ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

「Windows」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!Windows→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でWindows関連の質問をチェック

Tech TIPS:
【Windows 10トラブル対策】完全に消えてしまったマウスポインターを復活させる
突然、デスクトップからマウスポインターやマウスカーソルが消えてしまった、という経験はないだろうか。また、ディスプレイを変えたら、マウスポインターが小さくて見えにくくなってしまったという人もいるだろう。このようなマウスポインターに関するトラブルを解決する方法を紹介しよう。(2020/7/3)

ロジテック、Windows 10 IoTを搭載した据付け利用向けタッチPC
ロジテックINAソリューションズは、OSとしてWindows 10 IoTを導入した業務向けタッチPC「LT-HA10」を発売する。(2020/7/2)

Windowsコーデックライブラリに深刻な脆弱性、Microsoft Store経由で定例外の更新プログラム配信
悪用された場合、細工を施した画像ファイルをプログラムで処理させることによって、攻撃者に情報を入手されたり、任意のコードを実行されたりする恐れがある。(2020/7/2)

Tech TIPS:
一筋縄でいかないGmailの「ダークモード」環境別設定法
PCやスマートフォンを「ダークモード」に設定しているのに、Gmailは「ダーク」にならない……。 それは環境依存の問題かも? Windows/Mac/iPhone/Androidでの設定手順や注意点をそれぞれ説明する。(2020/7/1)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(163):
Windows 10 HomeはDocker Desktop for Windowsの夢がかなう
Windows 10 May 2020 Update(バージョン2004)がリリースされ、Windows Subsystem for Linux(WSL)において、従来のWSL 1に加えて、次世代のWSL 2が正式にサポートされました。WSL 2はHomeエディションでも利用可能であり、これにより2020年5月にリリースされた安定版(Stable)のDocker Desktop for Windows 2.3.0.2からはWindows 10 Homeでも利用できるようになりました。(2020/7/1)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「Apple Silicon」はMacをどう変えるのか Windowsから離れiPhone・iPad互換が強みに
「Apple Silicon」によってMacが、そしてAppleが「得る価値」と「失う価値」は何か。WWDC20の発表と技術セッションの内容から、年末には登場するというApple Siliconとそれを搭載するMacについて考える。(2020/6/30)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(77):
Windows 10 バージョン2004の隠れた新機能、クライアントOSでもシリアルコンソール(SAC)が利用可能に
Windows Serverには「緊急管理サービス(EMS)」という帯域外(アウトオブバンド)管理機能が標準搭載されており、オプションで有効化できます。これまで、この機能はクライアントOSには提供されてきませんでしたが、Windows 10 May 2020 Update(バージョン2004)で新たにサポートされました。(2020/6/30)

テック、Windows Hello対応のUSBポート直挿し型指紋認証センサー
テックは、USBポートに直接挿して利用できる指紋認証センサー「TE-FPA2」を発表した。(2020/6/29)

Windows 10 The Latest:
【Windows Terminal完全マスター】プロファイルをカスタマイズして使いやすくしよう
Windows Terminalの正式版がリリースされたが、設定はプロファイルを編集する必要があるなど、少々ハードルの高いものとなっている。ただ、ルールが分かればそれほど難しいものでもない。そこで、基本的なプロファイルの設定方法を紹介しよう。(2020/6/26)

「業務PCのWindows 10移行」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名様にコンパクトコンバーチブルPC HP Elite Dragonfly、10名様にAmazonギフト券5000円分をプレゼント。(2020/6/26)

PR:中身を一新してより快適に! Windows Server IoT 2019搭載NAS「LAN DISK Z」ハイエンドモデルを試す
 アイ・オー・データ機器のWindows Server搭載の法人向けのNAS「LAN DISK Z(HDL-Z)シリーズ」は、さまざまな規模や用途に対応できる豊富なラインアップが特徴だ。そのハイエンドモデルに「Windows Server IoT 2019」を搭載する新モデルが登場したことを受け、第1弾の4ベイモデルをチェックする。(2020/6/24)

Tech TIPS:
【リモートワーク自由自在】Windowsの標準機能でオンライン会議を録画する
ビデオ会議をしていると、会議や商談の内容を記録しておきたいことがないだろうか。議事録を作成したり、後から契約書と説明の矛盾点などを確認したりする際に便利だ。ただ、ビデオ会議システムは、サービスによって録画の手順が異なっているなど、意外と面倒だ。常に同じ手順で録画が可能なWindows 10の「ゲームバー」機能を使うとよい。(2020/6/25)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(65):
まだ移行していない人も、もう使っている人も、Windows 10をもっと理解し、効率的に活用するために――企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内
人気連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第65弾は、Windows 10への移行を本格的に進めようとしている、あるいは既に導入済みだがもっと効率的に活用したい企業/IT管理者に向けた『企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内』です。(2020/6/24)

山市良のうぃんどうず日記(182):
最近のWindows 10/Windows Serverの「累積更新」は差分ダウンロードではなくなったらしい
Windows 10のWindows Updateによる累積更新プログラムのインストールは「高速インストール」機能により、既に更新済みの内容との差分のみがダウンロードされてインストールされると理解している人は、筆者を含めて多いと思います。筆者も最近知ることになったのですが、どうやらWindows 10 バージョン1809およびWindows Server 2019から仕組みが大きく変わったようなのです。(2020/6/24)

モバイルdeワークスタイル変革:
WindowsはもちろんMacでも! スマホカメラを「Webカメラ」にしてみよう
PCにWebカメラがなかったり、あったとしても画質や画角がいまいちだったりすることはあると思います。そんな時、手持ちのスマートフォンをPCのWeb代わりに使うためのソリューションが役立ちます。この記事では、有名な2種類のソリューションをご紹介します。(2020/6/23)

Linuxカーネルの自動更新も:
Microsoft、Windows 10 Insiderビルドの「WSL」でGPUコンピューティングをサポート
Microsoftは新たにリリースした「Windows 10 Insider Preview Build 20150」において、「Windows Subsystem for Linux」(WSL)に3つの改良を加えた。(2020/6/23)

山市良のうぃんどうず日記(181:緊急特別編):
緊急! Windows 10 May 2020 Updateのアップグレードにちょっと待った!
Windows 10 May 2020 Update(バージョン2004)は、未解決の既知の問題を多数抱えたまま一般向けにリリースされました。2020年6月18日(米国時間)に新たに公開されたサポート情報は、対応を間違えるとユーザーデータを失うことになる重大な問題を伝えるものでした。アップグレードを開始する前に、使用中のPCが既知の問題の影響を受けないこと、既知の問題が許容できるものであることを確認することを強くお勧めします。(2020/6/23)

Tech TIPS:
そのChromeの拡張機能、Microsoft Edgeでも使えます
Chromiumベースの新しいMicrosoft EdgeのWindows Updateによる配信が開始された。このChromium版Edgeでは、Google Chromeで提供されている拡張機能も利用可能だ。その方法を解説する。(2020/6/22)

「Windows 95」を機に開発:
ハンコの老舗企業「シヤチハタ」はなぜ、20年以上も前から電子決裁サービスを提供し続けているのか
テレワークで注目が集まる契約や決裁業務の電子化。これをいち早く始めていたのが、ハンコの老舗企業であるシヤチハタだ。同社はWindows 95の発売を受け、電子化の未来を予見し、20年以上前から電子決裁サービスを提供している。3月には期間限定でのサービス無料提供を発表し、話題になった。(2020/6/22)

企業向けChromebookでWindowsアプリが動作可能に GoogleがParallelsと提携
米ParallelsがGoogleとの提携を発表、Chrome EnterpriseデバイスでWindowsアプリケーションが利用可能になる。(2020/6/18)

