豪華ニャスト総出演! 映画「ねこあつめの家」ヒロイン・忽那汐里に猫の魅力を聞いてみた

日本に来て猫にはまったという忽那さん。

» 2017年04月06日 11時05分 公開
[田下愛ねとらぼ]

 人気ゲームアプリ「ねこあつめ」を実写化した映画「ねこあつめの家」(4月8日からロードショー)。スランプの小説家・佐久本勝が庭先に集まってくる猫を眺め心を癒していくニャラスジ(あらすじ)で、出演は主役の佐久本を演じる伊藤淳史さんに木村多江さん、田口トモロヲさん、大久保佳代子さんら。

動画が取得できませんでした
「ねこあつめの家」予告

 今回は同作のヒロインで、佐久本を励ます熱血編集者、十和田ミチルを演じた忽那汐里さんを直撃。現場にはニャストの一人、シナモン(ちゃはちさん役)も来てくれました。

「ねこあつめの家」忽那汐里さん 「ねこあつめの家」忽那汐里さんとシナモン。シナモンがふてニャンになっているけど忽那さんがキュートだからトントン

ミチルを「情熱だけが表に出る感じにはしたくなかった」

—— 今回のお仕事が決まったとき、演じる若き編集者・十和田ミチルについてどんなことを考えましたか?

忽那 まず、佐久本との関係をどう見せればいいかなと考えました。家族でもなければ、友だちでもないけれど、一番接する時間が長い存在なので。そして、ミチルのまだ若くて経験がないというのは残しつつも、暑苦しかったり、世間知らずすぎて、情熱だけが表に出てしまう感じにはしたくないと思いながら演じましたね。

ねこあつめの家

—— ミチルは、スランプ中の佐久本に対して、頑張ってほしいけど歯がゆい、でも傷つけたくない……という複雑に入り交じった感情を抱いて見つめていますよね。この佐久本との関係性や距離感を演じるのは難しそうですね。

「ねこあつめの家」忽那汐里さん

忽那 そうですね。作家さんと編集というのは、上司と後輩、同期といった関係性ともまた違うし、どこまで踏み込むかは人それぞれだと思うんですが、この二人ならではの距離感とか関係性は何がいいのかなと考えました。

 伊藤(淳史)さんとは前にも一緒にお仕事しているんですけれど、とても面白く、常に相手が楽しんでいるかどうか気を使ってくださる方で、すごく心地よく仕事ができるので、実際の伊藤さんとの間には壁はなく、演じている間は自由に本当に会話しているように演じていました。

—— 主人公の佐久本にはどんな印象を?

忽那 作家さんはやるもやらないも自分次第で、苦しい職業だなと思うんです。映画監督さんも脚本を書くのに「何年掛かった」というお話も聞くことがありますが、明確に先が見えない中で、地道に書いて、それをいつか出版しようと、自分に自信を持ち続けないといけない。でも、佐久本は繊細なところがあり、なおかつ周りの意見がすごく気になってしまい、いろいろなものがうまくいかなくなって、一度全て捨てて環境も変えるところまで追い込まれてしまった人だなと。


—— そんな佐久本を、ミチルは放っておけなかったわけですが、佐久本のような追い込まれた人を前にしたら忽那さんならどうします?

忽那 うーん、どうだろう? 難しいですね。ミチルは仕事だからできていますけれど、自分の周りにそういう方がいたら……本当に地道に信じてあげるしかないかなと思います。

—— ご自身とミチルの共通点や、自分とは違うなと感じた部分もありましたか?

忽那 私自身は、ミチルよりももう少し自分の情熱や野望を冷静に見ている気がします。ただ、彼女のように、今の自分では、やりたい方向に物事を導いていけない……というじれったさも感じたことはありますね。

—— この映画は、ちょっとしたきっかけで人は変わるというのもテーマの1つだなと思いましたが、忽那自身の人生の転機も気になります。

忽那 1年くらい前から、積極的に、現場で共演者の方や監督さんとコミュニケーションをとることを意識するようになりました。仕事をしていくチームの中でみんなとかかわっていたいなと思うようになって。やっぱり環境は大事ですから、仕事をしていく人との距離感が変われば全部変わった感じもしますし、これは大きいですね。

—— そうなんですね。何がきっかけだったんでしょう。

忽那 ドラマ「鴨川食堂」で萩原健一さんと共演してからですね。ある意味レジェンドのショーケンさんは、今まで会ったことがないような面白い方で、すごくかわいがってもらいましたし、いろいろ教えてもらいましたね。撮影の後半なんて、もう目を合わせれば笑っちゃうくらい、いい関係が築けて。(撮影が)終わるときはもう毎日会えないんだって、ものすごく寂しくて。それからは現場でなるべく人とかかわろうと。

猫もプロ? 「相当すごいです」

「ねこあつめの家」忽那汐里さん

—— 映画の中で一番印象深いシーンはどこですか?

忽那 佐久本先生が初めて猫の魅力に気がついたところ。私自身ももとから猫派だったわけではないので、その感覚が分かりますし、猫だけじゃなく、何かに気がついた瞬間って可能性がどんどん広がっていくときで、その瞬間が多ければ多いほどいい循環になって、いいんだろうなと思います。

—— もしかして、この映画をきっかけに猫派に?

