ニュース
» 2018年10月04日 14時00分 公開

「ハンマー投げが得意な動物は誰?」 生態に基づいてスポーツの代表を考えた動物本が面白そう

意外な弱点にも触れています。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 「もしも動物たちがスポーツをするとしたら?」という設定で、さまざまなスポーツの代表動物を考えた本『すごいぜ!! 動物スポーツ選手権』が、9月28日に辰巳出版から発売されました。価格は1058円(税込)。


動物スポーツ選手権 ハンマー投げの注目選手はキリン

 同書は動物たちの習性や生態に基づいて「動物はどんな力を発揮するのか?」「実際に試合をしてみたら、どんな試合展開になりそうか?」を解説した書籍。緩くてかわいいイラストと漫画を使ってあり、全ての漢字にふりがなも付いているので子どもから大人まで幅広く楽しめそうです。


動物スポーツ選手権 『すごいぜ!! 動物スポーツ選手権』
動物スポーツ選手権 注目選手・主な出場選手・競技の結果などが書かれています

 取り上げられている競技は陸上競技の100メートル走、ハンマー投げ、体操競技の鞍馬(あんば)、冬季競技のショートトラックスピードスケートなど。100メートル走が得意そうな動物は何種類か思い付きますが、他は全く想像がつきません。


動物スポーツ選手権 陸上競技・100メートル走 金メダルの最有力候補はチーターですが
動物スポーツ選手権 意外な結果になりました
動物スポーツ選手権 体操競技・鞍馬はツッコミどころがいっぱい
動物スポーツ選手権 ショートトラックスピードスケートの注目選手はロシア出身のクズリ
動物スポーツ選手権 競技以外のところで争いが起こりそうです

 各大陸の選抜動物たちが世界の頂点を目指す「どうぶつサッカーワールドカップ」や、国別対抗の野球大会「どうぶつWBC」も興味深いです。


動物スポーツ選手権 「どうぶつサッカーワールドカップ」 アフリカ代表強そう 他の大陸の代表も気になります

 著者は動物行動学の専門家・新宅広二(しんたく・こうじ)さん。上野動物園や多摩動物公園に勤務した経験があり、動物園や水族館のプロデュースも行っています。イラストはイケガメシノさんとイシダコウさんが担当しています。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」