ニュース
» 2019年01月11日 16時20分 公開

ハワイに生息する希少なカタツムリ 最後の1匹が死ぬ

美しい姿がアダに。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 ハワイ諸島に生息するAchatinella apexfulvaというカタツムリの最後の1匹が、2019年1月1日に死んだことを国土資源省(Department of Land and Natural Resources)が発表しました

カタツムリ ハワイに生息していたカタツムリ Achatinella apexfulva

 この種が世間に知られたのは1787年のこと。ジョージ・ディクソン大尉がオアフ島に立ち寄り、殻を使った“レイ”を贈られたことで注目されました。

 Achatinella apexfulvaは円すい状で縞模様の殻が特徴。生息地域にアクセスしやすいことなどから大量に捕えられ、数が減少してしまいました。

 保護と繁殖のため、1997年には確認できた最後の10匹がハワイ大学の研究室に運ばれ、何匹かの子孫が誕生するも、残されたのは1匹のみに。

 ジョージと名付けられた最後の1匹は約14歳まで生存。記事などで取り上げられる機会も多く、ハワイの子どもたちに愛されてきた存在でした。

 ハワイには750種以上のカタツムリが生息していますが、別の種類も絶滅の危機に直面しているとのこと。これを防ぐため、SNAIL EXTINCTION PREVENTION PROGRAM(カタツムリ絶滅防止プログラム)を通して保護活動が行われています。

カタツムリ SNAIL EXTINCTION PREVENTION PROGRAM(カタツムリ絶滅防止プログラム)で保護されているカタツムリたち
カタツムリ 殻が美しいハワイのカタツムリは「jewels of the forest(森の宝石)」と呼ばれてきました
カタツムリ カタツムリの観察、捕食者の減少、生息地の保護などを通して絶滅防止を目指しています

※画像はhawaii.govのサイトより



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む