ニュース
» 2016年03月23日 23時00分 公開

もし人格を持った食べ物が「自分たちは食べられて絶命する定めにある」と知ってしまったら…… CGアニメ初のR指定映画「Sausage Party」予告編

この世界は……残酷だ……。

[束子,ねとらぼ]

 私たちが日常で口にする「食べ物」を主役にした、異色の冒険映画がアメリカで制作されました。その名も「Sausage Party」。一見、全編フルCGの「子ども向け」アニメに見えますが、実はアメリカCGアニメ至上初の“R指定(17歳未満の観賞は保護者の同伴が必要)”作品として、話題を呼んでいます。



Sausage Party予告

 物語はなんの変哲もないスーパーマーケットから始まります。ゆったりとした店内には若い男性から老婦人まで、さまざまな年代の客が買い物に来ています。

 調味料コーナーには主婦の姿が1人。彼女は手元の買い物リストを目で追い「ソーセージとパンも買わなくちゃ」と呟きながら、既に多くの商品が入れられたカートを押していました。


Sausage Party予告 「あと買うのは、ケチャップにマスタード……あと、ソーセージとパンね!」

 商品棚には、人間に買われるのを今か今かと待つ「食べ物」が並んでいます。彼らのたった1つの切なる願いは、「人間に買われて、一緒に家へ帰る」こと。願いをかなえ幸せになるために、「食べ物」たちは自分たちをアピールする日々を送っていました。


Sausage Party予告 いい商品に見えるよう「背筋を伸ばせ!」と檄が飛びます。

 そしてアピールのかいあって、主婦の手に取ってもらえます!


Sausage Party予告 「ヤッタ──!」

 ソーセージの後にカートへ入れられたのは、すぐ隣に並べられていたホットドッグパンでした。ソーセージとパンは、自分たちが同時に買ってもらえる幸せに運命を感じ、そっと手を合わせます……。


Sausage Party予告

Sausage Party予告 「一緒になる運命なのさ」「私たち、このために作られたのね」

 主婦とともに家に帰った「食べ物」たちは、幸せの絶頂にいました。たった1つの願いがかなったのです。キッチンでパッケージから解き放たれた開放感に、彼らは思い思いのダンスで喜びを表現します。


Sausage Party予告

 真っ先に主婦の手に選ばれたのはジャガイモでした。ジャガイモは、さらなる楽園へと旅立つと信じていました。笑顔で手を振るジャガイモを見つめながら、他の「食べ物」は「おめでとう! やったな!」と笑顔で送り出します。


Sausage Party予告

 しかし、彼らは知らなかったのです。人間と一緒に家に帰ったら、一体どうなるのか。


Sausage Party予告 「ジーザス! 俺の肌を剥ぎやがった!」

 皮を剥かれるジャガイモ、目に指を突っ込まれて真っ二つに割られるレタス。頭を削られるチーズ。極め付きは、恐怖におぼえて逃亡を図ったが故に、容赦なく鷲づかみにされて生きたまま食われるベビーキャロットの幼い姿。

 残された「食べ物」たちを、恐怖と絶望のどん底に突き落とすには十分な光景でした。ベビーキャロットがかみ砕かれる音を聞きながら、彼らは「真実」を知ってしまったのです。自分が人間にとって、どんな存在か。そして、どんな運命が自分たちに待ち構えているのかを──。


Sausage Party予告 楽園なんて、なかったんだ……

 映画「Sausage Party」は人格を持った「食べ物」が「自分たちは食べられて絶命する定めにある」と知り、残酷な運命から逃れるべく人間の家からの大脱走劇を描いたコメディ作品です。

 同作品が注目を浴びる理由は、奇抜な内容だけではありません。

 制作と脚本は、2014年にSONYへのサイバー攻撃と北朝鮮からの抗議で一時“上映中止”騒動にも発展した過激コメディ映画「THE Interview」を作成したセス・ローゲンとエヴァン・ゴールドバーグが担当。フランクたち「食べ物」の声も、セスがメガホンを取った「下品なおバカ映画」に数多く出演している俳優陣が務めているのです。

 予告編の後半には既に「プライベート・ライアン」のパロディが描かれていることから、本作品もパロディ色と強烈なジョークに期待ができそうです。


Sausage Party予告 戦争映画「プライベート・ライアン」パロディの1コマ

 予告だけで十分に面白い同作品。残念ながら日本での配給は発表されていませんが、アメリカでは2016年8月12日に劇場公開が予定されています。


束子


関連キーワード

予告 | 映画 | アメリカ | CGアニメ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた