ニュース
» 2018年08月12日 20時00分 公開

このカワウソ、釣り師だ……! プニプニおててをじっくり味わえるシーパラの「カワウソ握手会」が神すぎた(1/2 ページ)

今日から完全にコツメカワウソ推しです。

[あだちまる子,ねとらぼ]

 「横浜・八景島シーパラダイス」(神奈川県横浜市金沢区)で開催されているカワウソの握手会が神すぎて、完全に釣られてしまいました。


カワウソ握手会

カワウソ握手会 釣られた〜

 筆者が“おいしい”思いをしに訪れたのは、2018年で開業25周年を迎え、大規模リニューアルしたシーパラの水族館「アクアミュージアム 〜五感体験LABO〜」の「LABO10 フォレストリウム」エリア。陸上生物や水辺の生物、水鳥、淡水魚など、水辺や森で暮らすさまざまな生きものたちが展示されている同エリアの人気プログラム「コツメカワウソとあくしゅ」で、小さくてかわいらしい“釣り師”の“神対応”が体験できるのです。


カワウソ握手会 ウソでしょってくらいかわいい

カワウソ握手会 おくち……

 同エリアの頭上にかけられているハンモックで、握手会前の「コツメカワウソ」さんに遭遇。その周りには人だかりができていて、「寝てる〜」「かわいいー!」と黄色い声が上がっています。筆者も近づくと、ハンモックの隙間から小さい足をぷらーんとぶら下げ、お昼寝をしているカワウソさんの姿が。本当だ、寝ててかわいい。見ているだけでも幸せだけど……この足に……触れたい……!


カワウソ握手会 なんてこったい

 というわけで、握手会を体験することに。カワウソさんたちが暮らすエリアに開けられた小さな穴が会場です。手のひらにエサを1粒のせ、その小さな穴に近づけるとカワウソさんが一生懸命小さな前足を伸ばしてきます。


カワウソ握手会 握手会スタート

カワウソ握手会 手を差し出すと……

カワウソ握手会 ぎゃー! かわいいー!

 その前足の感触は、プニップニ。必死でワイルドなお顔や、エサをモグモグ幸せそうなお顔がアクリル越しに目の前で観察できます。この“神対応”に筆者はメロメロ。もちろん“剥がし”はありません。エサがなくなるまでそのプニプニ感と、かわいいお顔をたっぷり味わえます。これはもう、釣られるしかない……!


カワウソ握手会 「はやくつぎちょーだい」

カワウソ握手会 なんなりとー!

カワウソ握手会 「おっしゃあああ」

 「コツメカワウソとあくしゅ」はアクアミュージアムで1日2回開催されている大人気プログラム。各回定員制なので、早めに受付をして釣られに行くことをオススメします!

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」