もう一度、新しいステージに 一発屋芸人を声優に起用する「HUGっと!プリキュア」が描く“再生の物語”サラリーマン、プリキュアを語る(1/3 ページ)

ダイガンさん、生きていて本当に良かった……。元クライアス社の3人が本当に楽しそうで何よりです。

» 2018年07月26日 18時00分 公開
[kasumiねとらぼ]

 「なんでもできる! なんでもなれる! 輝く未来を抱きしめて!」。

 「HUGっと!プリキュア」のテーマの1つであるこの言葉は、もちろん子どもたちへの未来のメッセージ。

 でも、一度挫折した大人だって「なんでもできる! なんでもなれる!」のです。

 人生は、何度だってやり直すことができるのです。

 元クライアス社の3人は、それを僕たちに教えてくれたのです。

プリキュア HUGっと!プリキュア 愛崎えみる キュアマシェリ ルールー キュアアムール HUGっと!プリキュアの5人

kasumi プロフィール

プリキュア好きの会社員。2児の父。視聴率などさまざまなデータからプリキュアを考察する「プリキュアの数字ブログ」を執筆中。2016年4月1日に公開した記事「娘が、プリキュアに追いついた日」は、プリキュアを通じた父娘のやりとりが多くの人の感動を呼び、多数のネットメディアに取り上げられた。



7月のHUGプリも、盛りだくさん

 2018年7月の「HUGっと!プリキュア」も相変わらず絶好調でした。

 毎週とんでもない密度の高さと驚きの展開で佐藤順一、座古明史、両監督の手腕が光ります。さすがは女児アニメ界のレジェンド監督さんです。

 「HUGっと!プリキュア」で「7月に起きた出来事」だけを見ても、第22話「ふたりの愛の歌!届け!ツインラブギター!」(7月1日放送)では、「ふたりはプリキュア!」のキュアブラック、キュアホワイトの登場、新しいプリキュアの新武器「ツインラブギター」の初披露、敵幹部パップルさんが浄化され……。

プリキュア HUGっと!プリキュア 愛崎えみる キュアマシェリ ルールー キュアアムール ふたりはプリキュア キュアブラック キュアホワイト 第22話では、ゲストとして「ふたりはプリキュア」の2人が登場

 第23話「最大のピンチ!プレジデント・クライあらわる!」(7月8日放送)では、敵幹部ダイガンさんが5秒で退場し、主人公、野乃はなちゃんがかつてイジメを受けていたことや、クライアス社社長の正体が明かされ……。

プリキュア HUGっと!プリキュア 愛崎えみる キュアマシェリ ルールー キュアアムール ダイガン 戦う前に味方に打たれたダイガンさん(中央)

 第24話「元気スプラッシュ!魅惑のナイトプール!」(7月15日放送)では、水着回とともに、えみるとルールーのライブ、元敵幹部の再就職、はなちゃんの葛藤が描かれ……。

プリキュア HUGっと!プリキュア 愛崎えみる キュアマシェリ ルールー キュアアムール はなちゃん クライアス社 クライアス社との闘いに悩むはなちゃん

プリキュア HUGっと!プリキュア 愛崎えみる キュアマシェリ ルールー キュアアムール ツインラブ えみるとルールーのユニット「ツインラブ」

 第25話「夏祭りと花火とハリーのヒミツ」(7月22日放送)では、新しい敵ビシンの登場、ハリハム・ハリーがかつて孤児であり、クライアス社に改造されていたこと、ほまれの両親が離婚していたことや、ほまれの淡い恋心などが描かれました。

プリキュア HUGっと!プリキュア 愛崎えみる キュアマシェリ ルールー キュアアムール ほまれ ハリハム・ハリー ほまれとハリーはどうなる?

 7月の1カ月間だけで、この分量です。

 「子育て」と「お仕事」を描いていく、という当初のコンセプトだけでも大変だと思われるのに、伏線を回収するどころか、どんどん新しい要素が増えていっています。

 これを破綻させることなく、全ての要素をパズルを組み立てていくかのようにきれいにお話に盛り込む製作者の手腕は本当にお見事だと思います。

 最近プリキュアファンの間でも、「新しい要素が多すぎて脳が処理しきれない」って声をよく聞くようになりました。

プリキュア HUGっと!プリキュア 愛崎えみる キュアマシェリ ルールー キュアアムール 新しく加入したキュアマシェリ(左)とキュアアムール(右)

 そんな「HUGっと!プリキュア」。

 「野乃はなのお母さん、野乃すみれさんがいかに素晴らしいか!!」など語りたいことはたくさんあるのですが、まずは元敵組織クライアス社の幹部、チャラリート、パップル、ダイガンの3人について語っていきたいと思います。この3人もまた、「HUGっと!プリキュア」の1つのテーマである「なんでもできる! なんでもなれる!」を体現しているのではないかと思うのです。


元クライアス社の3人

 第24話「元気スプラッシュ!魅惑のナイトプール!」では、かつてプリキュアと戦ったクライアス社の3人の幹部(チャラリート、パップル、ダイガン)が、プリキュアに敗れクライアス社を退職した後、3人で新しく「芸能事務所」を立ち上げている様子が描かれました。

(えみるとルールーを第1号タレントとしてスカウトする辺り、なかなかに見る目があるようです)

プリキュア HUGっと!プリキュア 愛崎えみる キュアマシェリ ルールー キュアアムール チャラリート チャラリート

プリキュア HUGっと!プリキュア 愛崎えみる キュアマシェリ ルールー キュアアムール パップル パップル

プリキュア HUGっと!プリキュア 愛崎えみる キュアマシェリ ルールー キュアアムール ダイガン(中央)

 かつて、プリキュアと対峙し追い詰められ、「自分には何もない」と嘆き暴走したチャラリート、失恋から自暴自棄になったパップル、仕事仲間に撃たれ何もできないままプリキュアの腕の中で消えていったダイガン。

 そんな3人がブラック企業を辞めて、芸能事務所を立ち上げたのです。

 従来のプリキュアでも、かつて戦った敵の「その後の姿」を描くことは多々ありました。しかしそれはだいたい「最終回近くの1シーン」だけで描写されることが多かったと記憶しています。

 しかし、「HUGっと!プリキュア」においては改心したかつての敵幹部がガッツリと物語に関与してきています。そして、これはおそらく意図的なものではないかと思うのです。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/22/news104.jpg 「これは凶器」 祭りで購入した“とんでもない”フライドポテトが420万回表示 「主治医に怒られるレベル」
  2. /nl/articles/2407/24/news013.jpg 深海魚をさばいたら中から光り輝く“お宝”が……! 驚くべき正体に「何これー!!!」「すごくキレイ」
  3. /nl/articles/2407/23/news020.jpg ダイソーの“変な水槽”に魚を入れたら…… 意外な発見に「綺麗」「買いに行きます!」の声続々、驚きのアイデアが話題
  4. /nl/articles/2407/23/news125.jpg 「ごめん本当キツい」 仲里依紗、“円安のあおり”で米ディズニーランドの入場断念へ……10年前の結婚時から“恐ろしい値段”「約倍になってんの」
  5. /nl/articles/2407/24/news014.jpg 庭で見つけた“変なイモムシ”を8カ月育てたら…… とんでもない生物の誕生に「神秘的」「思った以上に可愛い」
  6. /nl/articles/2407/22/news097.jpg 「花火どころではなかった」 雷雨で中止になった花火大会、雷のすごさが分かる画像に「中止にして良かった」の声
  7. /nl/articles/2407/24/news131.jpg 「やり方がとにかく汚い」プライベート画像流出に『Popteen』専属モデルが言及 「本当につらい」
  8. /nl/articles/2407/22/news083.jpg 「もうこりごりだ〜」 財布に新紙幣を入れたら…… “まさかのビジュアル”に爆笑 「昭和アニメのオチかな?」
  9. /nl/articles/2407/24/news050.jpg 小1の子どもに「オシャレノート」を買い与えたら“まさかの号泣”…… 納得の理由が「そりゃあ仕方ない」と810万回表示
  10. /nl/articles/2407/24/news007.jpg 母「お風呂、超リラックスできるようにしたから」→見に行くと…… 広がっていた“異空間”に「おもろすぎるwww」「クソ笑ったwwしんどい」
先週の総合アクセスTOP10
  1. プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  3. 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  6. 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  7. もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  8. アジサイを挿し木から育て、4年後…… 息を飲む圧巻の花付きに「何回見ても素晴らしい」「こんな風に育ててみたい!」
  9. スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  10. 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」