アイ・オー、10GbE接続対応のWindows Server IoT搭載法人向けNAS
アイ・オー・データ機器は、法人/企業向けのWindows Server IoT搭載4ベイNAS「HDL4-Z19SI3A」シリーズを発売する。(2020/6/18)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(162):
Windows 10 バージョン2004から消えた(?)自動ログオン構成オプションあり/なしの怪
筆者は利用していませんが、電源をオンにしたらデスクトップが表示されるまで起動するように自動ログオンを構成し、利用しているユーザーは少なからずいるようです。最新の「Windows 10 May 2020 Update(バージョン2004、ビルド19041.x)」になって、“その構成オプションが見当たらない”“私のPCにはあるけど”といった声をちらほら聞くことがありました。これには“パスワードのない世界”を目指すMicrosoftの思惑が関係しているようです。(2020/6/17)

早くもWindows 10が対応:
ハードウェアでマルウェアに対抗する新技術Intel CET、次世代CPU「Tiger Lake」に搭載
CPUレベルでマルウェアに対抗する新技術「Intel CET」を、モバイル向けの次世代CPU「Tiger Lake」に搭載。Microsoftもこれに対応したWindows 10の新しいセキュリティ機能「Hardware-enforced Stack Protection」のプレビューを開始した。(2020/6/16)

Withコロナ:
アフターコロナで不可欠となる“Teams”や“WVD”の活用事例、日本マイクロソフト
新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、米マイクロソフトが提供するコラボレーションプラットフォーム「Microsoft Teams」とDaaS(Desktop as a Service)「Windows Virtual Desktop(WVD)」の利用が世界各国で拡大していることを受け、日本マイクロソフトはアフターコロナの働き方改革に有効なツールとして普及を推進している。(2020/6/16)

Tech TIPS:
便利だった、Windows + Xメニューの「コントロールパネル」項目を復活させる
[Windows]+[X]キーで表示されるメニューには、さまざまな機能を呼び出すショートカットが登録されている。以前、ここからコントロールパネルを呼び出すことも可能だったが、機能アップデートにより無効化されてしまった。そこで、このメニューからコントロールパネルを開けるようにする方法を紹介しよう。(2020/6/15)

IoTセキュリティ:
組み込み機器向けセキュリティアプリケーションの最新版3.0を提供開始
カスペルスキーは、Windowsベースの組み込み機器向けセキュリティアプリケーション「Kaspersky Embedded Systems Security」の最新版3.0(英語版)の提供を開始した。ネットワーク攻撃防御機能などが新たに搭載されている。(2020/6/12)

脆弱性対策・管理入門(3):
依然として高シェアだがサポート終了のWindows 7、脆弱性対策はどうあるべきか
脆弱性対策の重要性を基本から説明し、脆弱性スキャナー/管理システムの有効性を説く連載。今回は、Windows 7サポート終了における脆弱性対策について。(2020/6/11)

山市良のうぃんどうず日記(180):
失敗するWindows 10の「システムイメージの作成」をwbadminツールで代替する
Windows 10は、Windows Vista/Windows Server 2008と共通の技術を用いたイメージベースのバックアップと復元機能(「Complete PC Backup」とも呼びます)を搭載しています。この機能は既に開発終了扱いとなり、推奨されなくなっているため、問題が起きても迅速な対応は期待できないかもしれません。万が一のためのバックアップが、万が一動かなかったときに備え、コマンドライン版の「wbadmin」ツールの存在を頭の片隅にでもとどめておきましょう。筆者は何度かこれに救われました。(2020/6/10)

Windowsファイルやプリンタ共有の脆弱性突くコンセプト実証コード公開、米セキュリティ機関が注意喚起
Microsoftが2020年3月に公開したセキュリティ更新プログラムを適用していないシステムが狙われている。(2020/6/9)

コマンドラインツールと一連のサービスで構成:
Microsoft、オープンソースのパッケージマネジャー「Windows Package Manager」のプレビュー版を公開
Microsoftは、コマンドラインからアプリを素早く簡単に見つけてインストールできるオープンソースツール「Windows Package Manager」のプレビュー版を公開した。(2020/6/9)

