイブリッドワークやおうち時間の増加でノートPCを手にした人が増えているが、やはりPCをさまざまな用途で快適に使いたいという場合は、デスクトップPCの方が同じコストを掛けても高性能なモデルが買える。今購入できる、お勧めの1台をピックアップした。(2022/5/18)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(124):
デスクトップアプリとしてのIEのサポートが終了、WSUSへの影響は?
Windows 10(Enterprise LTSCを除く)におけるデスクトップアプリとしての「Internet Explorer(IE)」のサポートが2022年6月15日に終了します。企業のIT利用環境、運用環境に与える影響について、調査と対策はお済みでしょうか。今回は、IEサポート終了の影響の一例として、WSUSの管理環境を取り上げます。(2022/5/17)

MicrosoftがWindows 11「Build 25115/22621」を公開 Dev/Betaチャネルが再び分離
米Microsoftは5月11日(現地時間)、「Windows 11 Insider Preview Build 25115」をDevチャネルで、「Build 22621」をBetaチャネルでそれぞれ公開した。(2022/5/16)

Tech TIPS:
【Windows 11】自動サインインができなくなった? いいえできます、でも[設定]アプリで設定が必要です
自宅で他人が触る余地のないPCや会社の会議室の共有PCなど、起動時にパスワードを入力することなく、自動的にWindows 11にサインインして利用できるようにしたい場合もあるだろう。そこで、Windows 11で自動サインインを設定する方法を紹介しよう。(2022/5/16)

「Windows 11」へのアップグレード可否をチェックする【第3回】
「Windows 11が使えない理由」を教えてくれる「WhyNotWin11」とは?
「Windows 11」へのアップグレード可否を判断する手段は「PC正常性チェック」だけではない。PC正常性チェックが正常に動作しない場合でも利用できるのが「WhyNotWin11」だ。その特徴を簡潔に紹介する。(2022/5/15)

Tech TIPS:
【Windows 11】SSD、仮想ディスク時代の「ドライブの最適化」ツール活用法
ストレージとして「ハードディスク」ではなく、「SSD」を搭載するようになった現在、ファイルを連続した領域に並べ直す「デフラグ」はあまり意味がなくなってきている。では、Windows 11の「ドライブの最適化」ツールは意味のないものなのだろうか。「ドライブの最適化」ツールの意味と使い方、注意点を紹介しよう。(2022/5/13)

Windowsフロントライン:
意外な落とし穴があるかも SMB1廃止のメリットとデメリットを考える
Windows Insider ProgramのDev ChannelとBeta Channelに対しWindows 11 Insider Previewに「Build 22610」が公開され、SMB1が完全に無効化された。そのメリットとデメリットを考える。(2022/5/12)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(170):
バグ修正が主なマイナーアップデート「Windows Admin Center 2110.2」がリリース、前バージョンのサポート切れに要注意
Microsoftは2022年4月27日(米国時間)、「Windows Admin Center(WAC)」の最新GAバージョン「WAC 2110.2」をリリースしました。今回のGAリリースはバグ修正が中心であり、新機能はごくわずかですが、WAC 2110のサポートは30日後に終了するため、利用中の場合は早めに更新してください。(2022/5/12)

「Windows XPの壁紙」に似すぎな奈良・若草山の風景が話題 あの起動音が聞こえてきそう……
いっそ若草山をWindows 11の壁紙に使おう。(2022/5/12)

「Docker Desktop for Linux」登場 WindowsやMac版と同じ機能や操作を提供、Raspberry Pi OSにも対応
米Docker社がLinux版のDocker Desktop「Docker Desktop for Linux」を発表。WindowsやMacと同じDocker Desktopの機能や操作をLinux環境でも使えるという。数週間以内に64ビット版のRaspberry Pi OSにも対応する予定。(2022/5/11)

さよならIE:
待ったなし! Internet Explorer(IE)完全終了に備える【まとめ】
2022年6月、長らくWindows OSに標準装備されてきたInternet Explorer(IE)のサポートがほぼ終了する。事前に何をすべきなのか? その後はいつ何が起こるのか? どのように対策すればいいのか? トラブルが生じたら? IE終了に関する数々の疑問に答える記事やドキュメント、ブログを紹介する。(2022/5/11)

