「子どもを持つことだけが、女性の幸せではない」を描いていく「HUGっと!プリキュア」のすごさサラリーマン、プリキュアを語る(2/3 ページ)

» 2018年06月21日 18時00分 公開
[kasumiねとらぼ]

プリキュアの家族の描かれ方の多様性

 プリキュアシリーズはもともと、多様性のある家族描写が多かったように記憶しています。

 15年間のシリーズを通して「父親が働き、母親は家を守る」といった古い(?)形態の家庭は意外と少なく、両親がお店を経営していたり、共働きだったりする家庭の方が多いのです。

(参考記事:娘を、プリキュアにするために就くべき職業5選

 それはプリキュアというアニメが、「女児向けアニメーション」であり、単純に「女の子のあこがれるシチュエーション」を重視してきたためだと思います。

(プリキュアは決して「ポリティカルコレクトネスや男女間の問題を提起するためだけのアニメ」ではなく、あくまで子ども向け娯楽作品なのですよ)

 お花屋さんだったり、ファッションデザイナーやお医者さん、女優さんなど「HUGっと!プリキュア」のエンディングテーマ「HUGっと!未来 ドリーマー」で歌われる職業に両親とも就いていることが多かったのです。

 今作「HUGっと!プリキュア」では、野乃はな(キュアエール)の両親は、お父さんが「ホームセンターの店長」、お母さんが「雑誌記者」と両親は共働きです。

プリキュア HUGっと!プリキュア 愛崎えみる キュアマシェリ ルールー キュアアムール 田村奈央 田村ゆかり はなちゃんのお父さんはホームセンターの店長

 また野々家では、お母さんもお父さんも家庭で料理をする描写が多々見られます。

(第1話では、お母さんが「今日は歓迎会で遅くなるから、夕ご飯お願い」とお父さんに頼む場面があったり、お父さんが夕飯の残りものを朝ごはんにリニューアルしたりと、家事の描写も多く見られます)

プリキュア HUGっと!プリキュア 愛崎えみる キュアマシェリ ルールー キュアアムール 田村奈央 田村ゆかり ルールーを家族として受け入れるはなのお母さん、野乃すみれ。包容力すごい

 また、野乃家ではアンドロイドである「ルールー」を「ゲスト」ではなく「家族」として受け入れています。

(当初はなのお母さんは洗脳されていたのですが、洗脳がとけても全てを受け入れる姿勢をみせました。これが後のルールーがキュアアムールへとなる「第一歩」となっているのですよね)

 野乃はなちゃんも「ルールー」に対し「家族になろう」と言います。「家族」という言葉の重要さが垣間見えます。


さあやのお父さんは専業主夫

 「共働きで家事は夫婦2人で行う」という野乃家に対し、2人目のプリキュア薬師寺さあや(キュアアンジュ)の両親は、お母さんが有名女優、お父さんは「専業主夫」という形態をとっています。

(※お父さんが専業主夫であることは、朝日新聞2018年5月5日朝刊のプリキュア特集の記事に記載があります)

 忙しく働く大女優のお母さんは、薬師寺さあやの心のハードルでもあり目標でもあり「乗り越えなければならない存在」として描かれます。

 逆にお父さんが「専業主夫」として家庭を守り、家でさあやのために大好物の激辛カレーを作るなど家庭的な描写が見られます。

プリキュア HUGっと!プリキュア 愛崎えみる キュアマシェリ ルールー キュアアムール 田村奈央 田村ゆかり お母さんは大女優、お父さんは専業主夫の薬師寺さあや。母にコンプレックスを持っている

 「専業主夫」という概念を子ども向けアニメであるプリキュアで表現していることは、時代が一歩一歩前進しているように感じますよね。これを見て育った子どもたちは将来「専業主夫」という職業を今よりも肯定的に捉えていくようになっていくのでしょうね。