FAニュース:
計測制御や通信のドライバ3種を統合、デバイス差を吸収した開発が可能に
コンテックは、計測制御、通信デバイスドライバ「APT-TOOL for Windows」のアナログ入出力、デジタル入出力、カウンタをバージョンアップし、統合した。拡張バスからリモートI/Oまで、デバイスに依存しないプログラム開発が可能になる。(2020/6/9)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(112):
Docker Enterprise 3.1が提供開始――Mirantisに買収後、初のメジャーリリース
Mirantisは2020年5月28日(米国時間)、LinuxおよびWindows Serverに対応した最新の「Docker Enterprise 3.1」をリリースしました。Docker Enterprise(旧称、Docker Enterprise Edition、Docker EE)はWindows Server 2016で初めてWindows Serverに対応しましたが、このバージョンからはWindows Server 2016はサポート対象外となります。(2020/6/9)

「Windows 10」更新プログラム再入門【前編】
「Windows 10」の2大更新プログラムとは? 過去のWindowsとの違いは
従来の「Windows」からアップグレードの考え方が大きく変わった「Windows 10」。その中核要素が「更新プログラム」だ。代表的な2種類の更新プログラムと、更新プログラムがもたらすメリットとは。(2020/6/6)

Windows 10 The Latest:
【PowerToys最新版が登場】キーの再マッピングツールなどWindows 10をさらに便利に
Microsoftがオープンソースで開発しているユーティリティーソフトウェア「PowerToys」。v0.18.1では、7つのツールが収録されている。開発が進むこの便利なツール群の現状について解説する。(2020/6/5)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(111):
Windows 10 May 2020 UpdateとWindows Server, version 2004の一般提供が開始
2020年5月27日(米国時間)、半期チャネル(SAC)のWindows 10とWindows Serverの最新バージョン「2004」がリリースされました。2020年5月末までにAzure Marketplaceでもこれらのバージョンの仮想マシンイメージが利用可能になりました。(2020/6/5)

ジェネシス、Windows 10 Proを導入したAtom搭載の着脱式2in1タブレット
ジェネシスホールディングスは、着脱式キーボードを付属した10.1型2in1タブレットPC「JTW10-4G32G-K」を発売する。(2020/6/4)

特選プレミアムコンテンツガイド
「Windows 10」が突然フリーズした場合の簡単な対処法
「Windows 10」が突然動作を停止しても、慌てる必要はない。簡単な操作で問題を解決できることがあるからだ。Windows 10関連のトラブルが発生したときに原因を特定する方法と、簡単な解決方法を紹介する。(2020/6/4)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(161):
Windows 10 バージョン2004の中に見つけた、懐かしの「Server 2003」
Windows 10の最新バージョンは、Microsoftの過去のサーバ製品との識別混乱を避けるために、当初予定されていた「バージョン2003」ではなく、「バージョン2004」として提供されます。詳細なリリース時期やバージョンについて秘密主義的なMicrosoftに対して、外部の識者の中にはHyper-VのPowerShellコマンドレットを使用して予測する人がいるのですが、そのコマンドレットの出力結果は当てにならないこともあります。(2020/6/3)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(75):
Chromium版「Microsoft Edge」への移行に備えよう(その3)――グループポリシーによる自動配布
本連載第66回、第67回では、Chromiumベースの新しい「Microsoft Edge」を企業内クライアントに展開するためには、「Microsoft Endpoint Configuration Manager Current Branch」、または「Microsoft Intune」、もしくは「その他のソフトウェア配布ツール」が必要と説明しました。本稿では、Windows ServerおよびWindowsの標準機能だけでChromiumベースの新しいMicrosoft Edgeを企業内クライアントに自動配布する方法について解説します。(2020/6/2)

アイ・オー、Windows Server IoT搭載モデルなど法人向けNAS計18型番を値下げ
アイ・オー・データ機器は、Windows Storage Serve/Windows Server IoT搭載の法人向けNAS計5機種18モデルの価格改定を発表した。(2020/6/1)

