ニュース
» 2013年06月26日 18時57分 公開

ネコにも手相がある Bタイプのネコさんは「モテモテタイプ」にゃーねこてそ

飼い主さんとの相性も分かります。

[ねとらぼ]

 ネコの手相で性格占い(ネコのです)を占うことを「ねこてそ」といいます。「ねこてそ」の考案者で、手相見の暁先生によれば、ネコにも手相があるのです(ねこてそ:ネコにも手相があるって知ってました?)。

画像 世界初、ねこの手相本のカバーにゃん「エミーくん」はねこてそ見せ上手!

 さて今回は、ねこてそ解説の第2回目、Bタイプについて紹介していきたいと思います。最初にBタイプの典型的な「ねこてそ」から拝見していきましょう!(Aタイプについてはねこてそ:ネコにも手相がある Aタイプのネコさんは「愛されタイプ」にゃー

 ではまず、ルーちゃんの猫の手をちょっとお借りします。ムキーっ。

画像 掌球の頂点がまんまるいのがBタイプの特徴です

 ムキーっとやったわりには、短めの毛がフワフワと若干見づらくなってしまいました。Bタイプは活発な子が多く、じっと止まってもらって写真を撮るのは大変かもしれませんが、触られるのはまあまあ許してくれる子が多いようですので、相手が油断しているうちであれば、ねこてそチェックできるのではないでしょうか。

画像 こちらは「ねこてそ」の本でも紹介させてもらっているブログ猫のとらごろうさんでした

 ちょっぴりヘコみもありますが基本Bタイプでしょう。統計的に見てクロネコちゃんに多い手相です。比較的分かりやすい手相ですが、頂点の形に関わらず左右の肉球との境目に溝がないDタイプと間違う可能性もありますので、ちょっと注意しましょう。

 溝というのは、下の写真でいうタテ線のことです。Aかな? Bかな? と悩む前に、この溝が一切ない場合はDタイプと判断していいかと思います。ただし、赤ちゃんネコは手相が未発達なことがあるので、成長経過をみて判断してください。

画像

Bタイプのネコの性格は

 まんまるでツルっとした肉球をもつBタイプの性格はずばり、くったくがない性格で、野性味のある「人気者タイプ」です(手相の各タイプはこちらを参考に判別してください)。

 また、よく「モテ猫」とも呼んでいるのですが、人間にはもちろん、ネコ同士の間での人気が高く、多頭飼いなどの環境では、ほかのネコから好かれたり、気づくとまわりに他の子が集まってくるというような特性があったりします。特に、ネコ同士でのまわりの雰囲気をよくするような、立ち位置のようです。

 モテて野性的で冒険心も強いとなって、猫社会を高校生活に置き換えると野球部のエース、あこがれの先輩タイプかなあ。

 Bタイプをさらに細分化して見てみると、B-1タイプは人が嫌いなわけではありませんが、特にベタベタされるのは苦手な子が多いようで、あまりかまい過ぎ過保護すぎにせず、放任主義で飼ってあげるほうがよさそうです。

 そういった「ワイルド」なところが“ネコらしい”とホレボレ、ネコを飼ってよかったなぁと飼い主を喜ばせてくれます。またその性質ゆえか、ガブっと獲物を獲ってきちゃったというような武勇伝がある子も多いようです。

画像 獲物とりが得意な子も多い

Bタイプとあなたの相性は?

 続いて今回も最後に、暁先生による、Bタイプと人間の相性を紹介しましょう。今回も、運命線と頭脳線の2つで見た比較的簡単に鑑定できる方法を使用します。

 ずばり、Bタイプともっとも相性がよいのは、運命線と頭脳線の両方が急勾配している「情熱タイプ」!

「野生味を残したBタイプと遊ぶには、いかに生まれ持つハンターの本能を刺激するかがカギ。情熱タイプの飼い主となら、まるで熱血先生と生徒のように、毎日何かが起こって、飽きることなくネコとの生活がエンジョイできそうです」(暁先生)

 基本的に感情線が急勾配しているリーダータイプも相性がよいのですが、もうひとつの特徴として、ネコとも人間とも、Bタイプの子は大人数での生活は得意ということ。家族が多い場合、手相に関わらず、分け隔てなくネコ充できるのがBタイプとのネコ暮らしと言えるでしょう。

画像 赤い線の部分が感情線。これがきゅーんと上がっているタイプとBタイプは相性がよいようです

画像

画像

 次回はCタイプを紹介します。

ねこてそ

 飼いネコ、街ネコなどの取材をもとに、暁先生が「ねこてそ」の手相理論をまとめた内容がかわいい本になりました! そのほかの手相の人との相性も詳しく載っているよ!

画像


関連キーワード

| 肉球 | 鑑定 | 占い


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」