ニュース
» 2016年04月10日 21時15分 公開

スタートしたばかりのアニメ「はいふり」、1話放送後に「ハイスクール・フリート」にタイトル変更 ※ネタバレあり

窓が割れてたどころじゃなかった。

[ADAKEN,ねとらぼ]

 4月9日深夜(10日午前0時)にTOKYO MXほかで放送がスタートしたアニメ「はいふり」ですが、第1話放送終了間際に番組タイトルが「はいふり」改め「ハイスクール・フリート」に変更されました。え? 何それ、聞いてないんですけどー。

注:以下、ネタバレがあります。

日常系アニメを装っていた「はいふり」ですが(公式サイトより) 日常系アニメを装っていた「はいふり」ですが(公式サイトより)
いきなり「ハイスクール・フリート」にタイトル変更。公式サイトの中身も大幅に変更 いきなり「ハイスクール・フリート」にタイトル変更。公式サイトの中身も大幅に変更

  多くの国土を水没により失われてしまった日本。女の子たちのあこがれの職業、海の安全を守る「ブルーマーメイド」を目指すべく、海洋高校に入学した岬明乃(みさきあけの)たちの活躍を描く物語。というのが第1話のあらすじですが、事前のPVやキービジュアルではメインキャラの女の子たちが仲良さそうにたわむれていたり、公式サイトには「にゅ〜す」「いんとろだくしょん」「きゃらくた〜」などゆるみっぱなしの字体が並んでいたりと、どこをどうとっても日常系アニメにしか見えない様相を呈していました。

 ところが、放送が始まるや全く描かれていなかった戦艦武蔵をはじめとするガチな軍艦類が次々と登場し、メインヒロインたちが次々と艦に乗り込んでいく展開に「あれ? おれ何のアニメ見てるんだっけ」と視聴者の間には戸惑いが。

「ハイスクール・フリート」第1話のあらすじ画面(公式サイトより) 「ハイスクール・フリート」第1話のあらすじ画面。一見ゆるやかそうですが徐々にヒロインに焦りの表情が(公式サイトより)

 しかし状況を整理する暇も与えず、ヒロインたちが乗船した駆逐艦「晴風」が海洋実習へ出発するや、いきなり砲撃を受けるというシリアス展開に。さらに、沿岸地帯が広範囲に渡り水没している日本の状況が映し出されたり、彼女たちの船が反乱分子にされてしまうなど、日常系という言葉をかき消しにかかる描写が次々と出現。かろうじて、かわいらしい女の子たちの細かなやり取りや、大艦長こと謎のネコ・五十六の存在が申し訳程度の日常性を維持しているのみ。

 そして怒涛(どとう)の展開からエンディングを迎え、ゆるいロゴで書かれた「はいふり」の名は取り払われ、シリアスな印象の「ハイスクール・フリート」という新たな番組タイトルが掲げられたのでした。

放送直後の公式ツイート。第1話の台本には「ハイスクール・フリート」のタイトルが

 しかも、番組タイトル変更と同時に、公式サイトも全面的に改められ、本来の姿が出現。公式ツイッターも、「『はいふり』改め『ハイスクール・フリート』、ご覧頂きありがとうございます。いかがでしたでしょうか」と、しれっとタイトル変更を告知。同時に、公式アプリのリリースや自衛隊神奈川地方協力本部とのコラボポスターの公開など、立て続けに情報を解禁。これら満を持しての鮮やかな展開は驚きを超えて感動すら覚えます。

 さらに、JR秋葉原駅前のラジオ会館に掲げられていた「はいふり」の巨大広告が「ハイスクール・フリート」のものへと変更。作業は放送直後から明け方にかけて実施され10日朝5時過ぎにかけて行われました。

「はいふり」から「ハイスクール・フリート」へ、未明から開始された広告の架け替え作業 未明から開始された広告の取り換え作業
架け替え作業は早朝までに完了 作業は早朝までに完了

 ここまで手の込んだ展開の真の狙いは謎ですが、作品内容はというと「ガールズ&パンツァー」などで知られる鈴木貴昭さんが原案に参加。細かい軍事描写などもあり、第1話放送後のTwitter界隈の感想を見る限り「ガルパン+艦これな感じ?」など、おおむね好評な様子です。


(C)AIS/海上安全整備局

ADAKEN

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  3. がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  4. HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  5. 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  6. マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  7. ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  8. 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  9. 娘が路上で子猫を発見→近づくと、突然倒れてしまい…… 保護子猫とのかわいすぎる出会いに「感動した」の声
  10. がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい