ニュース
» 2016年09月16日 14時35分 公開

最終巻を刊行する「こち亀」が駅ジャック広告! 亀有駅に全200巻の表紙をずらり掲載

亀有駅が「こち亀」全巻持ってる人しか味わえない世界に。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 集英社が、最終巻となる「こちら葛飾区亀有公園前派出所(以下、こち亀)」200巻の刊行を記念して、JR東日本常磐緩行線亀有駅で駅ジャック広告を展開することを発表しました。期間は9月17〜30日まで。


画像 ホーム階段の広告イメージ

 亀有駅構内の床や壁、階段、エスカレーターといった場所に「こち亀」の表紙などを掲載。改札外フロアの床に全200巻の表紙が掲出されるほか、ホーム階段には背表紙がずらりと並べられ、まるで同作を集めた本棚のような見た目になります。

 また、ホーム階段横の壁面には「こち亀200巻買ってくれよな!」(両津勘吉)、「早く買ってこーい!!」(大原大次郎)、「僕が買い占めてしまいましょうかね」(中川圭一)、「もう買うしかないですわ」(麻里愛/マリア)とメインキャラクター総出で最終巻をゴリ押しする広告も。


画像 ホーム階段の段差部分にも背表紙を掲載


画像 改札外の広告


画像 全体像。「下ばっか見てたら危ねぇぞ!」と吹き出しでツッコミが


画像 200巻をごり押す広告。漫画風になっていますが、要するに「買ってくれ」しか言っていません

 「こち亀」最終巻は9月17日に発売。通常のジャンプコミックス2冊分にあたる全400ページで、価格は700円です。登場人物350人以上の情報や全巻全話リストを収録した「40周年記念特装版」も同時発売されます。価格は900円(ともに税別)。


画像画像 左:通常版、右:40周年記念特装版

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響