ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

「Windows」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!Windows→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でWindows関連の質問をチェック

関連キーワード

Astropad、iPadをWindows PCのサブディスプレイにできる「Luna Display 5.0」を発表
AppleのSidecar機能により、その存在を脅かされたLuna Displayの次の一手はWindows対応だ。(2021/10/14)

Tech TIPS:
【Windows 11】インストールUSBメモリを「メディア作成ツール」で作る
何のOSもインストールされていないPCにWindows 11をインストールするなら、ブート可能なインストール用USBメモリを使うのが便利だ。Microsoftが無償提供している「メディア作成ツール」によるUSBメモリの作成とそこからのブート、インストールまでの手順を解説する。(2021/10/14)

Tech TIPS:
【Microsoft公式情報+α】互換性チェックを回避してWindows 11にアップグレードする方法
Windows 10からWindows 11へ無償アップグレードするには、プロセッサやTPMのサポートなどの条件を満たす必要がある。そのため、十分な性能がありながらも要件を満たさない場合がある。そうしたPCに対して、レジストリキーを編集することでアップグレード可能にする方法をMicrosoftが公開した。その手順を紹介しよう。(2021/10/13)

「Windows 11」と「Windows 10」の10個の違い【中編】
Androidのヘビーユーザーは脱「Windows 10」からの「Windows 11」移行を熱望?
Microsoftの新OS「Windows 11」は、「Android」アプリケーションの実行や画面の簡単整理機能「スナップレイアウト」を新たに搭載する。これらの機能はどのようなユーザーが好む機能になりそうか。(2021/10/13)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(195):
Azure Stack HCIに含まれないもの、それはゲストOSのライセンス
「Azure Stack HCI」は、Azureのサービスとして提供される、仮想化およびコンテナに特化したオンプレミス向けのハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)です。CPUの使用コア数に対する月額固定料金で利用できることや、「Windows Admin Center(WAC)」を使用して簡単にセットアップおよび管理できること、Azureの各種サービスとの連携が簡単なことなどが特徴ですが、お伝えしておかなければならない大事なことが幾つかあります。(2021/10/13)

Windows 11がうまく動かない 「Windows 10」に戻すにはどうすればいい?
Windows 11のリリースから1週間が経過した。うまく動かないなどの理由により、Windows 10に戻したいときはどうすればいいのだろうか? 主な方法を紹介する。(2021/10/12)

デル、ビジネス向けの第10世代Core採用エントリーデスクトップ Windows 11も選択可
デル・テクノロジーズは、ビジネス向けPC「OptiPlex」に第10世代Coreプロセッサを採用したエントリークラスモデルを追加した。(2021/10/12)

「Azure Virtual Desktop」でWindows 11が利用可能に Windows 365 Cloud PCに続き
米Microsoftが、「Microsoft Azure」で仮想デスクトップ環境を提供している「Azure Virtual Desktop」について、Windows 11に対応したことを発表した。(2021/10/12)

Windows 11 Trends:
Windows 11登場! 11で変わること、思ったほど変わらないこと
新しいWindows OS「Windows 11」の正式出荷が2021年10月5日に開始された。Windows 10からの無償アップグレードが可能であるため、どのような新機能が実装されたのか気になる人も多いのではないだろうか。そこで、本稿ではWindows 11の新機能、削除された機能などを簡単にまとめてみた。(2021/10/11)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(110):
Windows 11一般提供開始、企業での導入/展開時に注意すべきポイントは?
MicrosoftはWindowsデスクトップOSの最新バージョンである「Windows 11」を正式にリリースし、Windows 11対応ハードウェアを搭載したWindows 10デバイスに対して、無料アップグレードの段階的なロールアウトを開始しました。(2021/10/12)

「Windows」と「Mac」、業務用にどちらを選ぶか【第5回】
「Windows」PCにがっかりする6つの理由
「Windows」搭載PCは紛れもなく業務用クライアントデバイスの代表格だ。ただしそのことは、Windows搭載PCが完全無欠であることの証明にはならない。企業がWindows搭載PCを導入、運用する上での課題を整理する。(2021/10/10)

古田雄介の週末アキバ速報:
Windows 11リリースの影響は「今のところそよ風」
Windows 11が正式リリースされた最初の週末を迎える。しかし、秋葉原の自作PCショップではあまり大きな動きは起きていない様子だ。(2021/10/9)

