連載
» 2018年07月26日 18時00分 公開

もう一度、新しいステージに 一発屋芸人を声優に起用する「HUGっと!プリキュア」が描く“再生の物語”サラリーマン、プリキュアを語る(1/3 ページ)

ダイガンさん、生きていて本当に良かった……。元クライアス社の3人が本当に楽しそうで何よりです。

[kasumi,ねとらぼ]

 「なんでもできる! なんでもなれる! 輝く未来を抱きしめて!」。

 「HUGっと!プリキュア」のテーマの1つであるこの言葉は、もちろん子どもたちへの未来のメッセージ。

 でも、一度挫折した大人だって「なんでもできる! なんでもなれる!」のです。

 人生は、何度だってやり直すことができるのです。

 元クライアス社の3人は、それを僕たちに教えてくれたのです。

プリキュア HUGっと!プリキュア 愛崎えみる キュアマシェリ ルールー キュアアムール HUGっと!プリキュアの5人

kasumi プロフィール

プリキュア好きの会社員。2児の父。視聴率などさまざまなデータからプリキュアを考察する「プリキュアの数字ブログ」を執筆中。2016年4月1日に公開した記事「娘が、プリキュアに追いついた日」は、プリキュアを通じた父娘のやりとりが多くの人の感動を呼び、多数のネットメディアに取り上げられた。



7月のHUGプリも、盛りだくさん

 2018年7月の「HUGっと!プリキュア」も相変わらず絶好調でした。

 毎週とんでもない密度の高さと驚きの展開で佐藤順一、座古明史、両監督の手腕が光ります。さすがは女児アニメ界のレジェンド監督さんです。

 「HUGっと!プリキュア」で「7月に起きた出来事」だけを見ても、第22話「ふたりの愛の歌!届け!ツインラブギター!」(7月1日放送)では、「ふたりはプリキュア!」のキュアブラック、キュアホワイトの登場、新しいプリキュアの新武器「ツインラブギター」の初披露、敵幹部パップルさんが浄化され……。

プリキュア HUGっと!プリキュア 愛崎えみる キュアマシェリ ルールー キュアアムール ふたりはプリキュア キュアブラック キュアホワイト 第22話では、ゲストとして「ふたりはプリキュア」の2人が登場

 第23話「最大のピンチ!プレジデント・クライあらわる!」(7月8日放送)では、敵幹部ダイガンさんが5秒で退場し、主人公、野乃はなちゃんがかつてイジメを受けていたことや、クライアス社社長の正体が明かされ……。

プリキュア HUGっと!プリキュア 愛崎えみる キュアマシェリ ルールー キュアアムール ダイガン 戦う前に味方に打たれたダイガンさん(中央)

 第24話「元気スプラッシュ!魅惑のナイトプール!」(7月15日放送)では、水着回とともに、えみるとルールーのライブ、元敵幹部の再就職、はなちゃんの葛藤が描かれ……。

プリキュア HUGっと!プリキュア 愛崎えみる キュアマシェリ ルールー キュアアムール はなちゃん クライアス社 クライアス社との闘いに悩むはなちゃん

プリキュア HUGっと!プリキュア 愛崎えみる キュアマシェリ ルールー キュアアムール ツインラブ えみるとルールーのユニット「ツインラブ」

 第25話「夏祭りと花火とハリーのヒミツ」(7月22日放送)では、新しい敵ビシンの登場、ハリハム・ハリーがかつて孤児であり、クライアス社に改造されていたこと、ほまれの両親が離婚していたことや、ほまれの淡い恋心などが描かれました。

プリキュア HUGっと!プリキュア 愛崎えみる キュアマシェリ ルールー キュアアムール ほまれ ハリハム・ハリー ほまれとハリーはどうなる?

 7月の1カ月間だけで、この分量です。

 「子育て」と「お仕事」を描いていく、という当初のコンセプトだけでも大変だと思われるのに、伏線を回収するどころか、どんどん新しい要素が増えていっています。

 これを破綻させることなく、全ての要素をパズルを組み立てていくかのようにきれいにお話に盛り込む製作者の手腕は本当にお見事だと思います。

 最近プリキュアファンの間でも、「新しい要素が多すぎて脳が処理しきれない」って声をよく聞くようになりました。

プリキュア HUGっと!プリキュア 愛崎えみる キュアマシェリ ルールー キュアアムール 新しく加入したキュアマシェリ(左)とキュアアムール(右)

 そんな「HUGっと!プリキュア」。

 「野乃はなのお母さん、野乃すみれさんがいかに素晴らしいか!!」など語りたいことはたくさんあるのですが、まずは元敵組織クライアス社の幹部、チャラリート、パップル、ダイガンの3人について語っていきたいと思います。この3人もまた、「HUGっと!プリキュア」の1つのテーマである「なんでもできる! なんでもなれる!」を体現しているのではないかと思うのです。


元クライアス社の3人

 第24話「元気スプラッシュ!魅惑のナイトプール!」では、かつてプリキュアと戦ったクライアス社の3人の幹部(チャラリート、パップル、ダイガン)が、プリキュアに敗れクライアス社を退職した後、3人で新しく「芸能事務所」を立ち上げている様子が描かれました。

(えみるとルールーを第1号タレントとしてスカウトする辺り、なかなかに見る目があるようです)

プリキュア HUGっと!プリキュア 愛崎えみる キュアマシェリ ルールー キュアアムール チャラリート チャラリート

プリキュア HUGっと!プリキュア 愛崎えみる キュアマシェリ ルールー キュアアムール パップル パップル

プリキュア HUGっと!プリキュア 愛崎えみる キュアマシェリ ルールー キュアアムール ダイガン(中央)

 かつて、プリキュアと対峙し追い詰められ、「自分には何もない」と嘆き暴走したチャラリート、失恋から自暴自棄になったパップル、仕事仲間に撃たれ何もできないままプリキュアの腕の中で消えていったダイガン。

 そんな3人がブラック企業を辞めて、芸能事務所を立ち上げたのです。

 従来のプリキュアでも、かつて戦った敵の「その後の姿」を描くことは多々ありました。しかしそれはだいたい「最終回近くの1シーン」だけで描写されることが多かったと記憶しています。

 しかし、「HUGっと!プリキュア」においては改心したかつての敵幹部がガッツリと物語に関与してきています。そして、これはおそらく意図的なものではないかと思うのです。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news150.jpg 岡副麻希、愛車“ドラえもん号”をチラ見せ 夫の指導で「や〜っと! まっすぐ停められるように…笑」
  2. /nl/articles/2205/24/news195.jpg 華原朋美、プロメイクでの“劇的若返りショット”が驚き呼ぶ 「あの頃のともちゃん」「憧れていた華原朋美さんが蘇った!」
  3. /nl/articles/2205/25/news105.jpg だいたひかる、4カ月長男の動画にファンから難病指摘 医師「その病気の可能性は99%ありえないです」
  4. /nl/articles/2205/24/news208.jpg 漫画家・冨樫義博さんがTwitter開設か 『ワンパンマン』村田雄介さんからの“本人確認”報告も
  5. /nl/articles/2205/23/news158.jpg 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  6. /nl/articles/2205/24/news145.jpg 上司「在宅勤務中にサボっているのでは?」 → 社員のログをあさったら“未申告残業”ばかり出てきた話が示唆に富む
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/24/news141.jpg BIGBOSSに続くブーム到来? 日ハム、魅惑のチアパフォ「きつねダンス」に中毒者が続出する
  9. /nl/articles/2205/25/news092.jpg 佐田真由美、27年前の写真にセルフツッコミ「整形ばりに顔が違う」 ティーン時代のフレッシュな歌唱姿を公開
  10. /nl/articles/2205/24/news185.jpg 写真から人やモノを“一瞬”で消せるツールが「超便利」と話題に→実際にやってみたら本当に“一瞬”だった

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響