連載
» 2018年04月26日 18時00分 公開

サラリーマン、プリキュアを語る:「応援なんて誰にでもできる」という正論に、プリキュアはどう立ち向かったのか? 「HUGっと!プリキュア」開始3カ月を振り返る (1/3)

まだ4分の1が終わっただけなのにこの密度。2018年のプリキュアはとにかくすごいぞ。

[kasumi,ねとらぼ]

 2018年2月4日にスタートした「HUGっと!プリキュア」。

 「プリキュア15周年記念作品」ということもあって、とにかくですね、気合の入りようが「ものすごい」のですよ。

 毎週「神回」という奇跡を継続中なのです。

HUGっと!プリキュア 東映 プリキュア 野乃はな キュアエール 薬師寺さあや キュアアンジュ 輝木ほまれ キュアエトワール クライアス社 チャラリート

 2018年のプリキュアを「子ども向けアニメーション」と侮るなかれ。

 もちろん「子ども向けアニメ」としての完成度もものすごく高いのですけど、大人にも刺さりまくる描写が随所に見られる、それはそれは熱いアニメなのです。

 見ている人はきっとうなずいてくれるでしょう。

 そしてまだ見たことのない人はきっとこれから「ものすごい」ものを見ることになります。

 「HUGっと!プリキュア」開始からの3カ月間を振り返りつつ、このアニメがいかに「大人の心に刺さってきたのか」を見ていきたいと思います。

kasumi プロフィール

プリキュア好きの会社員。2児の父。視聴率などさまざまなデータからプリキュアを考察する「プリキュアの数字ブログ」を執筆中。2016年4月1日に公開した記事「娘が、プリキュアに追いついた日」は、プリキュアを通じた父娘のやりとりが多くの人の感動を呼び、多数のネットメディアに取り上げられた。



<「HUGっと!プリキュア」が大人に支持される5つの理由>

1:子ども向けアニメとしての完成度の高さ

2:敵組織クライアス社が社会人の心に刺さる

3:「応援することの意味」を問い続ける、深いストーリー

4:カッコイイ「大人」を描くこと

5:「フレフレ、みんな!」が大人を癒やす


1:子ども向けアニメとしての完成度の高さ

 まず大前提として、「HUGっと!プリキュア」はものすごく丁寧に作られているのを感じます。「子ども向けアニメーションとしての完成度」が高いのです。

HUGっと!プリキュア 東映 プリキュア 野乃はな キュアエール 薬師寺さあや キュアアンジュ 輝木ほまれ キュアエトワール クライアス社 チャラリート HUGっと!プリキュアの3人

 キャラクターデザインを担当する川村敏江さんの描く3人のプリキュア、キュアエール(野乃はな)、キュアアンジュ(薬師寺さあや)、キュアエトワール(輝木ほまれ)の「女の子があこがれるデザイン」の素晴らしさ。最近、街でプリキュアのグッズを持った子どもたちをたくさん見掛けるようになりました。子どもに大人気のようです。

 また、劇中で育てることになった赤ちゃん「はぐたん」のかわいらしさに加え、育児の丁寧な描写や、関西弁の妖精「ハリハム・ハリー」のイケメンっぷりから繰り広げる面白コント、怖くなりすぎず、それでいて熱くキラキラした戦闘シーンなど「女の子が大好きな要素」がこれでもか! と詰め込まれた宝石箱のような作品なのです。

HUGっと!プリキュア 東映 プリキュア 野乃はな キュアエール 薬師寺さあや キュアアンジュ 輝木ほまれ キュアエトワール クライアス社 チャラリート はぐたん

HUGっと!プリキュア 東映 プリキュア 野乃はな キュアエール 薬師寺さあや キュアアンジュ 輝木ほまれ キュアエトワール クライアス社 チャラリート 丁寧な育児描写

 子育てに関する丁寧な描写も随所で光ります。

  • ワンオペ育児にならない配慮
  • 心臓の音を聞かせると赤ちゃんは安心する、といった子育て描写
  • 赤ちゃんに与える飲み物が“カフェインレス”の麦茶といった細かい描写
  • 「赤ちゃんは親のまねをすること」を利用した離乳食の与え方

……など。

 かつて子育てを経験した自分からみても「うんうん、分かる」と思う丁寧さです。

 もちろん育児の「楽しさ」だけではなく「大変さ」も描き、子育ては「おままごと」ではなく一人の命を「はぐくむ」行為、という描写を、丁寧に丁寧に描いています。

HUGっと!プリキュア 東映 プリキュア 野乃はな キュアエール 薬師寺さあや キュアアンジュ 輝木ほまれ キュアエトワール クライアス社 チャラリート 育児の大変さも描く

 それに一役買っているのが「イクメン」に変身するハリネズミ型の妖精、ハリハム・ハリーさんです。

HUGっと!プリキュア 東映 プリキュア 野乃はな キュアエール 薬師寺さあや キュアアンジュ 輝木ほまれ キュアエトワール クライアス社 チャラリート イクメンに変身したハリハム・ハリー

 このハリーさん、劇中ではかなり「オトナなアドバイス」をするかと思いきや、コメディーリリーフでギャグ要因としても大活躍し、作品に欠かせない存在となっています。

 「プリキュアが育児とお仕事を両立させる」というセンシティブなテーマを扱うにあたり、このハリーというキャラクターを配置したのは「お見事」という他ありません。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」