ニュース
» 2016年08月08日 22時00分 公開

上野動物園、普段は見られない動物の姿を観察できる「真夏の夜の動物園」開催

例年注目を集めているポスター、今年は色鮮やかなフラミンゴさん。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 上野動物園(東京都台東区)で、開園時間を20時まで延長するイベント「真夏の夜の動物園」が8月9日から16日まで開催されます。入園料は一般が600円、65歳以上が300円、中学生が200円。小学生以下と都内在住・在学の中学生は無料です。

 同イベントは例年、印象的なポスターで注目を集めています(関連記事)が、2016年は薄暗いなかでも鮮やかな色合いが際立つフラミンゴの写真を使用。鳥だけに「しっ とり。」というキャッチコピーが掲載されており、どことなくセクシーな雰囲気を漂わせています。


画像 首の曲線が美しい

 夜行性のタテガミオオカミに加え、ホッキョクグマ、ジャイアントパンダ、ハシビロコウなどの展示が行われ、昼間には見られない動物たちの姿を観察できます。なお、観覧延長時間はそれぞれ異なるので、お目当ての動物がいる方はご注意を。

 レストランやギフトショップも午後8時まで営業するほか、「不忍池テラス」ではオープンビアガーデンを開設。生ビール(550円)、ペンギンをあしらったパイナップルムーンサンデー(350円/ともに税込)などを提供します。


画像画像 夜の動物たち


画像 「不忍池テラス」のオープンビアガーデン


画像画像 オープンビアガーデンのメニュー。右がパイナップルムーンサンデー

 また、「世界ゾウの日(8月12日)」にちなんでゾウに関するクイズラリー、ゾウの巨大な運動場に入れるイベントを実施。飼育係のトークや音楽ライブ、「ナショナル ジオグラフィック チャンネル」の野外上映会も行われます。開催日などの詳細は特設ページからご確認ください。


画像 ゾウの運動場の大きさを体感できます

マッハ・キショ松

関連キーワード

動物 | 動物園 | 東京 | イベント


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