ニュース
» 2017年10月13日 17時30分 公開

日本の水族館初! 池袋・サンシャイン水族館で超珍しいタツノオトシゴの仲間「リボンドパイプフィッシュ」を展示

リボンドパイプフィッシュの「龍」のいでたちには貫録を感じます。

[誠場涼,ねとらぼ]

 東京都・池袋のサンシャイン水族館が、とても珍しいタツノオトシゴの仲間「リボンドパイプフィッシュ」を、日本の水族館で初めて展示します(※)。



 オーストラリアでは「リボンドシードラゴン」とも呼ばれている「リボンドパイプフィッシュ」。その特徴は、細長い体と目の上や体にある枝状の海藻のような突起で、タツノオトシゴの仲間に属するようです。


リボンドパイプフィッシュ 美しい!

 赤みがかった茶色と緑の海藻のコントラストがきれいな「リボンドパイプフィッシュ」。なんと、飼育経験が一番豊富なサンシャイン水族館館長(丸山克志 館長)も実物を見たことがなかったほど、珍しい生き物なんだとか。10月13日より館内1階「生き物たちの不思議」水槽で展示しています。

  • リボンドパイプフィッシュ

(学名:Haliichthys taeniophorus、英名:Ribboned pipefish、Ribboned seadragon、Ribboned pipehorse)

インド洋〜太平洋やニューギニアのイリアン・ジャヤからオーストラリア北西部に分布し、熱帯海域沿岸の水深16メートルまでのサンゴ礁や藻場に生息。細長い体と、眼の上や体にある枝状で海藻のような突起が特徴です。小型プランクトンや甲殻類などを食べ、成長すると30センチほどになります。生息域により体色が異なり、緑色〜黄色から茶色がかった赤色などさまざまです。浅海域で見られるものは、主に緑がかった黄色ですが、生息水深が深くなるにつれて、茶色から赤みを帯びた体色の個体が多く見られるようになります。



リボンドパイプフィッシュ 水中パフォーマンスタイム〜ハロウィンver.〜

 また、サンシャイン水族館では10月31日までハロウィン・パーティを開催しています。魚たちが水中でジャック・オー・ランタンに変身する「水中ぱふぉいーマンスタイム〜ハロウィンver.〜」は写真で見ても圧巻です。

※日本動物園水族館協会の展示記録(2004年〜現在)調べ



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響