ニュース
» 2015年11月14日 19時45分 公開

これは「観劇」ではない「観戦」だ! 本日開幕の演劇「ハイキュー!!」は原作ファンも納得の完成度だった

烏野高校排球部のメンバーが舞台上をかけまわる!

[宮澤諒,ねとらぼ]

 週刊少年ジャンプで連載中の人気バレーボールマンガ「ハイキュー!!」の初舞台化作「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』」が、東京・渋谷の「AiiA 2.5 Theater Tokyo」で11月14日に開幕しました。

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」 再現度高すぎる……!

 演劇「ハイキュー!!」では、主人公・日向翔陽と”コート上の王様”こと影山飛雄による中学時代の対決にはじまり、西谷と東峰がチームに戻るまでのエピソードや、強豪校・青葉城西との練習試合などが演じられます。身長の低さをジャンプ力でカバーするミドルブロッカー・日向を演じるのは、子役時代からさまざまなドラマや映画に出演してきた俳優・須賀健太さん。

 演劇では、原作で描かれている宮城県立烏野高校排球部の活躍を、最新の映像テクノロジーを駆使して舞台上に再現。演劇という3次元の場に、マンガやアニメーションを取り入れることにより、「観劇」ではなく、まるで本物のバレーボールの試合を「観戦」しているかのような体験を可能としています。本記事では開幕に先駆けて行われたゲネプロの様子を写真とともにお届け。キャラクターの見た目の再現(身長も含め)はもとより、試合のシーンも原作ファン納得の出来になっていました!

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」 ギャグ要素が盛り込まれた日向のスパイクシーン

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」 「観戦」という表現に偽りがない迫力の試合シーン

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」 そして姿を現す青葉城西のメンバー

演劇「ハイキュー!!」を2.5次元への架け橋に

 ゲネプロ後に行われた囲み取材には、日向翔陽役の須賀健太さん、影山飛雄役の木村達成さん、及川徹役の遊馬晃祐さん、岩泉一役の平田雄也さんが登場。

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」 左から木村達成さん、須賀健太さん、遊馬晃祐さん、平田雄也さん

 読みきりのときから「ハイキュー!!」を毎週欠かさず読んでいるという須賀さんは、原作の古館春一先生にファンレターを書こうとしたという原作愛を感じられるエピソードを告白。日向を演じることについては、オーディション中は受かってやるという気持ちが強かったものの、いざ決まってみると相当のプレッシャーがあったとのこと。「僕たちが生でやることの意味をすごく感じる舞台で、いち公演いち公演まったく同じものはできないなっていう演劇性の高い作品になっています。このマンガには“頂の景色”というキーワードがあるんですけど、2.5次元の頂の景色を見られるんじゃないかなと思っています。演劇ファンの人にとって、2.5次元への架け橋になるような作品になれたら」とコメントしました。

 日向の味方でありライバルの影山飛雄を演じた木村達成さんは、「原作を読んで影山飛雄が好きになって、オーディションを受けたときから絶対誰にもこの役をやらせたくないという気持ちになった」と役に対する熱い思いを口に。役作りに関して問われると、「日向と向き合うことで分かることもあるし、及川と向き合うことで分かることもあったりするので、これからもっと深めていけたら」と語りました。

 高校時代は3年間バレー部に入っていたという及川徹役の遊馬さん。稽古では同じくバレー経験のある澤村大地役の田中啓太さんとともに他のメンバーを指導していたそうで、「みんな吸収力がすごくて、もう1カ月ぐらい練習すれば試合できたんじゃないかというぐらい。あせっちゃいました」と、どこか及川っぽさを感じるコメント。遊馬さんは今回が初舞台ということで緊張を隠せず、挨拶では岩泉一役の平田さんにフォローされる一幕も。平田さんは「(岩泉は)男の鑑みたいなキャラクターなので心から尊敬して役に入ることができています。こういうキャプテンですけど、一丸となってがんばります」と遊馬さんをいじりつつ意気込みを見せました。

 稽古の終わりには実際に練習試合を行っていたそうですが、結果は青葉城西の圧勝。最終日にやっと1セットだけ烏野が勝てたとのこと。須賀さんいわく、木村さんは稽古後チームメンバーに対して「俺は負けて本当悔しかった。次は絶対勝ちましょう」というメールを送っていたそうで、影山そっくりの負けず嫌いなんだそう。

 最後に須賀さんは「今日ようやくスタートラインに立ったと思ってます。これから全ステージ、全身全霊をかけて向き合っていきたいと思ってます。このものすごい大人気マンガ、いいストーリーを持ったマンガを僕たちの力で、また新しい形で魅力を損ねることなく、一つの演劇作品にできるようにがんばっていきたいと思います。応援のほどよろしくお願いします」と締めくくりました。

 「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』」は11月23日まで東京公演を行い、その後大阪、宮城で行った後、再び東京に戻ってきます。12月13日からは全国の映画館でのライブビューイングも控えているほか、来年3月16日には公演を収録したDVDも発売される予定となっています。

(C)古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」制作委員会


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/21/news063.jpg 北斗晶、長男結婚で嫁・門倉凛と“親子デート”を満喫 「娘が欲しいと思ってた」と念願叶ってウキウキ
  2. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  3. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  4. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  5. /nl/articles/2205/04/news030.jpg 門倉凛、北斗晶の長男との“初夫婦ショット”が超お似合い 「絵になる」「末永くお幸せに」と祝福の声
  6. /nl/articles/2205/21/news005.jpg おやつを前にした柴犬が「ちっちゃくしてください……」と猛アピール 飼い主に全力で甘える様子がかわいい
  7. /nl/articles/2205/20/news134.jpg 壮大なフリだったのかよ……! ピース綾部、ついに明かした5年間の“渡米の真実”に「最初の計画は失敗です」
  8. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  9. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
  10. /nl/articles/2205/21/news065.jpg 名画「牛乳を注ぐ女」を3Dモデル化してみたら……? 高度なCG動画が破壊力抜群で牛乳噴きそう

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声