ふくろうだけじゃない、タカもいるよ! 奈良にオープンしたふくろうカフェに行ってきました(1/2 ページ)

ふくろうと触れあったり、ハリスホークを腕に止まらせたりできる「ふくろうカフェならまち」を訪問。園長さんにふくろうの魅力を聞きました。

» 2016年08月06日 11時00分 公開
[谷町邦子ねとらぼ]
ふくろうカフェならまち ふくろうカフェならまち。奈良町の墨絵作家、糸井忠晴氏の手造り看板が目印

 奈良県に7月、ふくろうなどの猛禽(もうきん)類16種18羽(チョウゲンボウ、ハリスホーク含む)を擁し、面積50坪と日本最大級のふくろうカフェ「ふくろうカフェならまち」がオープンした。

 規模が大きいだけでなく、ふくろうをはじめさまざまな猛禽類に触ったり、エサをやったり、飛行するハリスホークを腕に止まらせるフライト体験ができる。お店を訪れ、園長の佐藤由香さんに話を聞いてきた。

カフェの概念を覆す、広々としたスペースと古都の趣

 「ふくろうカフェならまち」があるのは、奈良公園にほど近い、昔ながらのお店と今時のカフェが混在する商店街「もちいどのセンター街」。店内は広く奥行きのある空間で、片方の壁にはふくろうが間隔をとって一列に並び、反対側にはベンチが置かれている。カフェの奥にはふくろうやタカが羽を広げ運動するためのスペース、フライトルームがある。テーブルとイスという、一般的に想像されるカフェとは違う、広々とした雰囲気だ。

 佐藤園長は、地元の奈良で静かで駅から近いところ、そしてふくろうやタカがのびのびと運動できるフライトルームを作るだけのスペースがあるところ、そのような条件での場所探しはなかなか難しかったと語る。「50坪もの敷地を見つけるのには3〜4年かかりました」

 広々としたカフェにするために、あえてテーブルは置かず、来てくれた人には歩いて自由に見てもらう。飲み物はカフェ内に設置された自動販売機で買い、疲れた人やふくろうを腕に乗せたい人だけ、ベンチに座ってもらうことにしているそうだ。

 内装は奈良の昔ながらの街の雰囲気に馴染む和風に。ふくろうの近くには奈良町の墨絵作家、糸井忠晴氏が描いた奈良の街並みの絵を展示し、伝統ある街並みの趣と融合するような店舗作りを心掛けた。「絵のどこかにふくろうがいるので、ぜひ探してみてくださいね」と佐藤園長。地元の作家との遊び心あふれるアートも楽しめる。

ふくろうカフェならまち 広々とした店内、内装は和風

夜行性、だけど元気なふくろうたちの謎

 フライトルームで、カラフトフクロウの「ピカソ」が羽ばたく様子を見せてもらった。本来ふくろうは夜行性。なぜ日中なのに元気に動いているのだろうか。

 佐藤園長によると、カフェのふくろうは人間の手で繁殖し卵から育てたふくろうで、生まれたときから人間と一緒に暮らしているので、生活サイクルがほぼ人間と同じなのだという。ふくろうたちの1日のサイクルは、夜、エサをもらった後ゆっくりと過ごし、朝には元気に園長らを迎え、そして昼間はスタッフやお客さんと遊ぶ。15時ごろに昼寝のように30分ほどウトウトするふくろうもいるが、昼間ずっと寝てるふくろうはほぼおらず、エサがもらえる夕方ぐらいになるとみんな目が冴えてくるという。

 確かにもともとふくろうは夜行性だが、昼間は森でゆっくりしていて、夜、エサを捕るときはじっと耳をすましていて、動物が動いたわずかな音を拾って、目で確認して捕りに行くため、獲物を発見したときくらいしか動かない。カフェのふくろうは夜、エサを狩りに行かなくても満腹になるため、じっと休んでいるのだそうだ。

遊んだり、ついてきたり、表情豊かなふくろうたち

ふくろうカフェならまち 佐藤園長の肩にのるカラフトフクロウのピカソ

 一般的にふくろうなどの猛禽類はエサで釣って調教するという。しかし、実際にふくろうをヒナから愛情をもって育てた佐藤園長は、ふくろうも人間に感情や愛情を表すことがあるのではないかと思っている。

 例えば、名前を呼ばれたらそちらの方を向く。たまたまだと言う人もいる。自分の名前を覚えているのではなく、音を覚えているのかもしれない。名前が呼ばれるとエサを連想するのかもしれない。だが、反応はしているという。

 また、自分を育てた人間からはエサを食べるけれど、他の人がエサをやっても食べないということも。人間の顔を覚え、自分がヒナから育てられたことも理解しているのではないか、と園長は思っている。

 そして、1日中一緒にいると、感情を表情や態度で見せるようになるという。園長はふくろうの表情から、機嫌の良し悪しだけではなく、「いたずらしようとしている」「遊んでほしい」などさまざまな感情を読みとることができる。特に若いふくろうは表情の変化が豊か。カフェのふくろうは若いので、表情に変化があるという。中でもカラフトフクロウは特に人なつっこく、スタッフの肩の上にのったり、後ろをついてきたりするそうだ。

ふくろうカフェならまち カフェのロゴにもなっているユーラシアワシミミズク「ミミ」とロープのおもちゃ

 ふくろうの遊びはくちばしや足を使う。ロールペーパーを足で押えながら少しずつちぎったり、ナイロン製の袋などカサカサ音がなるものを足でつかんでくちばしで取ろうとしたり、大型のふくろうの場合は、ロープで作った犬用のおもちゃを足でつかんで遊ぶそうだ。「動くものが好きなんですよ。たぶんエサをとる練習なのだと思います」と園長は推測する。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  2. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  3. /nl/articles/2407/20/news074.jpg もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  4. /nl/articles/2407/19/news021.jpg 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
  5. /nl/articles/2407/18/news032.jpg ヤマト運輸から届いた“予告状”に7万いいね 逆怪盗キッドという発想に「オモロすぎる」「センス良すぎて笑ったwww」
  6. /nl/articles/2407/14/news001.jpg 「結局、ホテルの布団はキレイにしたほうがいい?」 ホテル従業員の回答を覚えておきたい
  7. /nl/articles/2407/18/news031.jpg プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  8. /nl/articles/2407/17/news033.jpg 「保育園の先生に褒められまくってる」 息子のために義母が作ってくれたズボンが「センスある」「かわいい」と大人気
  9. /nl/articles/2407/19/news133.jpg そういうことか……! 道で見つけた“JPEG画像”みたいなフタ → 意味が分かると笑っちゃう例えに「うまいww」「センス良すぎ」
  10. /nl/articles/2407/18/news161.jpg 「笑ったww」「とんでもねぇ」 AIの指示通りにメイクしてみたら……? 衝撃すぎる仕上がりに爆笑「1周まわって芸術」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」