ニュース
» 2017年04月11日 10時00分 公開

もしかして共食い……? イカがイカを捕える瞬間が南極海で撮影される 体当たりしながら触手でがっちりホールド

深海調査の準備中にたまたま撮れたもの。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 オーストラリアの研究機関・CSIRO(オーストラリア連邦科学産業研究機構)が、南極海でイカがイカを捕らえる瞬間を撮影した動画をYouTube上に公開しています。もしかして共食い……?



 南極海の深海生物を調査しようと機材の準備をしている際に、たまたま撮影されたもの。小さなイカが棒の先端に飛びついた直後、早い速度で泳いできた大きなイカが、体当りしながら触手で捕獲。小さなイカは身動きが取れないまま、画面外に連れ去られてしまいます。このまま食べられちゃったのかなあ……。

 National Geographicによれば、イカにはよく共食いをする種が存在するほか、別種間での捕食も珍しくないそう。人間にはショッキングに見える映像ですが、深海では意外とよくある光景なのかもしれません。


画像 画面左から伸びている棒は、水深を調べる機材

画像 それに寄ってきた小さなイカ

画像 横から大きなイカが現れて……

画像 触手でがっちりとホールド

画像 2匹はそのまま画面外へ。わずか数秒間の出来事でした

 なお、南極海には約70種のイカが生息しているものの、その種を特定するのは難しいとのこと。CSIROも動画に登場した2匹のイカを「not so friendly squid(あまり仲の良くないイカ)」と説明するに留めています。


マッハ・キショ松


関連キーワード

南極 | 撮影 | 動画


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する