コラム
» 2015年01月21日 19時57分 公開

猫とお天気の不思議な関係

猫には天気が分かるの?

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 寒い季節は愛猫と自宅でゆっくり過ごす時間の多い人や、これから猫を飼いたいと思っている人に注目してほしいのが、猫とお天気の不思議な関係です。

 「猫が顔を洗うと雨になる」「猫のヒゲが下がっていたら雨 」。みなさんは、こんな話を聞いたことがありませんか?

 季節ごとの気温や気圧の変化に敏感に反応する猫たち。

 迷信や言い伝えが多い猫は、同じペットである犬に比べるとちょっとミステリアスな存在でもあります。知られざる猫と冬のお天気との関係を探ってみました。


科学的根拠がないとはいえ猫には天気がわかる!? 「明日はいい天気だニャー」

「猫が顔を洗うと雨になる」はホント?

 猫はよく顔を洗っていますね。もちろん人間のように水で洗うわけではなく、自分の前足を舐めてその前足で丁寧に顔をこするしぐさ、グルーミングのことです。

 猫はとてもきれい好きなので、口の周りについた食べ物のニオイや汚れを落としているのですが、それだけではありません。

 湿気や気圧の変化を敏感に感じ取ることができるため、低気圧が近づいたときは湿気で重くなったヒゲや毛の手入れをしているのです。

 そのため、「耳の後ろまで顔を洗うときはまもなく雨が降る」と言われ、「グルーミングを耳の前で終わらせるときは曇り」なのだとか。

 真偽のほどはともかくとして、この言い伝えは日本だけでなく世界中で広まっています。

猫は天気予報ができる?

 では、猫が顔を洗うと雨が降る確率はどのくらいなのでしょうか?

 「ほぼ90%の確率で当たる」という説もあるようですが、残念ながら正確な統計はなく、はっきり言って科学的な根拠がないのが事実です。

 実際、グルーミングは猫にとって気持ちを落ち着かせるためのもの、という説が有力です。階段から落ちてずっこけたのを見られてバツが悪いとき、獲物を取り損ねてイライラしたときなど、気持ちを紛らわすためにグルーミングをするのですね。

 つまり、猫に天気予報は無理!

 とはいえ、お天気や気圧の変化を敏感に感じ取って、一番居心地のよい行動を取ることは誰よりも得意なようです。

 太陽が当たっているときはしっかり日向で昼寝をしますし、ゴロゴロとだるそうにしているときは停滞している低気圧が関係しているのかも?

 人間にはわからないうちに、猫の間では天気予報が成立しているのかもしれませんね。

寒い日もベストポジションをゲット

 気温が低いと猫は体を丸めて体温を逃がさないように保持しますし、寒暖の差が苦手なので、なるべく寝てやりすごしたりします。

冬の家猫はホットカーペットが大好きですし、ストーブやヒーターの前を幸せそうに独占することも。

 一方、外で過ごす野良猫はどうしているのかと言うと、案外うまく対処しているようです。

 日の当たる場所を求めてあちこちと移動する様は感心するほど。

 ある冬の夕暮れ時、戸建ての家の壁際に設置された箱の上に乗っている猫がいました。寒い日陰で何をしているのかと思った瞬間「ボッ」とガスが着火した音。つまり、猫が乗っていたのは給湯器の上だったのです!

 ここがやがて温かくなる場所だと、猫なりにしっかり心得ているのですね。う〜ん、お見事!!

 冬の猫は毛並みが柔らかく膨らんでフワフワの触り心地です。

 この時期は抜け毛が少ないので抱っこしても毛があまりつかず、体温の高い猫を膝に乗せているだけでも温かいもの。昔は猫をマフラー代わりに首に巻いて勉強をしたという輩もいたそう。

 天気予報はできなくても、季節やお天気の微妙な違いを感じとるしなやかな猫たち。季節の移り変わりを猫で感じとって、お互いにハッピーな関係を築いてくださいね。

あわせてチェックしたい

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  3. /nl/articles/2112/03/news124.jpg 「銀座でペットを散歩していたら職質されました」 “真っ白な奇怪生物”を連れた街歩き写真が前衛的すぎる
  4. /nl/articles/2112/03/news009.jpg 「鬼さん逃げてー!」「強すぎて草」 漫画「レベルMAXバージョンの桃太郎」が想像以上に強すぎると話題に
  5. /nl/articles/2109/09/news164.jpg 「奈良公園で柔術をするところ」がシュール過ぎて合成写真にしか見えず人気に 「奈良県民から見てもコラ」「ここではだしだと……」
  6. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. /nl/articles/2112/04/news040.jpg 福田彩乃、第1子妊娠を“ぽっこりおなか”ショットで報告 「マタニティ本を熟読してくれている主人」と夫に感謝も
  8. /nl/articles/2112/04/news041.jpg ニベア「ニベアクリームを他の製品と混ぜないで」 混ぜるとシミが消えるとうたう広告に注意喚起
  9. /nl/articles/2112/04/news052.jpg 「本当に愛しいです 毎日ありがとう」 加藤綾菜、夫・カトちゃんの「可愛いすぎて失神レベル」なお願いにメロメロ
  10. /nl/articles/1806/05/news150.jpg “シミがベリベリ剥がれるクリーム”はウソ 漫画村関与の代理店が偽装広告作成、販売元は「広告見たことない」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」