「目隠しをしてピラニアの水槽に手を突っ込んでください(笑顔)」 シーパラの最恐プログラムに挑戦してきた

シーパラがどうかしちまったかと思った。

» 2018年08月17日 15時00分 公開
[あだちまる子ねとらぼ]

 「横浜・八景島シーパラダイス」(神奈川県横浜市)の最恐プログラム「ピラニア水中フィーディング」を体験してきました。


クレイジーすぎませんか

ピラニア水中フィーディング

 2018年で開業25周年を迎え、大規模リニューアルしたシーパラの水族館「アクアミュージアム 〜五感体感LABO〜」の「LABO10 フォレストリウム」エリア。カワウソさんと握手ができたり、カピバラに餌やりができたりと、極めて平和な同エリアで、鋭利な歯と強靭な顎を持つ“あの”肉食魚の餌やりが体験できるプログラム「ピラニア水中フィーディング」が開催されていることを皆さんはご存じでしょうか。


ピラニア水中フィーディング ウヨウヨ

 そう、“あの”肉食魚とは「ピラニア」。生きる凶器だとか、人食い魚だとかいわれているあのピラニアです。この時点で十分にクレイジーなのですが、驚くのはこれから。餌やりといっても、上からポトポトと餌を落とすような生半可なものではなく、ピラニアの群れが泳ぐ水槽の中に手を突っ込み、餌に貪りつくピラニアたちの振動を感じよう! という、超ド級の最恐プログラムなのです。


ピラニア水中フィーディング 与える餌はこちら

 指をいとおしむようにさする筆者の前を、キラキラと体を輝かせながら泳ぐピラニアたち。どう猛な肉食魚とは思えない美しさですが、口元にはしっかりと鋭利な歯を蓄えております。ひょえ〜。


ピラニア水中フィーディング 今からここに手を突っ込むのか……

 刻々と迫るフィーディングタイム。自分の指にお別れを告げようとする筆者に渡されたのは工業用手袋(2枚重ね)でした。工業用手袋とは、鋭利な刃物を使用するときに手を保護するためのもの。言わずもがなですが、お客さんの指をピラニアの餌にするほどシーパラはどうかしていません。よかった! 指を落とさなくて済む……! と喜んだのもつかの間のこと。「準備ができたら目隠しをしてピラニアの水槽に手を突っ込んでください」と笑顔で目隠しを渡されました。あ、やっぱりシーパラどうかしてる。

※目隠しなしバージョンもあります


ピラニア水中フィーディング いってきます

 あれよあれよと準備が整い、いざ入水。目隠しをしていて何も見えないので、飼育員さんに誘導されながら餌を持った手を水槽の中に入れていきます。


ピラニア水中フィーディング だれかたすけてー

 冷たい水が手袋に染み渡ったそのとき。「グン!」と引きずりこまれるような衝撃が手全体を襲います。目隠しをしていても何匹ものピラニアたちが一斉に餌に食らいついている感覚が伝わり、「ヒィィ……」とおぞけ付く筆者。ピラニアたちの怒濤(どとう)の食らいつきで必死につかんでいた餌がなくなったのでしょう。まだまだ腹をすかせているピラニアたちに指を手袋越しに甘がみされ「ギャー!」と声を上げてしまいました。これはもはやアトラクション……。怖かったけど、こんな体験めったにできないな……と思わず感動してしまいました。


「グン」と引っ張られる

ピラニア水中フィーディング けっこう怖い

ピラニア水中フィーディング 狙ってる……

 「ピラニアはさすがにちょっと……」という方もご安心を。ピラニアのほかにも日替わりで、ピラルク、テッポウウオの餌付けができるプログラム「フォレストフィッシュ フィーディング」が開催されています。口から水鉄砲を発射する姿がかわいらしいテッポウウオや世界最大級の淡水魚ピラルクを、間近で観察しながら餌付けができるので、怖がりさんも好奇心旺盛なお子さんも、夏休みの思い出にぜひシーパラへ。


テッポウウオ餌付け体験

ピラニア水中フィーディング テッポウウオ

ピラニア水中フィーディング ピラルク

ピラニア水中フィーディング 水鉄砲をかけられるかも?

ピラニア水中フィーディング フォレストリウムエリアで体験できますよ

横浜・八景島シーパラダイス「フォレストフィッシュ フィーディング」

時間:1日2回 ※種類は日替わり

料金:無料

場所:アクアミュージアム4F フォレストリウム

受付:各水槽前

※上記のほか、毎日「夕涼みピラニアフィーディングタイム」も実施


あだちまる子

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  4. /nl/articles/2405/19/news014.jpg ソファに座る息子を見ると……→“まさかのもの”を食べる姿が585万表示 ママ絶叫の光景に「あああ!!」「バイタリティがすごい」
  5. /nl/articles/2405/19/news058.jpg 本田真凜、ショートパンツのスウェット姿に注目の声 「かわいいー!」「スタイルよすぎる」
  6. /nl/articles/2405/16/news066.jpg 伝説のスポーツカーが朽ちている……!? ある田舎の風景を描いた精巧なジオラマに「リアルすぎる」「ホンモノかと」驚きの声
  7. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  8. /nl/articles/2405/19/news019.jpg 車両置き場から何かの鳴き声→探しても見つからずフォークリフトの中をのぞいたら…… まさかの正体に「困ったもんだ(笑)」「ここはマズイ」
  9. /nl/articles/2405/21/news018.jpg 側溝の泥に埋もれて瀕死の子猫→救助されて1年後…… 涙あふれるビフォーアフターに「良かった……良かったです」「奇跡ってある」と182万表示
  10. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評