忽那 あ、私は日本に来てからはずっと猫派だったんです。

—— お、そうなんですね。

忽那 猫はすごく好きで、オーストラリアに住んでいたころは、あまり野良猫と接する機会がなかったんです。(土地が)広大なので、猫も野性的な感じで、寄ってくることも基本ないから。日本に来てから、3〜4カ所くらいの地域に住んだんですが、偶然どこの地域もすごく野良猫が多くて、しかも人間慣れしていて、ついてきたりもするので仲よくなってはまっていった感じですね。

忽那汐里

—— 猫って不思議な魅力がありますよね。

忽那 他の動物と違って、唯一しつけができないところが逆にみんなが好きな理由ですよね。呼んだら必ずしも来るわけでなく、自由気ままに生きている感じがみんながはまる理由じゃないかと思います。

—— 先だって公開された動画インタビューで「猫との場面が少なくて残念」と話していましたが、何か猫とやりたかったことは?

忽那 ただただ猫に触れたかったですね。本編ではあまり触れることがなかったので。撮影じゃないときは遊んでいて、たまに抱っことかもさせてもらいましたが。

—— 撮影中、猫の機嫌待ちなどもあったりしそうな。

忽那 そんなになかったです。私は猫とのシーンは少なかったんですが、一番多かった伊藤さんも全く苦労しなかったそうなので、今回は本当恵まれていたというか。特に今日ここにいるシナモンちゃんは、取材もいつも一緒にいるんですけれど、一日中平気なんですよ。

—— プロ猫(笑)。作中には「くろねこさん」「ちゃはちさん」など“ニャスト”もたくさん出てきますが、特に印象に残った猫もやっぱりシナモン?

忽那 そうですね。シナモンは相当すごいのでダントツでシナモンですね。妙に落ち着いているというか、シナモンは「今ここに置いたら、絶対動かない」と自信を持っていえます。これだけおとなしい猫もそういないかなと。

動画が取得できませんでした
全猫が鳴いた「ねこあつめの家」特報・ハリウッド編

—— 映画で、主人公の佐久本は猫に癒されますが、忽那さん自身が癒されるのは、どんな瞬間ですか?

忽那 癒しはやっぱり音楽です。映画やスポーツも好きですが、映画は見終わってからいろいろと考えることがありますし、スポーツは応援しているところが負けたら1日むしゃくしゃするので(笑)。唯一、音楽が他のことを考えずに楽しめるものですね。自分でたまにギターを鳴らすこともありますし、ここ最近は70'sのR&Bが好きでよく聴いています。

—— 庭先に猫をたくさん集めて暮らす「ねこあつめ」のような生活を送ってみたい?

忽那 猫に限らず動物は何でも好きで、虫も大丈夫だし、鳥も自由に飛んだ方がいいので飼いたいとは思わないのですが、鷹とかがすごく好きです。いつかたくさんの動物に囲まれて暮らしたいなぁとは思いますね。

—— 最後に、公開を楽しみにしている皆さんへのメッセージをお願いします。

忽那 猫がテーマでもありますが、もう1つ、人間ドラマもちゃんと描かれている作品なので、いろいろな方に見ていただけたらと思います。

「ねこあつめのいえ」忽那汐里さん

(C)2017 Hit-Point/『映画ねこあつめ』製作委員会

田下愛


関連キーワード

| ねこあつめ | 映画 | 忽那汐里 | 癒し


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/18/news040.jpg 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  2. /nl/articles/2407/18/news016.jpg お姉ちゃんが会いに行くとお顔がとけちゃう柴犬→帰ろうとした瞬間…… 別犬のような見た目の変化に「想像以上で笑ったwww」
  3. /nl/articles/2407/17/news159.jpg 「マジかw」「すごいことなってる」 お笑い芸人が米オーディション番組で日本人初快挙を遂げる
  4. /nl/articles/2407/18/news035.jpg 「SNSの英知」 そうめんの巨大空き箱の“天才的な使い道”があまりにも予想外で話題に 「まねしよう」
  5. /nl/articles/2407/17/news162.jpg 「これ一瞬で店頭から消えるやつ」 “ファン待望のガンプラ”発売決定 「よりにもよって」発売日も話題に
  6. /nl/articles/2407/17/news030.jpg 「すげーな」「鉄壁の防御」 福岡県にあるイオンの“厳重な浸水対策”がガチすぎると780万表示→パワーアップした“現在の姿”にも注目
  7. /nl/articles/2407/17/news026.jpg 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  8. /nl/articles/2407/16/news065.jpg 「誰が、鹿や。」 ニホンカモシカが静かな怒り→ポスターに記された“衝撃の事実”に謝罪続々 「失礼しました」「ごめんなさい」
  9. /nl/articles/2407/17/news027.jpg 観葉植物“モンステラ”、無限に増やす目からウロコの方法が100万再生 「すごい!!」「そんなに簡単に根っこが」
  10. /nl/articles/2407/18/news062.jpg 「日本語ややこしい」 1時間弱と1時間強は何分くらい? → 明解イラストに反響続々 「勘違いしてました!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」