ニュース
» 2017年07月29日 19時00分 公開

モフモフのウサギを抱っこし放題! ビル一棟まるごとウサギのテーマパークへ行ってきた

ウサギさんと抱っこしたり、添い寝したりできます。

 猫カフェブームを受けて、動物と触れ合える店が増え続けている。今やインコやフクロウがいるカフェもあれば、ヤギと散歩したり、ペンギンがいるBARもある。そんな中、5階建てのビルがまるまるウサギと触れ合うためのスペースとして営業するウサギのテーマパークが浅草にあるという。その店とは、「Bunny's Theme Park HUTCH ASAKUSA(バニーズ テーマパーク ハッチ浅草)」だ。


うさぎ 壁には、これまで世界83カ国から来店したお客さんがウサギを抱いた体験写真が貼られている

 まずは入場前に受付。体験できるプランが3つあり、8種類24匹のウサギを見て生態を学ぶプラン「HUTCH MUSEUM(ハッチミュージアム)」と、ミュージアムにいるウサギを時間無制限で抱っこし放題のプラン「HUG BUNNIES(ハグバニーズ)」、そして抱っこし放題で、さらにウサギとお部屋で遊んだり添い寝したりできるプラン「GREAT EXPERIENCE(グレートエクスペリエンス)」から選択できる。

 せっかくなので、ウサギとの時間を目いっぱい堪能できる「GREAT EXPERIENCE」に決定 。価格は、抱っこし放題のプラン4000円にプラス1000円(30分ごと)だった。

 店内に入ると、ムーディーな明かりの中にウサギハウスがズラリと並んでいる。この中から、お部屋へ連れて行くウサギを決めるのだ。


うさぎ 店内が薄暗いのは、美術品のようにウサギをよく観察してほしいとの思いから

 そこで、じっくりと眺めて吟味。今まで見たことない珍しいウサギがたくさんいる。かわいい……!


うさぎ 食事中のジャージーウーリー


うさぎ 寝ぼけまなこのミニレッキス


うさぎ おねむのライオンロップ

 どのウサギも甲乙つけがたい良さがある。案の定、連れて行く一匹を決めかねていると、スタッフさんから「抱っこし放題なので、それぞれのウサギさんとの相性をみて好きな子を見つけてください」との助言を得た。

 抱っこすることでみせる特別なしぐさや表情があり、より深く相性を計ることができるという。また抱く練習もかねており、慣れるとウサギとの接し方に自信が持てるようになり、楽しみも倍増するそうだ。抱き方もしっかりとレクチャーしてくれるため、すぐにうまく抱っこできるようなった。


うさぎ アイラインが特徴的なドワーフホトのほとちゃん

 アイラインが入ったドワーフホト以外にも、ピーターラビットのモデルとなったネザーランドドワーフや、耳のたれたライオンロップ、真っ黒のジャージーウーリーなど、たくさん抱っこ。どのウサギも小さくて、おとなしくて、フワフワで、近くで見るつぶらな瞳が、かわいすぎる!

 それにしても、獣臭さがないのが不思議である。畳の香りがして、体もきれいだ。その理由を聞いてみると、どうやらエサとハウスに秘密があるらしい。エサは、イギリスのフードとアメリカから取り寄せた競走馬用の牧草を与えているため、体の中からキレイで健康になり、排せつ物から匂いが出にくい体になるとのこと。またハウスは、特許の最新技術を駆使した汚れが付着しにくい素材を採用し、床にはフルーツのエキスをコーティングした完全植物性無添加の特殊洗浄剤を使用しているため、汚れにくく清潔を保つことができるのだという。

 さて、連れて行くウサギが決まると、専用のカゴに入れて部屋へと移動。部屋には赤いソファベッドとプロジェクターが設置されていた。ここではウサギと戯れるほか、インターネット、映画鑑賞、ゲームなどでのんびり過ごすことができる。


うさぎ 二人用の赤いソファベッド。幅が細めで、婚活イベントを行った際は大好評だったそうだ

 筆者が選んだウサギはというと、スタッフのイチオシ、ジャージーウーリーのくいーんちゃんだ。部屋に放すと、すぐにぴょこぴょこと寄り添ってくる。人懐っこくて本当にかわいい!


うさぎ マニアが好む珍種、ジャージーウーリー

 もう、たまらず、こうする。


うさぎ くいーんちゃんと添い寝

 その後は頭をなでたり、愛らしい姿を写真に収めたりして楽しんだ。また浅草の景色が望める屋上にも連れて行き、爽快な気分といやしを同時に体験した。ちなみに、時間内であれば、ウサギは何回でも交換可能。気になっていたもう一匹、ネザーランドドワーフのしんちゃんとも遊ぶことができた。


うさぎ カゴから外の様子をうかがうネザーランドドワーフのしんちゃん


うさぎ スカイツリーや浅草寺が見えて爽快な気分

 この店は、浅草という土地柄もあり、外国人からの人気も高い。スタッフによると、プライベートジェットでやってきたインドネシアの王族や、アメリカ空軍の同僚から薦められてやってきたエアフォースワンの乗組員など、バラエティに富んだ面々が来店しているという。時にはこの店のウサギが忘れられず、帰国後に販売してほしいとお願いされることもあるとか。世界中のウサギ好きを虜にするのも頷ける納得の充実感だった。

(伊佐治龍/LOCOMO&COMO)

関連キーワード

うさぎ | 〜放題 | かわいい | 動物 | 猫カフェ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/21/news020.jpg 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  2. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. /nl/articles/2402/21/news084.jpg 米セレブの18歳娘、“整形し過ぎ”指摘に強気の回答「美しいのは生まれつき」 露出増加&黒人化を心配する声も
  4. /nl/articles/2402/21/news117.jpg えっ闇? マシン・ガン・ケリー、“スピリチュアルな目的”の新タトゥーに衝撃走る 「次のレベルに行った」「クソ気持ち悪い」と賛否
  5. /nl/articles/2402/21/news037.jpg 「雪見だいふくの天使」と話題の5歳女の子、父への“お伺い”が350万再生突破! あまりにかわいいやりとりにキュンが止まらない
  6. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  7. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  8. /nl/articles/2402/20/news096.jpg 「ピザハット・マルゲリータ」が1990円→590円に ピザハットが奇跡の4日間を開催
  9. /nl/articles/2402/16/news130.jpg 愛情いっぱいに育てた預かり子猫との最後の夜…… 「忘れて」と繰り返す親心に「涙止まりません」「幸せを願っての言葉」
  10. /nl/articles/2402/21/news095.jpg 韓国俳優、ドラマ「私の夫と結婚して」で37キロ減量した激やせショット公開 末期ガン患者役作りで
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」