パソコン工房が「Windows 11アップグレード」サービスを開始
ユニットコムは、Windows 11へのアップグレードを検討するユーザー向けの「Windows 11アップグレード」サービスを発表した。(2021/10/8)

動作要件を満たさないPCを「Windows 10」から「Windows 11」にする方法(公式ながらも保証なし)
Microsoftの新OS「Windows 11」は、比較的新しいPCでも動作要件を満たさない可能性がある。しかし、一部のチェックを省略することで要件を満たさないPCでも、サポートや保証を受けられないことを承知すればインストールできる。その手順を解説する。(2021/10/8)

次の仕事用マシンはWindowsか、Macか、Chromebookか、エンジニア3万人の声と経営者の見解
従業員の仕事用マシンに何を支給するのが最適だろうか。初期費用や管理費などの所有コストは判断の大きな指針となるが、それが全てではない。初期投資コストだけでなく生産性や運用のコストパフォーマンスに関する情報も精査して考える必要がある。(2021/10/11)

Windows 11非対応のPCでもアップグレードできる方法を米Microsoftが紹介 ただし自己責任
米Microsoftが、セキュリティ機能「TPM 2.0」に対応しないPCにWindows 11をインストールする方法を紹介している。ただし「TPM 1.2」が必要な他、レジストリの変更などリスクが高いことからシステム要件を満たさないPCへのインストールは引き続き推奨していない。(2021/10/7)

「AMDプロセッサ×Windows 11」でパフォーマンスの問題が発生 10月中に修正アップデートを配信予定
Windows 11を巡って、AMDプロセッサと組み合わせを使うとパフォーマンスが低下する可能性がある問題が発生している。10月中に修正ソフトウェアが配信される予定だ。(2021/10/7)

「Windows 11」、AMD Ryzenで性能の問題あり Microsoftが対応準備中
AMDはMicrosoftの「Windows 11」をサポートするRyzenプロセッサでパフォーマンスの問題があると発表した。一部のアプリでパフォーマンスが低下する。Microsoftが対処するためのWindows Updateを準備中だ。(2021/10/7)

アプリの種類によらず、シームレスな開発エクスペリエンスを提供:
「Windows 11」では開発者向けに何が強化されたのか、Microsoftが解説
Microsoftは、「Windows 11」における開発者向けの主な機能強化点を公式ブログで解説した。新しい「Microsoft Store」と、Webアプリケーションやネイティブアプリケーション開発の効率化、Fluentデザインシステムによるアプリケーションとエクスペリエンスの刷新が目玉だ。(2021/10/7)

「クリスタ」ブルースクリーン問題、原因はEdge 「IEに切り替えて」「Windows 11は大丈夫」とセルシス
クリスタでブルースクリーンエラーが発生している問題。セルシスは4日、「Microsoft Edge」最新版で使った際に不具合が起きることを確認したと発表した。(2021/10/6)

Tech TIPS:
アシスタントで超簡単 Windows 10 → 11 アップグレードを試してみた
「Windows 11をすぐにでも使いたい」「Windows UpdateでWindows 11が提供されるまで待てない」 そんな場合は「インストールアシスタント」を使えばいい。Windows 11へのアップグレードがすぐに実行できる。(2021/10/6)

MicrosoftがWindows 11の提供を開始 プリインストールPCの出荷も始まる
日本マイクロソフトは、Windows 11の提供を開始した。Windows 10が稼働するアップグレード対象PCは、無償でアップグレード可能。MicrosoftはWindows 11を、ユーザーが大切なものをより身近にし、ユーザーを中心にデザインしたとしている。(2021/10/6)

CIO Dive:
Windows 11へのアップグレードを"焦る必要がない"ワケ
Windows 10からWindows 11への移行はこれまでの移行ほど困難ではないが、テクノロジーリーダーの技量を試されるものになりそうだ。社内に余計な混乱を招かないために注意すべきポイントは。(2021/10/5)

山市良のうぃんどうず日記(216):
迫るサポート終了の日! それでもまだIEを使いたい
MicrosoftはユーザーをレガシーなInternet ExplorerからモダンブラウザであるChromium版Microsoft Edgeに移行させるため、手を替え品を替え(とは言い過ぎかもしれませんが)、積極的に、時には強引に動いています。Windows 10におけるIEのサポートは「2022年6月15日」まで続くのですから、それまではそっとしておいてください……と言いたいです。(2021/10/6)