Tech TIPS:
【Windows 10トラブル対策】ファンが突然うなりを上げた! 重い原因アプリを特定する
Windows 10を使っていると、突然、マウスのレスポンスが悪くなったり、アプリが止まってしまったようになったりすることがある。これは、特定のアプリなどによってCPUの負荷が高まったり、ディスクやネットワークが専有されたりしたからだ。どのアプリが負荷の大きな作業をしているのかをタスクマネージャーを使って調べる方法を紹介する。(2020/6/1)

Windowsの「応答していません」を再現…… 絶望感のあるクリアファイル「フリーズファイル」販売開始
「重要書類の保管にどうぞ」。(2020/5/31)

短期集中連載「プログラミング教育とGIGAスクール構想」 第2回:
Windowsが圧倒的? 課題はネットワーク? ICT教育の現状と課題、先端事例
2020年度は小学校、2021年度は中学校で新しい「学習指導要領」が完全実施される。教育へのICT(情報通信技術)の活用がより進むことになるが、実際の教育現場はどうなっているのだろうか。その先進的事例を紹介しつつ、学習用端末、通信ネットワーク、デジタル教材やサービスにまつわる現状と課題を見ていく。(2020/5/29)

即時適用する方法もあり:
「Windows 10 バージョン2004(May 2020 Update)」製品版が登場 まずは「オプション更新」として順次配信
Windows 10の最新バージョン「2004(May 2020 Update)」が、ついに一般ユーザー向けに配信され始めた。まずは、バージョン1903/1909ユーザー向けの「オプション(手動)更新」として登場するが、表示されるまで数週間かかる場合もある。【更新】(2020/5/28)

「Windows 10 May 2020 Update」(バージョン2004)一般提供開始
Microsoftが「Windows 10」の春の大型アップデート「May 2020 Update」(コードネーム「20H1」、正式バージョン「2004」)の提供を開始した。ロールアウト方式のため、全対象ユーザーに行き渡るには数週間かかる見込み。(2020/5/28)

Windows 10 The Latest:
ついに完成「Windows Terminal」の機能と使い方まとめ
Microsoftがオープンソースで開発を進めていた新しいターミナルアプリ「Windows Terminal」がついにVer.1.0となり正式リリースとなった。このWindows Terminalの主な機能と使い方をまとめてみた。(2020/5/28)

山市良のうぃんどうず日記(179):
Windows 10のWindows Updateが再起動待ちになったら自動シャットダウンするスクリプト
前回は、特定のプロセスを監視して、終了後にシャットダウンするPowerShellスクリプトを紹介しました。今回もその応用で、Windows 10のWindows Updateが再起動待ちになったら自動的にシャットダウンを開始するスクリプトを紹介します。(2020/5/27)

横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(21):
コロナ以降の「Windows 10」運用、変わるポイントは? MSの対応から考察しよう
テレワークの拡大で、企業の働き方と一緒に「Windows 10」運用の在り方も変化を求められています。企業が身動きの取れない状況を経験し、サイバー攻撃や“運用ストップ”のリスクを学んだ今、新しい日常に踏み出すユーザー企業が知っておくべき運用の「ニューノーマル」とは何でしょうか。(2020/5/27)

Dell Technologies スモールビジネス事業統括本部提供eBook
あらためて考える「Windows 7」と「Windows 10」の違い 移行時の注意点は?
幅広いユーザーの支持を得た「Windows 7」と、さまざまな最新機能を搭載する「Windows 10」。両OSを分けるポイントはどこにあるのか。Windows 10に移行する場合に注意すべき点は何か。(2020/5/26)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(109):
Azure Cloud Shellにも接続できる「Windows Terminal」の正式版がリリース
Microsoftは2020年5月19日(米国時間)、デジタルイベントとして開催された「Microsoft Build 2020」において、「Windows Terminal 1.0」のリリースを発表しました。(2020/5/25)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。