「Microsoft Remote Procedure Call」に脆弱性
Windowsに見つかった「RPC」の危ない脆弱性 パッチ未適用PCは全滅か?
「Windows」の重要なネットワークコンポーネントである「RPC」に脆弱性が見つかった。急速な被害拡大の可能性があると専門家は警鐘を鳴らす。何が危険なのか。実害を防ぐにはどうすればいいのか。(2022/5/11)

物理PCと融合し始めた「Windows 365」【後編】
「Windows 365」のクラウドPCを物理PCっぽくする4大機能とは?
「Windows 365」のクラウドPCに、物理PCと同様の使い勝手をもたらすために、Microsoftは機能拡充を進めている。どのような機能があるのか。主要な4つの機能の特徴を説明する。(2022/5/11)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(209):
実行するとキューに入るWindowsタスクの謎を解け
先日、Windowsに最初から登録されている、あるシステムタスク(タスクスケジューラのタスク)の状態を確認して、準備完了状態になっている場合は即時実行するようなPowerShellスクリプトを作成しました。しかし、このスクリプトを実行しても、タスクは期待通りに「実行中」にはならず、「キューに挿入済み」になってしまうのです。今回は、その原因と対策などを解説します。(2022/5/11)

オランダのカリキュラム改革で判明
IT企業が求めていた「Linux/Windowsではない」意外なITスキルとは?
オランダの中等教育プロバイダーが、新カリキュラム開発の一環としてITスキルの需要を調査した。するとIT企業が求めているのはLinuxやWindowsのスキルではなかった。生徒に何を教えるべきなのか?(2022/5/10)

Tech TIPS:
やっとまともに!? Windows 11のマルチディスプレイ機能再整理
プレゼンテーションの際などに外部ディスプレイにPCを接続して、マルチディスプレイ環境を構築することもあるだろう。このような場合、設定方法を理解していないと、接続した外部ディスプレイに画面が表示されなかったり、思った通りの解像度で表示されなかったりする。そこで、Windows 11でマルチディスプレイを設定する方法を解説する。(2022/5/9)

「Windows 11」へのアップグレード可否をチェックする【第2回】
「Windows 11は使えるか、使えないか」が分かる「PC正常性チェック」の使い方
利用中のPCが「Windows 11」のシステム要件を満たしているのかどうかを確認するための手段として、Microsoftが提供している「PC正常性チェック」がある。その使い方を解説しよう。(2022/5/8)

Apple、Google、Microsoftがパスワードなしサインイン標準サポート拡大
Apple、Google、Microsoftは「世界パスワードデー」にFIDOとW3Cが作成した標準を採用し、端末やプラットフォームを超えたパスワードなしサインインを実現すると発表した。「近い将来、iPhoneやAndroid端末を使ってWindowsアカウントにログインできるようになる」とMicrosoft。(2022/5/6)

物理PCとの融合目指す「Windows 365」【前編】
Windows 11を人気OSにする“奥の手”が「Windows 365」だった?
Microsoftは「Windows 365」を物理PCのように利用可能にするための機能を充実させている。これらの機能が「Windows 11」の普及を後押しする可能性があるとの声がある。その理由とは。(2022/5/6)

Computer Weeklyリバイバル
MacとLinuxが「Windows 11」の代替案になり得ない理由
過去のComputer Weeklyから人気があったものを改めて紹介します。(2022/5/3)

天空、Celeron N5105搭載ファンレスミニPC「TENKU BOX PC PRO 2022」を発売
天空は、オリジナルPC「TENKU」シリーズの新商品として、Windows 11 Proを搭載した小型BOX PC「TENKU BOX PC PRO 2022」を発売した。GPDダイレクトの価格は4万4550円から(税込み)(2022/5/2)

Windowsフロントライン:
Windows 11のシェア停滞とWindows 10のサポート終了期間を考える
AdDuplexによるはWindows 10/11のバージョン別シェア報告によると、Windows 11への移行が足踏み状態になっているのが分かる。この動向から見えることをまとめた。(2022/5/2)

「Windows 11」へのアップグレード可否をチェックする【第1回】
「Windows 11を昔のPCで使ってみた」を難しくする“ハード要件”の中身
全てのPCで「Windows 11」へのアップグレードが可能なわけではない。Microsoftが公開しているシステム要件を確認すると、特にハードウェアに関する要件が、古いPCでのアップグレードの障壁になる可能性がある。(2022/5/1)

NECパーソナルコンピュータ、GIGAスクール向けChromebookリコールは112万8040台
ネジの混入によりバッテリーが破損し、発煙の事案があったとして、ChromebookとWindows端末124万台をリコールしたが、そのうちGIGAスクール向けのChromebookリコールは112万8040台。(2022/4/28)

「Windows 11」「Windows 365」の新機能はビジネスにどういうメリットをもたらす? 日本マイクロソフトが説明
日本マイクロソフトが法人ユーザーを対象に「Windows 11」「Windows 365」の新機能を紹介するイベントを開催した。Windows 11に搭載される(予定)の新機能は、ビジネスにどのようなメリットをもたらすのだろうか。(2022/4/28)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(169):
ライセンスコスト削減に貢献するか? Azure Stack HCIゲスト用のWindows Serverサブスクリプションアドオンの一般提供開始
Microsoftは2022年4月21日(米国時間)、4月1日からAzure Stack HCI向けの「Windows Serverサブスクリプション」が購入可能になったことを発表しました。Windows Serverサブスクリプションを利用すると、場合によっては、物理サーバにWindows Server 2022 Datacenter Editionのコアライセンスを購入して割り当てるよりも、コストを削減できる可能性があります。(2022/4/28)

「Windows 365」の機能と使い方【中編】
「Windows 365 Cloud PC」の使い方とメリットは?
MicrosoftのDaaS「Windows 365 Cloud PC」は、エンドユーザーが簡単に利用できることが特徴だ。使い方と用途を説明する。(2022/4/28)

Dynabook、企業PCのWindows 11移行をサポートする「PCリプレース支援サービス」 スタッフが訪問して作業を代行
Dynabookは、企業が現在使用しているPCのユーザーデータを新しいPCに移行する代行サービス「PCリプレース支援サービス」を発表した。(2022/4/27)

Microsoftが2022年4月のプレビュー更新プログラムを提供開始
米Microsoftが、Windows 10/11向けに2022年4月分のプレビュー更新プログラムの提供を始めた。(2022/4/27)

山市良のうぃんどうず日記(230):
Windows 11へのアップグレードの機会に、PCをリフレッシュしてみない?[後編]要件に満たないPCはどうなる?
前回は人から譲り受けたWindows 10 PCを再利用するためにきれいな状態にリフレッシュしました。直接Windows 11を新規インストールしなかったのは、無料アップグレードのためでもありますし、メーカー提供のユーティリティーやドライバのためでもあります。(2022/4/27)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(123):
Windows 11対応PCなら確実に使える高度なセキュリティ機能とは
ご存じのように、Windows 11のシステム要件はWindows 10と比べて大幅に条件が増えました。その理由の大きな部分を占めているのが、サイバー脅威からユーザーやデバイスを保護するさまざまなセキュリティ機能を標準で利用できるようにすることです。(2022/4/26)

Windows 11 Pro搭載で実売6万円切りのお手軽ノートPC「THIRDWAVE VF-AD5」を試す
サードウェーブから発売された「THIRDWAVE VF-AD5」は、税込み5万6980円を実現した低価格な15.6型ノートPCだ。どこにこだわり、何を割り切ったのか、実機をチェックした。(2022/4/25)

Tech TIPS:
【Windows 11不具合】Windowsセキュリティが開かない場合の対処方法
Windows 11にアップグレードしたら、Windowsセキュリティ(セキュリティダッシュボード)が開かなくなる、という不具合が発生している。そのため、Windowsセキュリティの設定や手動によるウイルスチェックが行えない。そこで、Windowsセキュリティを開けるように再インストールする方法を紹介しよう。(2022/4/25)

「Windows 10」ドライブ障害の対処法【第4回】
Windows 10が起動しないPCで「chkdsk」を実行する方法と、chkdskの代替ツール
正常に起動しない「Windows 10」で、ドライブ修復機能「chkdsk」を実行するにはどうすればよいのか。chkdskの代替ツールには、どのようなものがあるのか。こうした疑問を解消する。(2022/4/24)