「Windows 11」と「Windows 10」の10個の違い【前編】
「Mac」好きは早く「Windows 10」をやめて「Windows 11」に移りたい?
Microsoftは新OS「Windows 11」を投入した。UIのデザイン刷新といった数々の「進化」は、即座に更新するだけの価値をもたらすのか。まずはWindows 10との主な違いを整理しよう。(2021/10/6)

「LIFEBOOK」「ESPRIMO」にWindows 11モデルが登場 “ハイリテラシーユーザー”向けも
富士通クライアントコンピューティング(FCCL)の個人向けPCにWindows 11プリインストールモデルが登場する。基本的には既存モデルのOSとOfficeスイートのバージョンをアップした格好だが、注目すべき新機能も搭載される。(2021/10/5)

「LAVIE」にWindows 11モデルが登場 お手頃モバイルも店頭販売
NECパーソナルコンピュータのスタンダードノートPCと液晶一体型デスクトップPCにWindows 11モデルが登場する。直販限定だった子ども向けノートPCをスペックアップした上で量販店でも販売する他、LAVIE Pro Mobileは直販限定でWindows 11モデルを展開する。(2021/10/5)

「Windows 11」製品版が登場! インストール方法は?
10月5日、Windows 11がリリースされた。この記事では、使っているPCが動作要件を満たしていることを前提に、インストール(ダウンロード)する方法を簡単に紹介します。(2021/10/5)

Dynabook、フリップ機構を備えた13.3型プレミアムノート「dynabook V4/U」など個人向け2製品 Windows 11搭載
Dynabookは、Windows 11を標準搭載した個人向けモバイルノートPC計2製品を発表した。(2021/10/5)

Windows 11がついにリリース!:
主要PCメーカーのWindows 11プリインストールPCまとめ
約8年ぶりとなる新OS「Windows 11」がついにリリースされた。ここでは、Windows 11をプリインストールした各社の最新PCをまとめた。(2021/10/5)

非クラウドの「Office 2021」発売 「Word 2021」などの単体購入も可能
Microsoftが「Windows 11」のリリースと同時に非クラウド版オフィス「Office 2021」も発売した。ダウンロード購入できる。WordやExcelの単体購入も可能だ。(2021/10/5)

「Windows 11」正式リリース 「Windows 10」からのアップデートは段階的に
Microsoftは10月5日、「Window 11」を正式リリースした。同日から新OS搭載のPCを購入できる。アップデートが可能になった「Windows 10」端末では、設定の「更新プログラムのチェック」でアップデートオプションが表示される。(2021/10/5)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(109):
WSUSでのWindowsクライアントの更新管理を簡素化する「SSU+LCU統合パッケージ」とは
MicrosoftはWindowsおよびWindows Server向けに、品質更新プログラムとして毎月の「累積更新プログラム(CU)」とは別に、「サービススタック更新プログラム(SSU)」を不定期にリリースしています。Microsoftは更新管理を簡素化するため、一部のバージョンを対象に「Windows Server Update Services(WSUS)」向けにこれらを1つのパッケージに統合して提供しています。(2021/10/5)

「クリスタ」でブルースクリーンが出る不具合 「Edge」のペンタブ操作で発生 原因は調査中
セルシスは、同社のイラスト・漫画制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT」を一部のWindows環境下で使った場合、ブルースクリーンエラーが発生し、PCが再起動する現象を確認したと公式Twitterアカウントを通して注意喚起した。(2021/10/4)

【復旧済み】ペイントソフト「クリスタ」一部Windows環境でブルースクリーンエラーが発生する現象
早く修正されてほしい。/【追記】修正されました。(2021/10/4)

Windowsフロントライン:
正式リリース前のWindows 11事情まとめ
10月5日に一般リリースされるWindows 11だが、最低動作要件を満たさないPCはどうなるのか、今後どのくらいのペースで増加していくのか、現時点で見えていることをまとめた。(2021/10/4)

「Windows」と「Mac」、業務用にどちらを選ぶか【第4回】
「Windows」ユーザーが「Mac」に乗り換えようと思わない5つの理由
企業の標準クライアントデバイスとして「Windows」搭載PCが普及しているのは、それなりの根拠がある。Windows搭載PCユーザーが特に評価するポイントを整理しよう。(2021/10/3)

