連載
» 2017年03月12日 12時00分 公開

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(前編)(1/3 ページ)

炎上はネットからリアルへと……。

[やしろあずき,ねとらぼ]

 どうも、やしろあずきです。


やしろあずきの調査 肉を炎上させるのが大好きです

 皆さんは炎上、したことありますか?

 インターネットを全く使っていない人は「炎上」と言われると火事なんかを連想すると思いますが、この記事を読んでいる人の大半は、きっと非難が集まる方の「炎上」を思い浮かべたのではないでしょうか。

 自分の不注意な、不用意な投稿によって全てのネットユーザーが敵に回り、一瞬で(悪い意味での)有名人になってしまう……。今回はそんな「炎上」がテーマです。

 SNSが発展してきた現在、炎上という言葉は辞書に載るほどに浸透しており、特に未成年のSNSユーザーによる炎上は今もなお定期的にネット社会、場合によってはニュース番組で報道されたりして世間を揺るがし続けています。

 一時期はTwitterの検索で写真にお酒が写りこんでいる未成年と思わしきアカウントをサーチして大勢で突撃する、秘密警察のようなアカウントまで存在していました。

やしろあずきの調査 Twitter秘密警察

 このように絶えることなくネットで話題となる「炎上」ですが、その内容を見る度、毎回思うことが僕にはあるんです。


それをツイートしたら炎上するって普通分からない?


 だって明らかにやっちゃいけないことじゃん。やっちゃいけないことを全世界の人が見れる場所で書いたら、そりゃ怒られるでしょ。「それなのに何で書いちゃうの……?」って皆さんも思ったことありませんか?


 そこで今回は結構ガチな感じで炎上した人にインタビューしました。ダメ元で取材を申し込んでみたところ、プライバシーを完全に守っての取材だったら問題ないとのことで、お話を聞かせてくれることになりました。マジかよ。未成年のSNS炎上について、実際に炎上した人に根掘り葉掘り聞いていきたいと思います!!!


やしろあずきの調査

 はい、今回取材を受けていただいた実際に炎上した人です。

 これまでの取材同様、名前は僕が勝手に命名していて、今回に限っては服装も僕が勝手に変更させていますが、プライバシーを完全に守るためですのでご了承ください。



やしろあずきの調査

「本日はよろしくお願いいたします。あの、本当に大丈夫なんですか?」



やしろあずきの調査

「はい。炎上した僕の話がSNSを使い始めの若い人たちのタメになれば良いなって思っていますので。あ、ただ身バレは怖いんで顔とか服とかも全部分からないようにしてくれれば……」



やしろあずきの調査

「そのあたりはご安心ください。顔は全て隠しますし……服とかも勝手に着せて大丈夫ですか?」



やしろあずきの調査

「か、勝手に着せる……!? ま、まあ大丈夫です。よろしくお願いします」




やしろあずきの調査


SNSはどういう使い方をしてたの?


やしろあずきの調査

「では……まず炎上したのは学生の時なんですよね。そのころのSNSはどういった使い方をしていたか教えてください」



やしろあずきの調査

「友達に誘われてLINEとTwitterをやっていました。炎上したのはTwitterの方ですね」



やしろあずきの調査

「なるほど、Twitterは本名でやっていました? 顔写真とかもガンガンあげたり?」



やしろあずきの調査

「そうですね。誘ってくれた友達もそうだったので……名前も本名で、自分の顔写真はもちろん、友達と写っている写真とかもアップしていました。鍵も付けずに。今考えればそれが間違いの始まりでしたね……」



やしろあずきの調査

「まあ、友達に誘われたのだしそれはしょうがないと思うけど……では基本的に友達しかフォローしてない、完全に内輪で会話する用のアカウントだったんですね」



やしろあずきの調査

「はい。フォローもフォロワーも全然多くなかったです。炎上してからはめちゃくちゃ増えましたが……ツイートの内容も本当に友達との遊びの話や、学校だるい、とかの何の面白みもないものばかりでしたね」



やしろあずきの調査

「なるほど、普通の学生のリア垢って感じだ」



炎上って知ってた? 自分がするとは思わなかった?


やしろあずきの調査

「まず、いわゆる『炎上』のことは知っていました?」



やしろあずきの調査

「あ、それは知っていたんですよ。結構話題になることもあって。学校でネットリテラシーについての話を聞いたこともあります



やしろあずきの調査

「え!? 知ってたのか……てっきりそういうことを何も知らないでTwitterをやっていたのかと思っていました。しかも学校でも注意されていたんですね。それは過去の炎上例とかを見せられてこういうツイートをしちゃいけないよーとか?」



やしろあずきの調査

「そんな感じですね。そこまで具体的じゃないんですけど、警察沙汰にもなるとか、ネットの怖さみたいなことを説明された記憶があります」



やしろあずきの調査


やしろあずきの調査

「それでも炎上しちゃったんだ」



やしろあずきの調査

「しちゃいましたね……」



やしろあずきの調査

「まさか自分が炎上するとは思ってなかった?」



やしろあずきの調査

「ぶっちゃけ本当にそれですね。学校でそういう説明をされた時には怖いな〜とは思っていたのですが、僕は友達しかフォロワーいないし、炎上なんて全く関係ない別次元の話としか思えていなかったんだと思います」



やしろあずきの調査

「じゃあ特にその説明を受けてからも、ツイートの内容に気を付けようとか個人情報に気を付けよう、とかは思ってこなかったんですね」



やしろあずきの調査

「そうですね。完全に他人事だと思ってました……」



       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. DAIGO、姉・影木栄貴のシニア婚に感慨「アスランが好き過ぎて」「人生何が起こるかわからない」 義妹・北川景子が後押し
  2. 大阪王将「ナメクジの侵入があった」と認める 告発者は「ナメクジが6匹並んでいた」と発言
  3. かわいすぎるおっさんだな! 橋本環奈、23歳にして自宅にビールサーバーを設置 すっぴんで「ぷはー……うまっ」「おいしすぎてビックリ」
  4. 「お先にどうぞ」で歩行者妨害は不成立 道を譲られたドライバーの交通違反が撤回へ 警察が謝罪
  5. 大型犬「こわいよぅ!」→先生「震えすぎて心臓の音が聞こえません笑」 診察を必死に頑張るハスキーが応援したくなる
  6. 益若つばさ、休業を宣言 骨折直後の“死体みたい”な写真とともに「命が危なかったか下半身不随」の可能性あったと告白
  7. 坂口杏里さん、夫の前で“推し男性”に抱きつく画がカオスすぎる 「本当にこんなに好きになった人、7年間の元カレと王子だけ」
  8. スタッフが掃除していると、ウミガメたちが列を作って…… 甲羅磨きをねだる姿が「かわいいw」「気持ちいいのかな?」と話題に
  9. 「担保に傷いったのがショック」 粗品、535万円したレクサス白に擦り傷 購入報告からわずか2日の惨事に落胆
  10. 柴犬さんが「じいじとばあばのお布団の間」に一番乗り! 最高にいとおしい寝姿に癒やされる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい