ただの猫カフェじゃない! 捨てネコと飼い主をマッチングする保護猫カフェ「SAVE CAT CAFE」に行ってきた

ふつうのネコカフェとはちょっと違う、ネコと人のためのお店。

» 2017年11月05日 13時00分 公開
[エンジンねとらぼ]

 ネコなどかわいい動物たちとふれあいながらお茶を楽しむことができる「動物カフェ」が人気です。その中には、ペットがしあわせに暮らせるようにユニークな試みを行っているお店もあります。今回取材した保護猫カフェ「SAVE CAT CAFE」もその1つです。


保護猫カフェ ルームの中では猫たちがマイペースに行動

ネコと里親をつなぐお店

 SAVE CAT CAFEがあるのは、大阪市北区天神橋筋商店街。JR天満駅から歩いて5分ほどの場所です。落ち着いた照明が印象的な店内は飲食スペースとふれあいスペース(キャットルーム)に分けられており、利用者は時間に応じた料金を支払うことでルーム内のネコと遊ぶことができます。


保護猫カフェ 大きな看板が目印


保護猫カフェ ゆったりくつろげる店内

 ルーム内のネコは部屋中を走り回ったり、ベッドでごろんと寝ころんだりと気まぐれに行動しています。カメラを向けると興味ありげに近づいてのぞき込んでくるのがとてもラブリー。


保護猫カフェ トンネルの中にも!


保護猫カフェ ふつうの猫カフェとはちょっと違う?

 カフェにいるネコは全て、もともと野良猫だった子や、飼い主に捨てられた子で、みんなつらい過去を持つ猫たちです。このお店ではそうしたネコたちをNPO法人「おおさかねこネット」から預かり、お世話しているのです。カフェのネコたちと利用者がふれあい、「互い」が納得した上で、さらにいくつかの審査をパスすれば一緒に暮らすことができます。また、飲食スペースでケーキやドリンクを注文すれば、支払ったお金はネコのお世話代に使われるのです。


保護猫カフェ お店を利用することがネコの暮らしにつながる

 この保護猫カフェは一体どのような経緯で作られたのか。また、ネコと人がしあわせに暮らせるためにどのような工夫をしているのか。店長の曽野宏信さんに詳しくお話を伺いました。

2年間で100匹以上のネコが里親の元へ

―― お店を開くこととなったきっかけについて教えてください。

曽野宏信さん(以下:曽野) 一番のきっかけは、インターネットでネコが殺処分される動画を見たことですね。「このようなことが世界で起こっていてよいのか」と、強い衝撃を受けました。そこからボランティアや里親会などのお手伝いをするようになったんですが、活動を続けていく中で、ネコちゃんと里親になってくれる方をよりよくマッチングさせるためには「保護カフェ」というやり方が一番よいのではないかと考えるようになり、2015年4月にこの店をオープンしました。

―― なぜ、保護猫カフェというやり方がよいと考えたのですか?

曽野 ネコを飼うというのは、家族に迎え入れて10年も20年も暮らし続けるということ。ですので、引き取りたいと考えたネコちゃんがどういう性格なのか、ふだんはどのような様子なのか、事前にしっかりと知っていただけた方が送り出す側としても安心できます。そのための方法として、保護猫カフェがよいのではないかと。飼い主さんもカフェのネコちゃんたちも、ふれあうことによってお互いを知ることができると考えているのです。


保護猫カフェ ネコとふれあいお互いを知る

―― カフェの猫たちですが、どういう経緯でここにやってくるのですか?

曽野 おおさかねこネットの会員さんが保護されるのですが、最近多い理由としては「多頭飼育崩壊」というものです。これは不妊去勢手術を受けておらず放し飼いにされているネコちゃんがノラちゃんと接触することによって子どもを増やしてしまうというもので、多い場合は70匹以上に増加することもあります。そのために周囲から苦情がきたりしてどうしようもなくなり、ボランティアさんが相談を受けて保護しています。こういった問題が最近各地で起きているのです。

―― 店内に貼られているポスターを見たのですが、「さくらねこTNR」(野良ネコの無料不妊手術事業)などはそうした問題を防ぐためにあるんですね。

曽野 そうですね。その他の理由としては、高齢の方が今まで1人で飼っていたけど、老人ホームに入るために飼えなくなり、他の家族も引き取れない。そういう経緯で殺処分されてしまうのを防ぐためにボランティアさんが相談を受けて引き取って、うちにくるということもあります。でも、確かにどうしようもない場合もあるのですが、本来であればそういうところまで考えてネコちゃんを迎えて暮らすのが当たり前だとは思います。ネコちゃんは自分でおうちを決めることができませんから、人の運命に振り回されてしまうんです。


保護猫カフェ 看板猫の「いちろー」。耳の一部が切り取られているのは去勢手術を受けた証明
保護猫カフェ お耳にはそんなヒミツがあったんですね

―― この店に来るネコは月にどれぐらいで、引き取られていくのは何匹ほどですか?

曽野 平均的には月3〜4匹で、1歳前後の若いネコが来ることが多いです。ただ、春から秋にかけては野良ネコの繁殖シーズンなので、その時期は子ネコが多くなります。この店ではネコちゃんが卒業していけばその代わりに新しい子が来るという仕組みなので、引き取られる数も同じです。月によってムラがありますので、年間でいうと30匹、多くて40匹、この店をはじめてからおうちがきまった子は今までで100匹を超えています。

―― かなりの数ですね。

曽野 保護猫カフェは他にもあるので比較して多いか少ないかは分かりませんが、早いペースで決まっていってるとは感じます。ただ、譲渡するにあたっても提携のNPO同様審査や面談、そしてトライアル飼育を設けています。審査の内容は、ネコちゃんを飼える環境であるか、その飼い主さんにはどういった個性や性格を持つネコちゃんがふさわしいかということを見ます。例えば、昼間よくお出かけになられる方であれば、大人しくマイペースな子の方が向いているのではないかといった感じです。トライアル飼育では、実際にトイレやゴハン、ケージや脱走対策について事前にご準備いただいて、ネコちゃんと一時的に一緒に暮らしていただきます。


保護猫カフェ ルーム内のネコたちはとっても個性豊か。でも仲良し


保護猫カフェ 同じく看板猫の「とらいち」と「とらぞう」。茶トラの兄弟で、とっても甘えたがり

さまざまな工夫で快適なネコライフ

――ネコと飼い主のよりよいマッチングを成功させるために行っている工夫などは?

曽野 TwitterFacebookInstagramといったSNSに、ネコちゃんの個性が分かるような画像を投稿しています。もしご来店前に気になるネコちゃんがいれば、それらを見ていただくだけでも「あっこの子はすごい甘えん坊なんだ」「この子は遊び好きなんだ」といったある程度のイメージを持っていただくことができるのではないかと。また、お店づくりにおいても、ネコちゃんがのびのびとできる環境に気を配ってまして、お店でのネコちゃんの様子を見れば、飼い主の方がおうちで一緒に暮らす状況をイメージしやすくなると思います。「自分の家だったらこんな感じかな」と。


―― ルームの方も拝見しましたが、ストレスや不安を与えないよういろいろなことに気を遣っているのですね。

曽野 ネコちゃんの安全とリスクケアにはかなり気を付けています。キャットルームの中にある電気コードは噛んでも大丈夫なよう全て保護カバーを設置してますし、ケージの隙間に足を挟んでねんざや骨折をしないよう、敷居板もかぶせています。後はキャットルームの定員数も決めてまして、あまり人を詰め込みすぎず、トラブルが起こりにくいようにしていますね。また、うまくふれあっていただくために、スタッフがネコちゃん一匹ずつの個性や性格、名前や保護の経緯について接客を通して伝えさせていただいたりしています。ネコジャラシの使い方やなで方についても、さりげなくレクチャーさせていただいてます。


保護猫カフェ こちらも工夫の一つ。ネコが逃げ出してしまわないよう二重扉になっている

―― それでは最後の質問になるのですが、今後保護猫カフェを運営していくにあたって課題などはありますか?