MSI、ビジネスPC「Prestige 14」にエディオン限定モデル Windows 11を標準導入
エムエスアイコンピュータージャパンは、同社製ビジネスノートPC「Prestige 14」にエディオン限定構成モデル「Prestige-14-A11SB-630JP」を追加した。(2021/10/1)

「Windows Server 2012の延長サポート終了」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名様にNintendo Switch Lite(1台)、10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/10/1)

Tech TIPS:
Windows 11にアップグレード不可!? 諦めるその前に
Windows 11の正式出荷後、条件を満たしたWindows 10は、Windows 11に無償アップグレードが可能だ。条件は少々複雑で、数年前のWindows 10 PCであっても、満たせないことがある。Windows 11への無償アップグレードの対象かどうかを調べる方法と、対象外であった場合の対処方法を解説しよう。(2021/9/30)

「Windows 11」システム要件の謎【後編】
「Windows 11」への早急な移行をやめるべき“納得の理由”
企業にとっての「Windows 11」のメリットはセキュリティ機能だとMicrosoftは説明している。だが同様の機能は既に利用可能だ。焦ってWindowsに移行する必要はない理由とは。(2021/9/30)

新生「Microsoft Store」、Amazonに続きEpic Gamesも参加
Microsoftは「Windows 11」で提供開始するアプリストア、新生「Microsoft Store」に、Epic Gamesのストアフロントアプリが登場すると発表。アプリでの決済についてはMicrosoftは手数料を徴収しない。(2021/9/29)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(194):
Hyper-V Server 2022って出るの? 出ないの? どっちなの?
Microsoftは2021年9月1日(米国時間)、長期サービスチャネル(LTSC)の最新サーバOS「Windows Server 2022」のリリースを発表しました。Microsoftはこれまで、Windows ServerのLTSCバージョンに対応する無料のハイパーバイザー製品「Microsoft Hyper-V Server」を提供してきましたが、結論から言うと、Windows Server 2022ベースのMicrosoft Hyper-V Serverをリリースする計画はないようです。(2021/9/29)

恵安、Celeron搭載の14型エントリーノート Windows 10 Proを採用
恵安は、Celeronを採用したエントリー構成の14型ノートPC「KZG14X128BK」を発表した。(2021/9/28)

「Windows」と「Mac」、業務用にどちらを選ぶか【第3回】
「Mac」が嫌われる6つの理由
「Mac」を標準のクライアントデバイスとして導入する場合、企業は幾つかの課題に対処する必要がある。特に「Windows」搭載PCとの違いを踏まえて、Mac導入・運用時の注意点を整理しよう。(2021/9/26)

ハイビーム、中国AYA NEO製ポータブルゲーミングPC「AYA NEO 2021」の取り扱いを発表
ハイビームは、中国AYA NEO製となるWindows 10搭載ポータブルゲーミングPC「AYA NEO 2021国内正規版」の取り扱いを発表した。(2021/9/24)

Microsoftが2021年Surfaceイベントで発表したことまとめ
Microsoftが恒例秋のSurface新製品発表イベントを開催。「Windows 11」搭載の4端末と、折りたたみAndroid端末「Duo 2」などを発表した。Windows端末は10月5日発売の予定だ。(2021/9/23)

Microsoftが「Surface Pro 8」「Surface Go 3」発表 Windows 11をプリインストール
Windows 11のリリースに合わせて、Surface ProとSurface Goの新世代製品が登場する。特にSurface Proは設計を刷新し、Thunderbolt 4ポートを備えたことが特徴だ。【更新】(2021/9/23)

「Windows 11」システム要件の謎【前編】
「Windows 11」移行は無意味 なのにPC更改は“実質強制”の裏事情
「Windows 10」と比較すると「Windows 11」のシステム要件は厳しい。OSの機能的な進化があまりないにもかかわらずだ。企業ユーザーがこの新OSを「無意味だ」と結論付けるのも無理はない。(2021/9/23)

Windows 11にアップグレードできるか診断 Microsoftが「PC正常性チェック」の一般公開を再開
手持ちのPCにおいて「Windows 11」が稼働するか確認するためのアプリの一般公開が再開された。日本語の表記がおおむね正しくなった他、要件を満たさない部分がハッキリと表示されるようになっている。(2021/9/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。