ニュース
» 2017年03月21日 19時40分 公開

泳げる大型ネコちゃんやおんぶがかわいいアリクイの赤ちゃん 神戸どうぶつ王国で公開中!

アルマジロやワニガメも登場します。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 兵庫県の神戸どうぶつ王国は、スナドリネコやアリクイの赤ちゃんなどを3月11日から公開しています。

神戸どうぶつ王国スナドリネコ他 神戸どうぶつ王国 スナドリネコ

魚を追うスナドリネコ 目つきも鋭いです

 スナドリネコはイエネコの3倍ほどのサイズになるネコ科動物。インドから東南アジアにかけて沼地などに生息しています。前足の指の間に水かき状の膜があり、泳いで魚を捕まえるため「水辺のハンター」などと呼ばれています。

 同園では熱帯の湿地エリアに2頭(2015年生まれオス・メス各1頭)を展示します。水辺には魚が放流してあるので捕まえる瞬間を目撃できるかもしれません。

神戸どうぶつ王国スナドリネコ他 魚を捕る瞬間を見られるかも

 熱帯の森エリアでは、2016年12月19日に生まれたミナミコアリクイの赤ちゃんが公開されます。父・ダイゴと母・こうめの間に生まれた赤ちゃんは生後2カ月時点で体重約1600グラム、体長約40センチに成長。親の背中に乗ったかわいらしい姿を見せてくれます。

神戸どうぶつ王国スナドリネコ他 ミナミコアリクイの赤ちゃん かわいいです

 熱帯の森エリアには、マタコミツオビアルマジロ2頭も仲間入りします(オス:マジロウ4歳・メス:ミヅナ7歳)。アルマジロの特徴は体を覆う固い皮膚。敵に襲われるとボールのように丸くなって身を守ります。同園ではこの皮膚を触る体験も予定しています(時間限定)。

神戸どうぶつ王国スナドリネコ他 マタコミツオビアルマジロ 名前の由来は背中の3つの帯

 さらに、熱帯の湿地エリアではガメラのモデルになったという説のある「ワニガメ」3匹も公開予定です。アメリカ南部の河川に生息するワニガメはゴツゴツした甲羅や大きな口が特徴。体長80センチになることもある大型種です。

神戸どうぶつ王国スナドリネコ他 怪獣っぽい風貌のワニガメ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン