「子どもを持つことだけが、女性の幸せではない」を描いていく「HUGっと!プリキュア」のすごさサラリーマン、プリキュアを語る(3/3 ページ)

» 2018年06月21日 18時00分 公開
[kasumiねとらぼ]
前のページへ 1|2|3       

「あなたを愛し、自分を愛する」

 「HUGっと!プリキュア」は、とにかく「たくさんの選択肢」を子どもに見せています。

プリキュア HUGっと!プリキュア 愛崎えみる キュアマシェリ ルールー キュアアムール 田村奈央 田村ゆかり えみるをかばうルールー

 女の子だってヒーローになれる。

 男の子だってお姫様になれる。

 お母さんだって、働く。

 お父さんだって、専業主夫。

 女の子だってギターをひいても良い。

 男の子だって、スカートをはく。

 それらの選択肢を選ぶ際に必要なことは、今、「目の前にいる人を愛する」だけではだめで、同時に「自分も愛する」ことが必要なのじゃないかと思うのです。

 それがつまり、愛崎えみるとルールーの変身前の言葉、

「あなたを愛し、自分を愛する」

なのではないかと思うのです。

 「他者への思いやり」と「自己肯定」は同じくらい大切なことである。

 「あなたを愛し、わたしを愛する」

その言葉にはそんな意味が込められているのだと自分は思っています。

(そしてそれは、野乃はなの決めゼリフ「フレフレ! みんな、フレフレ! わたし」にもつながっていきますよね)


なんでもできる、なんでもなれる

 もう1つ。「HUGっと!プリキュア」がずっと言い続けてきたことに、「なんでもできる、なんでもなれる」があります。

 「なんでもできる、なんでもなれる」というのは「自分で決断し、その責任を取る」ということに他なりません。

 そのためには「自己を確立し、相手を受け入れる」必要があるのでしょう。

 それを描いていくには「ど直球のジェンダー」や「ど直球の人生論」に踏み込まないと小さな子どもには伝わらないでしょうし、「なんでもできる、なんでもなれる」を描いていく上で、

「自分のなんでもなれる」が「相手のなんでもなれる」を妨げたときにどうするか、も描いていかないといけません(今回の「プリハートが1つ問題」ですよね)。

プリキュア HUGっと!プリキュア 愛崎えみる キュアマシェリ ルールー キュアアムール 田村奈央 田村ゆかり 1つしかないプリハート。「ルールーがプリキュアになるのです」「一緒にプリキュアになりたい」

 第20話で愛崎えみるは言いました。

 「ルールーと友達になって私はちょっとだけ自分を好きになりました」。

 自分を否定していた女の子が、自分を好きになりました。

 ルールーは返します。

 「私もです。私もえみるといると制御不能。でもそれが温かい」。

 心を持たなかったアンドロイドが、人間を好きになりました。

プリキュア HUGっと!プリキュア 愛崎えみる キュアマシェリ ルールー キュアアムール 田村奈央 田村ゆかり 友達になったえみるとルールー

 そんな2人がプリキュアになる際に言った言葉。

 「あなたを愛し、わたしを愛する」。

 他人を大好きでいるためには、自分を大好きになる。

 自分を大好きでいるためには、他人を大好きになる。

 作中で、彼女たち2人がプリキュアになれたのは、「奇跡」と言及されました。

 確かに、突然大きな女神様が現れてハグしたらプリハートが2つになりました。まさに奇跡です。

 でも。

 その「奇跡」は受動的に起こったのではなく、間違いなく彼女たちが「起こした」のです。

 「何度でも起こすよ、きらめく奇跡」。

 奇跡は起きるのではなく、起こすのです。

 自己を確立し、自分を大好きになった女の子は、

友達を思いやり、友達を大好きになった女の子は、

奇跡を起こすのです、何度でも。

プリキュア HUGっと!プリキュア 愛崎えみる キュアマシェリ ルールー キュアアムール 田村奈央 田村ゆかり 奇跡で生まれた「キュアマシェリ」と「キュアアムール」

 ルールーを家族として受け入れた野乃家。自分の存在場所を認識したルールー。

 愛崎えみると正人の家族関係の修復。自分を否定しなくなった、えみる。

 その2人が「大好き」でつながり、「キュアマシェリ」と「キュアアムール」が誕生したと考えると「家族の存在」というのはプリキュアにおいて、やはり大きな存在なのじゃないかな、と思います。

 「子どもを持つことだけが、女性の幸せではない」とは、どんな家族制度にも「縛られない」という生き方。

 そんな家族の多様性をもプリキュアは描いていくのです。

 えみるとルールー。

 キュアマシェリとキュアアムール。

 プリキュアファミリーの新しい家族、誕生なのです。


「HUGっと!プリキュア」
毎週日曜8時30分より
ABC・テレビ朝日系列にて放送中
(C)ABC-A・東映アニメーション

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」