 また同作の内藤圭祐プロデューサーは、朝日新聞2018年5月5日朝刊のプリキュア特集の記事で家族描写について、

「時代の流れの中で、多彩な家族像が物語の中に自然に溶け込めるようになりました。気をつけているのは、決まった家庭像が模範なのだとは描かないこと」

と言及しています。

 プリキュアでは「決まった家庭像」を「模範」とは描かないようにする。さまざまな家族形態があっていいし、どれが「正解」というわけではないということを小さな子どもとその親に向けて発信していけるのは「プリキュアという子ども向けアニメ」の強みであると思います。それは未来を変えていくことにつながっていくのです。

プリキュア HUGっと!プリキュア 愛崎えみる キュアマシェリ ルールー キュアアムール 田村奈央 田村ゆかり ルールーの歓迎会を開く野乃家

 ただ「どんな形態の家族をも否定しない」のに、第19話においては「お父さんは仕事、お母さんは家庭を守る」といった保守的なジェンダー観を否定している描写がありました。

 それを体現していたのが、もう1人の新しいプリキュア、キュアマシェリになった「愛崎えみる」の家庭です。

 愛崎家は両親は「音楽家」で自由奔放な設定ながら、「おじいちゃん」が保守的な思想を持っていて、長男を縛っている、という設定です(『アニメージュ』2018年7月号 インタビュー記事より)。

プリキュア HUGっと!プリキュア 愛崎えみる キュアマシェリ ルールー キュアアムール 田村奈央 田村ゆかり 愛崎家。兄、正人は保守的な思想で妹えみるを苦しめる

 その「愛崎家の長男」、正人君はおじいちゃんに縛られているのか、かなり保守的な思想で、

「女性はこうあるべきだ」「女の子がギターなんて」「女はヒーローになれない」といった保守的なジェンダー観を妹である、えみるに強いていました。

 しかし、第19話で怪物(オシマイダー)と化した正人君は、先進的なジェンダー観を持つ友人アンリ君に諭されて考えを改め、妹と和解しました。

プリキュア HUGっと!プリキュア 愛崎えみる キュアマシェリ ルールー キュアアムール 田村奈央 田村ゆかり 先進的な思想を持つ若宮アンリ

(先般、ネットで話題になったプリキュアの「男の子だってお姫様になれる」はこのときの発言ですが、この言葉自体はこの回の主題ではないのですよね。ただ言葉が独り歩きしてしまい、少し話題になりました)

(参考記事:「女の子はプリキュア 男の子は仮面ライダー」の表現が物議 白樺リゾート池の平ホテルのCM取り下げに賛否両論

 このアンリ君の「もっと自由であるべき」という発言は逆に「古い保守的なジェンダー観の否定」になっているのでは、との声も上がりました。

 「どんな家族観があっても良い」と言うプリキュアで、「保守的ジェンダー観を否定する」のは良いのでしょうか?

プリキュア HUGっと!プリキュア 愛崎えみる キュアマシェリ ルールー キュアアムール 田村奈央 田村ゆかり えみるの兄、正人を説得したのは若宮アンリとキュアエール(野乃はな)

 その答えは「野乃はなちゃん」が作中で言及しています。

 妹えみるに詰め寄る兄、正人に対し、

「人の心をしばるな!」

と言い放ったのです。

 今作では、古い制度のジェンダー観が「悪い」のではなく、その保守的なジェンダー観をもとに「人のこころを縛る」のが良くない、と結論づけました。

プリキュア HUGっと!プリキュア 愛崎えみる キュアマシェリ ルールー キュアアムール 田村奈央 田村ゆかり 和解したえみると正人

 妹えみるは、家でギターをひくことを隠さない、つまりは「自己を否定しない」ことを決め、兄、正人は妹を理解し受け入れ、2人の関係は修復しました。

 観てくれる小さい女の子に「将来子どもを持つことが女性の幸せだ」という価値観を刷り込んでしまうことは、私は絶対にやりたくないんです

これは、「子どもをもつことが女性の幸せ」という価値観で「女性を縛る」のは良くない。

 ということなのではないかと思います。

 「HUGっと!プリキュア」。

 前半の20話をかけてずっと言い続けてきたのは、この「人の心は縛れない」ということではないでしょうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」