曽野 今以上にお客様もネコも過ごしやすいお店づくりがしたいと毎日のように考えています。キャットルームでのルールについても細かく修正を加えたり。また、毎月ネコは卒業していってますが、そうなると接客やレイアウトの方法を変える必要があるんです。例えば遊ぶのが好きな子が来た場合、ねこじゃらしの数を増やしたり、ゆっくり寝るのが好きな子が来たらベッドを増やしたりとか。保護猫カフェ自体、全国で増加傾向ですので、お客さんもさまざまなお店からネコちゃんを選べるといういい流れになってきています。そんな中、保護猫カフェを運営する側としては「より魅力的なお店づくり」は意識しています。やはりお店であって寄付金はもらってないので、他のお店より魅力的であるように日々がんばっています。


保護猫カフェ かわいいネコたちのためには、魅力的なお店づくりが不可欠

ネコたちを守る保護猫カフェの取り組み

 実際、ルーム内のネコたちが非常にのびのびと過ごしていた点からも、曽野さんがお話されていた「ネコと人がしあわせに過ごすためのお店」を実感することができました。

 ペットと人間とをめぐる問題に関して、SAVE CAT CAFEをはじめとする保護猫カフェの行う取り組みは確実に効果を上げています。ネコと遊ぶことができるだけでなく、利用することで彼らの生活を助けるられるのが保護猫カフェの特徴。一緒に暮らすにあたって必要なことを勉強することも可能なので、もしネコを飼いたいと考えているなら、一度お店に足を運んでみるのもよいかもしれません。


保護猫カフェ ネコだってよりよい飼い主を探している


エンジン


関連キーワード

| 猫カフェ | 動物


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/20/news090.jpg 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  2. /nl/articles/2406/17/news109.jpg 0歳赤ちゃん、寝ていたはずがベビーモニターに異常発生!→ママが駆け付けるとまさかの…… 爆笑の光景に「かわいすぎるっっ」「朝から癒やしをありがとう」
  3. /nl/articles/2406/19/news008.jpg 「別人かよ」「泣けた」 “オタク”と言われ続けた男性が…… “激変イメチェン”に「こんなに変われるなんて」と称賛の声
  4. /nl/articles/2406/17/news110.jpg 野菜売り場にて、子どもが「ママみて!おこってゆ!」→視線の先を見ると…… 思わず「ホントだ!」と声が出る“衝撃の光景”が話題
  5. /nl/articles/2406/19/news207.jpg 「生成AI」使用巡り著名歌手がアニメイベント出演辞退「クリエイティブに対する姿勢の相違」 主催者「自覚が足りなかった」と謝罪
  6. /nl/articles/2312/25/news180.jpg 摂食障害公表の遠野なぎこ、エイヒレ1皿食べきれず「お店の方ごめんなさい」 苦しみつづり“体重また減ってた”SNS投稿も
  7. /nl/articles/2406/19/news016.jpg 30万円で買ったゴミ屋敷を“35万円”で激安DIYリフォーム! 1人でやりきった劇的な仕上がりに「本当に尊敬」「こんなにも綺麗に!」
  8. /nl/articles/2406/20/news016.jpg 山にカメラを仕掛けてみたら、驚きの光景が…… 水たまりで涼をとる意外な生き物の姿に「リラックスしすぎw」「可愛すぎんか」
  9. /nl/articles/2406/20/news050.jpg 水中でバラを放置→200日後の“衝撃の変化”に仰天 「本当に予想外」「魔法のような変身」【海外】
  10. /nl/articles/2406/19/news026.jpg 「暑がり全人類に配り歩きたい」 “身に付けるクーラー”が約2200万表示で反響 「止まらない汗とさよならできた」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」