「Windows 365」の機能と使い方【前編】
「Windows 365 Cloud PC」と「Azure Virtual Desktop」の違いとは
MicrosoftのDaaS「Windows 365 Cloud PC」には、従来の仮想デスクトップ製品・サービスと同様の機能もあれば、特筆すべき違いもある。「Azure Virtual Desktop」(AVD)との違いを説明する。(2022/4/23)

ゲームにさらなる“没入感”を Razerがサブウーファー付きサウンドバー「Leviathan V2」を5月20日発売 約3.7万円
Razerのサウンドバー「Razer Leviathan(リヴァイアサン)」に第2世代が登場する。Windows 10/11 PCと接続した場合は空間サラウンド機能も利用可能で、先代と同様にBluetoothを介してスマホとの接続にも対応する。(2022/4/22)

「Windows 365」の機能と使い方【後編】
「Windows 365 Cloud PC」があれば会社のPCで私用ソフトを安全に使える?
MicrosoftのDaaS「Windows 365 Cloud PC」を利用することで、組織は業務用デバイスの利便性を向上させつつ、セキュリティを強化することが可能だという。それはどういうことなのか。(2022/5/6)

中小企業の情シスを“ゼロタッチ”で救う デルがソリューションを提供
デル・テクノロジーズが、中小企業向けのPCデプロイメントサービスの提供を開始した。同社の即納PCにWindows Autopilotを適用することで情シスのセットアップの手間を省けるようにした他、情シスの業務の一部を代行するサービスも合わせて提供する。(2022/4/21)

チップからクラウドに至るまで保護機能を提供:
Microsoft、ゼロトラストの原則に基づいたWindows 11の新しいセキュリティ機能を紹介
Microsoftは、Windows 11の今後のリリースでは大規模なセキュリティ更新によって、チップからクラウドに至るまで保護機能を提供することを明らかにした。(2022/4/21)

バッファロー、法人向けNAS「TeraStation WSS」にWindows Server IoT 2022 for Storage搭載の新モデル
バッファローは、同社製の法人向けNAS「TeraStation WSS」シリーズにNAS向け最新OS導入モデル6シリーズを追加した。(2022/4/20)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「Windows 11への移行」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/4/20)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(208):
なんでそーなるの? Windows 11で見つけた愉快な日本語たち
前回はWindows 11に標準で組み込まれている「Microsoft Defender Antivirus」の「オフラインスキャン」が役に立たないかもしれないという問題を取り上げました。今回は、日本語版Windows 11でちょくちょく目にする「変な日本語訳」を取り上げます。(2022/4/20)

Windows 10 21H2に新プレビュー版登場 OSの起動が大きく遅れる問題などを修正
米Microsoftは、Windows 10 21H2の新版「Build 19044.1679」の配布をRelease Previewチャネル向けに開始した。(2022/4/19)

PCとクラウドの垣根を取り払う:
Microsoft、ハイブリッドワークをサポートする「Windows 11」と「Windows 365」の新機能を紹介
Microsoftは、管理、セキュリティ、生産性、コラボレーションの分野で企業顧客に提供する「Windows 11」と「Windows 365」の新機能を紹介した。企業でハイブリッドワークへの移行が進んでいることを受け、ハイブリッドワークを最適化するツールや技術の提供を目指す。(2022/4/18)

Tech TIPS:
【Windows 11】実はいらないファイルがザックザク!? たまにはディスククリーンアップで大掃除
ディスクの空き容量が少なくなってしまった場合、キャッシュや一時ファイルなどを削除することで空き容量を増やすことができる。ただ、いちいちフォルダやファイルを探して削除していくのは面倒だ。こんな場合、ディスクのクリーンアップを利用するとよい。その方法を紹介しよう。(2022/4/18)

「Windows 10」ドライブ障害の対処法【第3回】
無料機能「chkdsk」のHDDチェックが速くなる主要パラメーター一覧
「Windows 10」ユーザーであれば無料で使えるドライブ修復機能「chkdsk」。その処理内容を指定するパラメーターを覚えておくと、chkdskをより快適に利用できる。主要なパラメーターを整理しよう。(2022/4/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。